*

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:9 音質:8


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit

画質について。
2003年の時点できちんとHD制作をしていたガイナックスは偉い!
コレに尽きよう。
基本的に作画や美術はフリクリを継承してそこまでディティール路線ではないため、純粋にデジタル制作のパリッとした解像感が活きる。一部作画素材に解像度不足が見受けられるが、基本的にはクッキリ、ハッキリという現代的アニメ画質を体現している。マッハバンドも非常に少なく抑えられているものの、明度の低い青系の色では抑えきれていないようだ。基本的に明瞭快活な色使いで純度も高く、グラデーションも良くキマっている。
一応DVDの時点で全話見ているが、当時見えてこなかった色んなディティールが見えて満足至極。
一話、二話においてはやはりデジタル制作黎明期ゆえか、作画素材が背景から妙に浮いてしまうことがあるのが気になると言えば気になるか。
エンディングも勿論高解像度、かつ非常に高画質。
全体的に、2003年という時期を考えれば望外によく出来た画であると言える。
見どころ:
地球帝国宇宙軍太陽系直掩部隊直属第六世代型恒星間航行決戦兵器

音質について。
声の質感という点では、一話では異様にくっきりしすぎて耳に刺さりそう。ナウシカのBDを思い出す。声優ヲタにはこういう音作りの方が好まれるのだろうか……
なんにせよ反省があったのか、徐々に声の質感は落ち着いたナチュラル志向になっていく。
前作とは異なり、トップ2は最初からサラウンド音声として作られているのだが、どうにも音響の路線が定まらないという印象を受ける。それなりに空間移動はあるし、包囲感もあるのだが、いかんせん何を聴かせたいのかがはっきりしない。なぜならば、“宇宙怪獣”とバスターマシンの戦闘も、木星急行との極大物量戦も、変動重力源の覚醒も、バスタービームも風呂場もプールも割れる皿も似たようなテンションになってしまうから。すなわち、作品全体のダイナミックレンジがそれほど広くないのである。しかしその辺は見る側の努力と根性でカバー。
聴きどころ:
ドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデン



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Asia / Asia

・アーティスト / アルバムタイトル Asia / Asia ・購入元 e-onkyo

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / For Long Tomorrow

・アーティスト / アルバムタイトル toe / For Long Tomorrow ・購入

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。 1536×153

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

DELA N1Z サーバーソフト編

 みんな知ってのとおり、DELAの中身はみんな大好き(?)TwonkyServerである。  中身

記事を読む

【システム】 QNAP TS-119

 2010年のネットワークオーディオ。  そりゃもう大変である。  2013年が終わる時点でも状

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑