*

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:7


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

画質について。
方々で途轍もない高評価を受けている本作。事実、本当にすばらしい。デジタルアニメにあるまじき温かみに満ちた画である。あんまりにも高評価を聞くもんで、ほんとはそこまで買う気は無かったけど買ってしまった。
本稿ではポニョのBDが“異常なほど高画質”と言われる所以であるその温かみについて考えてみる。
さて、このBDの画を実現させた最たるものは“粒子”だ。(HiViでは塗りムラと言っていたような)
キャラクターや単色グラデーションの背景など、デジタル彩色を施されたものにこの粒子が付与されている。この粒子に関する考え方はイノセンスにおけるフィルムグレインフィルターや鴉-karas-のすりガラスフィルターと基本的には同じ。つまるところデジタル彩色だとスカッと出すぎてなんだか妙だからどうにかしてアナログっぽくしよう、という話である。
イノセンスや鴉-karas-のように露骨なものとは違い、ポニョにおけるこの“粒子”は非常に“さりげない”。見ようとしなければそもそも意識すらしないほどに微小なものだ。しかし、この実にさりげない粒子感こそ、ポニョの画をデジタルアニメとしては異常なほど温かみがある、本当の意味でアナログ的美点を持たせた理由なのだ。さらに、実際のアナログ製作のアニメが持つ粒子感(粒状感とまでは言えない)もまた、ポニョのそれと同じで実にさりげないものなのである。その辺は攻殻機動隊とか人狼とかビバップ劇場版とかを参照されたし。ちなみにポニョのBDの画を見たときに真っ先にカリオストロの城の画が浮かんだくらいである。さすがにアナログ製作アニメの持つ空気感までは無いが。
この粒子感が果たしてマスターの時点で付加されていたものなのか、それともBD化にあたって付加されたものなのか、そこまでは不明。
背景美術や色彩、グラデーションの表出はもはや言うことが無いくらいに素晴らしい。夜の海でカーチャンが発する光にマッハバンドが出ている気もするが、そもそもそういう画なんじゃないかと思わせる時点であたしの負け。
アナログ製作末期のアニメの持つ絶妙な粒子感と、デジタル製作アニメの鮮明さを併せ持つ、実に見事な画である。

音質について。
手堅い音響。
声はきちんと通るし、水の効果音、特に気泡の音などには工夫とこだわりが感じられる。
が、それ以上でもそれ以下でもない。音楽も頭打ち感があって盛り上げるに欠けるし、たいして6.1chの恩恵も感じられない。別にポニョに対して音響によるカタルシスを求めちゃいないので別に構わんけど。
あとオープニングはなんて言ってるのかまるでわからん。



さあ、早くナウシカともののけ姫をBD化する作業に戻るんだ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第123回『ピノキオ』

画質:15 音質:8 映像はAVCでビットレートは20Mbps前後で推移。 音声は日本語英語

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【BDレビュー】第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

 ようやく未消化だった分のレビューを書き終えた。  ここからは使用機材が変わり、オブジェクトベース

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】「On-Device Playlist」(オンデバイス・プレイリスト)について

ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割  On-Device Playlist。

記事を読む

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

 CES2016における最大のニュースはRoonReady。  私個人が選ぶハイライトはAudio

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑