*

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:7


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

画質について。
方々で途轍もない高評価を受けている本作。事実、本当にすばらしい。デジタルアニメにあるまじき温かみに満ちた画である。あんまりにも高評価を聞くもんで、ほんとはそこまで買う気は無かったけど買ってしまった。
本稿ではポニョのBDが“異常なほど高画質”と言われる所以であるその温かみについて考えてみる。
さて、このBDの画を実現させた最たるものは“粒子”だ。(HiViでは塗りムラと言っていたような)
キャラクターや単色グラデーションの背景など、デジタル彩色を施されたものにこの粒子が付与されている。この粒子に関する考え方はイノセンスにおけるフィルムグレインフィルターや鴉-karas-のすりガラスフィルターと基本的には同じ。つまるところデジタル彩色だとスカッと出すぎてなんだか妙だからどうにかしてアナログっぽくしよう、という話である。
イノセンスや鴉-karas-のように露骨なものとは違い、ポニョにおけるこの“粒子”は非常に“さりげない”。見ようとしなければそもそも意識すらしないほどに微小なものだ。しかし、この実にさりげない粒子感こそ、ポニョの画をデジタルアニメとしては異常なほど温かみがある、本当の意味でアナログ的美点を持たせた理由なのだ。さらに、実際のアナログ製作のアニメが持つ粒子感(粒状感とまでは言えない)もまた、ポニョのそれと同じで実にさりげないものなのである。その辺は攻殻機動隊とか人狼とかビバップ劇場版とかを参照されたし。ちなみにポニョのBDの画を見たときに真っ先にカリオストロの城の画が浮かんだくらいである。さすがにアナログ製作アニメの持つ空気感までは無いが。
この粒子感が果たしてマスターの時点で付加されていたものなのか、それともBD化にあたって付加されたものなのか、そこまでは不明。
背景美術や色彩、グラデーションの表出はもはや言うことが無いくらいに素晴らしい。夜の海でカーチャンが発する光にマッハバンドが出ている気もするが、そもそもそういう画なんじゃないかと思わせる時点であたしの負け。
アナログ製作末期のアニメの持つ絶妙な粒子感と、デジタル製作アニメの鮮明さを併せ持つ、実に見事な画である。

音質について。
手堅い音響。
声はきちんと通るし、水の効果音、特に気泡の音などには工夫とこだわりが感じられる。
が、それ以上でもそれ以下でもない。音楽も頭打ち感があって盛り上げるに欠けるし、たいして6.1chの恩恵も感じられない。別にポニョに対して音響によるカタルシスを求めちゃいないので別に構わんけど。
あとオープニングはなんて言ってるのかまるでわからん。



さあ、早くナウシカともののけ姫をBD化する作業に戻るんだ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA

記事を読む

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か  UHD BDが先だった。  やはり「既に

記事を読む

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑