*

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

思い出ボム


画質:7 音質8


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台後半で安定。
音声はDTS-HDマスターオーディオ。例によって私の環境では聴けないのでDTSコア1.5Mbpsになります。

画質について。
最初は少々焦りました。
酷いのです。酷いというか、何故新作映画なのにこんなに古臭い画なのか? という風に。それこそ、初代ロッキー(これもBDで持ってます)と殆ど画質としては変わらないくらいでした。
しかし、“それ”がミソだったようです。
“過去を糧にして未来へ進むこと”が話の主題の一つのようでして、お話の序盤では例によってロッキー自身が過去に囚われまくっているわけです。最愛のエイドリアンのことや、過去の栄光やら、ギクシャクした親子関係やら、要は“昔は良かった……”的な雰囲気が支配的です。
というわけで、そんな序盤の画質はまさに“過去”、第一作のロッキーさながらの古臭くてとても現代的な高画質とはいえない画作りになったのでしょう。
たぶん。
そして話が進むにつれて次第にロッキー自身も前向きになり、展開事態も未来志向のものへと変わっていきます。その結果として訪れるロッキー人生最後のボクシングの試合では実に最近の映画らしいハッキリクッキリ(それでもフィルムグレイン多めのかなり落ち着いた画作りではありますが)の画質へと姿を変えていくわけです。
いやー、なかなかこういうのは面白いですね。カジノロワイアルでもシーンによって画作りがまるで異なるということがありましたが、この作品ではシーンではなく話の展開によって徐々に画作りが変わっていくというわけです。もっとも、この辺の画作りの変化をきちんと見分けられるのもBDの利点ってやつですね。
とはいえMPEG-2での収録なので、絶対的な画質はそんなに高画質ってほどでもないですが。
そういえばAVPにしろナイトミュージアムにしろ、FOXのソフトっていつまで経ってもMPEG-2のような……

音質について。
生憎うちではDTS-HDマスターオーディオが聴けない、というわけで例によってDTSコア部分での評価になります。
作品そのものがそんなドンパチをするような映画ではなく、印象に残る音楽やら何やらが音響の主体なので、ある意味では純粋な音質勝負になると思いますが、流石にDTSコアだけですとリニアPCMには敵いません。が、その辺は次世代AVアンプを買われた方のインプレを待ちたいところです。
なんにせよDVDなんぞとは次元が違うことは確かです。




おまけ

なんと! 次でこのヤケクソ視聴記も十回目を数えます。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

記事を読む

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Sonica DAC」を遊びつくす!

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MinimServer 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『MinimServer』 ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Tormato

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Tormato ・購入元 mora

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第169回『プレデターズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑