*

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

思い出ボム


画質:7 音質8


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台後半で安定。
音声はDTS-HDマスターオーディオ。例によって私の環境では聴けないのでDTSコア1.5Mbpsになります。

画質について。
最初は少々焦りました。
酷いのです。酷いというか、何故新作映画なのにこんなに古臭い画なのか? という風に。それこそ、初代ロッキー(これもBDで持ってます)と殆ど画質としては変わらないくらいでした。
しかし、“それ”がミソだったようです。
“過去を糧にして未来へ進むこと”が話の主題の一つのようでして、お話の序盤では例によってロッキー自身が過去に囚われまくっているわけです。最愛のエイドリアンのことや、過去の栄光やら、ギクシャクした親子関係やら、要は“昔は良かった……”的な雰囲気が支配的です。
というわけで、そんな序盤の画質はまさに“過去”、第一作のロッキーさながらの古臭くてとても現代的な高画質とはいえない画作りになったのでしょう。
たぶん。
そして話が進むにつれて次第にロッキー自身も前向きになり、展開事態も未来志向のものへと変わっていきます。その結果として訪れるロッキー人生最後のボクシングの試合では実に最近の映画らしいハッキリクッキリ(それでもフィルムグレイン多めのかなり落ち着いた画作りではありますが)の画質へと姿を変えていくわけです。
いやー、なかなかこういうのは面白いですね。カジノロワイアルでもシーンによって画作りがまるで異なるということがありましたが、この作品ではシーンではなく話の展開によって徐々に画作りが変わっていくというわけです。もっとも、この辺の画作りの変化をきちんと見分けられるのもBDの利点ってやつですね。
とはいえMPEG-2での収録なので、絶対的な画質はそんなに高画質ってほどでもないですが。
そういえばAVPにしろナイトミュージアムにしろ、FOXのソフトっていつまで経ってもMPEG-2のような……

音質について。
生憎うちではDTS-HDマスターオーディオが聴けない、というわけで例によってDTSコア部分での評価になります。
作品そのものがそんなドンパチをするような映画ではなく、印象に残る音楽やら何やらが音響の主体なので、ある意味では純粋な音質勝負になると思いますが、流石にDTSコアだけですとリニアPCMには敵いません。が、その辺は次世代AVアンプを買われた方のインプレを待ちたいところです。
なんにせよDVDなんぞとは次元が違うことは確かです。




おまけ

なんと! 次でこのヤケクソ視聴記も十回目を数えます。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Stille lys (Quiet Light)

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Stille

記事を読む

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド  価値あるソフ

記事を読む

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化へ。TEACやLUXMANら8

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第35回『沈黙の戦艦』

画質:7 音質:7 映像はVC-1でビットレートは20台前半。 音声はドルビーデジタルの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第231回『紅の豚』

画質:9 AVC ラピュタ以降、耳をすませばで、ジブリにおけるフィルム作品のBD化は完成された

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 今更感漂う不毛な検証第二弾。  やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑