*

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

歯に衣着せぬ!

駄目なモンには容赦なく駄目出し!

しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛辞を!


40回を越えて今一度。コレが当視聴記のモットーであります。
75~92の間でしか点数が動かない評価なんてつまんないよね。
是非是非今後ともよろしくお付き合いくださいませ。


さて、今回はバイオハザードトリロジーBDBOXとして再リリースされた中のバイオ2を取り上げます。こちらは4分の長尺バージョンで、エクステンデッド・カットということのようです。
BD黎明期に出たバージョンを“通常版”、そして今回のBOXに含まれるバージョンを“完全版”とでも呼ぶことにしましょう。


わざわざ買い直す形になったんだからさ、いい夢見させてくれよ。

参考:第17回 『バイオハザード2』


画質:9 音質:10


映像はAVCで30Mbpsを基準に前後。
音声は二言語をドルビーTRUEHD収録。
AVCの使いこなしと音声コーデックの選択と、SPEのBDソフト製作路線は完全に定まったようです。
B級映画だろうと何だろうと基本的に手抜きもハズレも無いのは驚異的。

画質について。
やはり、“意図的に最暗部を持ち上げている”。
真っ黒な部分が無い。
通常版も完全版も最暗部の扱いは同じ。
エンコード時における手抜き失敗等はSPCLの実力を考えるにもはや有り得ず。
こういう画作り、監督の意図だということでこの件は決着。
1層MPEG-2収録から2層AVC収録になった恩恵はそこらじゅうに出てきます。文字通り目に見えて現れます。全体的に情報量が増し、色の純度も増してます。っつっても色に関しては元から濁った画作りなんで微妙な差のような気もしますけどね。
通常版からの明らかな進化は暗部の情報量。通常版では最暗部を持ち上げると同時に暗部情報まで道連れに死んでいましたが、完全版では暗部の情報もきちんと見えるようになっています。正直言って真っ黒を出さない画作りはどーかと思いますけど、まあ見えるべきものがきちんと見えるならそれはそれでよしとしましょう。
なお、元々のマスターがそんなに良くないんでしょうね、見違えるようなとか生まれ変わるようなとか、それほどの差は無いっちゃ無いです。

音質について。
実はこのソフト、非常に重大な意味があるんですよ。
300とかオペラ座の怪人とかを観た人なら既にお分かりかと思いますが、得てしてリニアPCMとドルビーTRUEHDが同時に収録されている場合、音質は圧倒的にリニアPCMが上でした。
再リリースで『リニアPCM→ドルビーTRUEHD』と収録方式が変化した史上初のBDソフトじゃないですかね?
で、従来は他方式を圧倒していたリニアPCMの音質にドルビーTRUEHDはどこまで迫れるのか? という点。これはとーっても大事なことです。
結果として、ドルビーTRUEHDはリニアPCMと比べて全く遜色の無い音を鳴らしました。文句無しッ! もっと気張って死ぬ気で比較視聴すれば微妙な違いはあるんでしょうけど、そんなことは端からする気無いです。
むしろ、ダイナミックレンジに至ってはさらに拡大しているような。
嗚呼、それにしても嬉しいですね。
昔はリニアPCMの後塵を拝するだけだったドルビーTRUEHDが、ついに同一のソースにおいてもリニアPCMと同等のポテンシャルを叩き出し、U-571のように天井突破の音質も実現している。
いい時代になったもんです。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

RoonReady、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

※Roon Labsの公式フォーラムにおける新情報等を踏まえて、初出時から大幅に手を加えている。今後

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第153回『THIS IS IT』

画質:無評価 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【レビュー】Panasonic DMP-UB90

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った  4Kディスプレイもない

記事を読む

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。  fidata HFAS1の音。  比較対象

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

画質:5 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

記事を読む

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑