*

【BDレビュー】 第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』

アイアンハイド……(´;ω;`)


画質:14 音質:13


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 7.1ch

画質について。
あいかわらずコテコテでゴテゴテのやりすぎな画。
強烈なまでの解像感と情報量がベースにあってこそ許される、マイケル・ベイ印の灼熱画質。カリカリに研ぎ澄まされ、破裂寸前の色彩と閃光を塗された画はトランスフォーマーシリーズならでは。手っ取り早くわかりやすく、これこそ現代映画の高画質! と誇り高く宣言する。
ただ、世界狭しと色んな場所を駆け巡り飛び回った前作に比べると、本作の戦闘シチュエーションはそれほど派手ではない。基本的に市街地での戦闘となり、視覚的なバリエーションは少ない。
さらに、前作にあったIMAXのシーンがなくなっているため、ここぞ!! という見どころがなくなってしまったのも確か。
画質的には既に前作で完成の域に達している。が、IMAXがなくなってしまったのでマイナス1点。
見どころ:
ワーム? がビルを巻き込んで無数の破片と硝子が舞い散るシーン
緊縛プレイから復活したオプティマスが大立ち回りするシーンをスローで映すカット

音質について。
ホームシアターファンの夢を叶える、血沸き肉踊る炸裂大音響。
前作に比べると破壊の威力は少々減退した気がするが、そのぶん効果音はさらに多彩になり、むしろ繊細に空間を埋め尽くすようになった。特筆すべきは大いに存在感を増したBGMで、時として破壊音よりも前面に押し出されてシーンを牽引するようになった。
7.1chを総動員して掻き鳴らされる驚天のサウンドはAVアンプやスピーカーにも相応の能力を要求すること間違いなし。
ちなみに某ショップでSC-LX85を買った際、SC-LX83との比較に使ったソフトである。結果、85の圧勝だった。
映像的にどうかはさておき、トランスフォーマー同士のぶつかり合いで最も素晴らしい音を出したのは間違いなく本作、オプティマスとセンチネルの最終決戦だと思う。二作目のIMAXシーンを明らかに越えた、重く激しい信念の衝突が鼓膜を震わせること必至。
聴きどころ:
センチネルの離反
オプティマスとセンチネルの最終決戦


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

Roon 導入編

前記事:Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか  Roonはソフトであり、サービスである。  メ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ①

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ 『第9地区』 効

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第128回『リベリオン』

画質:8 音質:9→11 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑