*

【BDレビュー】 第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』

アイアンハイド……(´;ω;`)


画質:14 音質:13


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 7.1ch

画質について。
あいかわらずコテコテでゴテゴテのやりすぎな画。
強烈なまでの解像感と情報量がベースにあってこそ許される、マイケル・ベイ印の灼熱画質。カリカリに研ぎ澄まされ、破裂寸前の色彩と閃光を塗された画はトランスフォーマーシリーズならでは。手っ取り早くわかりやすく、これこそ現代映画の高画質! と誇り高く宣言する。
ただ、世界狭しと色んな場所を駆け巡り飛び回った前作に比べると、本作の戦闘シチュエーションはそれほど派手ではない。基本的に市街地での戦闘となり、視覚的なバリエーションは少ない。
さらに、前作にあったIMAXのシーンがなくなっているため、ここぞ!! という見どころがなくなってしまったのも確か。
画質的には既に前作で完成の域に達している。が、IMAXがなくなってしまったのでマイナス1点。
見どころ:
ワーム? がビルを巻き込んで無数の破片と硝子が舞い散るシーン
緊縛プレイから復活したオプティマスが大立ち回りするシーンをスローで映すカット

音質について。
ホームシアターファンの夢を叶える、血沸き肉踊る炸裂大音響。
前作に比べると破壊の威力は少々減退した気がするが、そのぶん効果音はさらに多彩になり、むしろ繊細に空間を埋め尽くすようになった。特筆すべきは大いに存在感を増したBGMで、時として破壊音よりも前面に押し出されてシーンを牽引するようになった。
7.1chを総動員して掻き鳴らされる驚天のサウンドはAVアンプやスピーカーにも相応の能力を要求すること間違いなし。
ちなみに某ショップでSC-LX85を買った際、SC-LX83との比較に使ったソフトである。結果、85の圧勝だった。
映像的にどうかはさておき、トランスフォーマー同士のぶつかり合いで最も素晴らしい音を出したのは間違いなく本作、オプティマスとセンチネルの最終決戦だと思う。二作目のIMAXシーンを明らかに越えた、重く激しい信念の衝突が鼓膜を震わせること必至。
聴きどころ:
センチネルの離反
オプティマスとセンチネルの最終決戦


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。  しかし未だに「BDと

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

激突! DELA N1Z vs LUMIN L1

 サーバー同士の音質対決。  一昔前には思いもよらなかった展開だ。  が、サーバーで音が

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

【BDレビュー】第328回『ワールド・ウォーZ』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第75回『ブラッド・ダイアモンド』

画質:7 音質:10 映像はVC-1で伸びないワーナー仕様。 音声はリニアPCMの16b

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑