*

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:7


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

画質について。
方々で途轍もない高評価を受けている本作。事実、本当にすばらしい。デジタルアニメにあるまじき温かみに満ちた画である。あんまりにも高評価を聞くもんで、ほんとはそこまで買う気は無かったけど買ってしまった。
本稿ではポニョのBDが“異常なほど高画質”と言われる所以であるその温かみについて考えてみる。
さて、このBDの画を実現させた最たるものは“粒子”だ。(HiViでは塗りムラと言っていたような)
キャラクターや単色グラデーションの背景など、デジタル彩色を施されたものにこの粒子が付与されている。この粒子に関する考え方はイノセンスにおけるフィルムグレインフィルターや鴉-karas-のすりガラスフィルターと基本的には同じ。つまるところデジタル彩色だとスカッと出すぎてなんだか妙だからどうにかしてアナログっぽくしよう、という話である。
イノセンスや鴉-karas-のように露骨なものとは違い、ポニョにおけるこの“粒子”は非常に“さりげない”。見ようとしなければそもそも意識すらしないほどに微小なものだ。しかし、この実にさりげない粒子感こそ、ポニョの画をデジタルアニメとしては異常なほど温かみがある、本当の意味でアナログ的美点を持たせた理由なのだ。さらに、実際のアナログ製作のアニメが持つ粒子感(粒状感とまでは言えない)もまた、ポニョのそれと同じで実にさりげないものなのである。その辺は攻殻機動隊とか人狼とかビバップ劇場版とかを参照されたし。ちなみにポニョのBDの画を見たときに真っ先にカリオストロの城の画が浮かんだくらいである。さすがにアナログ製作アニメの持つ空気感までは無いが。
この粒子感が果たしてマスターの時点で付加されていたものなのか、それともBD化にあたって付加されたものなのか、そこまでは不明。
背景美術や色彩、グラデーションの表出はもはや言うことが無いくらいに素晴らしい。夜の海でカーチャンが発する光にマッハバンドが出ている気もするが、そもそもそういう画なんじゃないかと思わせる時点であたしの負け。
アナログ製作末期のアニメの持つ絶妙な粒子感と、デジタル製作アニメの鮮明さを併せ持つ、実に見事な画である。

音質について。
手堅い音響。
声はきちんと通るし、水の効果音、特に気泡の音などには工夫とこだわりが感じられる。
が、それ以上でもそれ以下でもない。音楽も頭打ち感があって盛り上げるに欠けるし、たいして6.1chの恩恵も感じられない。別にポニョに対して音響によるカタルシスを求めちゃいないので別に構わんけど。
あとオープニングはなんて言ってるのかまるでわからん。



さあ、早くナウシカともののけ姫をBD化する作業に戻るんだ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Clones audio THE HOST music server

Clones Audio THE HOST  これまた非常に手頃なRoon Server。

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。 新海作品が次世代ディス

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第120回『トップガン』

画質:9 音質:11 映像はAVCでビットレートは30Mbps前後で推移。 音声はDTS

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑