*

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:7


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

画質について。
方々で途轍もない高評価を受けている本作。事実、本当にすばらしい。デジタルアニメにあるまじき温かみに満ちた画である。あんまりにも高評価を聞くもんで、ほんとはそこまで買う気は無かったけど買ってしまった。
本稿ではポニョのBDが“異常なほど高画質”と言われる所以であるその温かみについて考えてみる。
さて、このBDの画を実現させた最たるものは“粒子”だ。(HiViでは塗りムラと言っていたような)
キャラクターや単色グラデーションの背景など、デジタル彩色を施されたものにこの粒子が付与されている。この粒子に関する考え方はイノセンスにおけるフィルムグレインフィルターや鴉-karas-のすりガラスフィルターと基本的には同じ。つまるところデジタル彩色だとスカッと出すぎてなんだか妙だからどうにかしてアナログっぽくしよう、という話である。
イノセンスや鴉-karas-のように露骨なものとは違い、ポニョにおけるこの“粒子”は非常に“さりげない”。見ようとしなければそもそも意識すらしないほどに微小なものだ。しかし、この実にさりげない粒子感こそ、ポニョの画をデジタルアニメとしては異常なほど温かみがある、本当の意味でアナログ的美点を持たせた理由なのだ。さらに、実際のアナログ製作のアニメが持つ粒子感(粒状感とまでは言えない)もまた、ポニョのそれと同じで実にさりげないものなのである。その辺は攻殻機動隊とか人狼とかビバップ劇場版とかを参照されたし。ちなみにポニョのBDの画を見たときに真っ先にカリオストロの城の画が浮かんだくらいである。さすがにアナログ製作アニメの持つ空気感までは無いが。
この粒子感が果たしてマスターの時点で付加されていたものなのか、それともBD化にあたって付加されたものなのか、そこまでは不明。
背景美術や色彩、グラデーションの表出はもはや言うことが無いくらいに素晴らしい。夜の海でカーチャンが発する光にマッハバンドが出ている気もするが、そもそもそういう画なんじゃないかと思わせる時点であたしの負け。
アナログ製作末期のアニメの持つ絶妙な粒子感と、デジタル製作アニメの鮮明さを併せ持つ、実に見事な画である。

音質について。
手堅い音響。
声はきちんと通るし、水の効果音、特に気泡の音などには工夫とこだわりが感じられる。
が、それ以上でもそれ以下でもない。音楽も頭打ち感があって盛り上げるに欠けるし、たいして6.1chの恩恵も感じられない。別にポニョに対して音響によるカタルシスを求めちゃいないので別に構わんけど。
あとオープニングはなんて言ってるのかまるでわからん。



さあ、早くナウシカともののけ姫をBD化する作業に戻るんだ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-C

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

 NASの中ではQNAPのTS-119がいいとか、TS-119にアナログ電源を付けるともっといいとか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第106回『ターミネーター2』

画質:7 音質:6 映像はAVCでハイビットレート。 音声はドルビーTRUEHDの24b

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。 新海作品が次世代ディス

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来一年半以上に渡って頓挫していた

記事を読む

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudioは雪のようなスピーカーだ。

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑