*

【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

2014-09-27 16.44.22
4が出ることを今さらながら知った記念。3でネタ映画化してそれっきりだと思っていた。


画質:9
音質:8


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch


○画質
 RECならではのPOV(主観視点の撮影)のシーンは基本的に冒頭のみで、それ以降は完全に第三者視点の撮影になっている。良くも悪くも普通の(ゾンビ)映画になったという感じ。
 いかにも家庭用ビデオカメラやスマホで撮影したと思しき映像は冒頭でおしまい。結婚式場に気合いの入った映画撮影用のカメラを持ち込んだ登場人物のあんちゃんがなかなかいい味を出している。これからはもう普通に撮ります、という製作側の意思表示だろうか。
 なかなか長い冒頭が終わり、タイトルが表示されて以降は、これまた良くも悪くも普通の映画の画になっている。ただし画質の基礎体力はじゅうぶんに高い。解像感は高く画面はきりりと引き締まり、不健康な色合いも破綻していない。

○見どころ
 ゾンビ映画に出てくる女の子はかわいいの法則


○音質
 REC、そしてREC2から最もパワーダウンした部分。
 前二作もそれほど緻密なサウンドデザインがなされていたわけではないものの、手持ちカメラゆえの乱雑なカメラワークに荒削りで耳障りな音が加わり、まさしく映像と音が一致する異様な臨場感と恐怖があった。特に終盤、完全な闇の中で繰り広げられるシーンなどは鳥肌ものだった。
 しかし一方で、前述のとおり、本作のPOVは冒頭のみである。感染者が現れ、やっと盛り上がってきた! という瞬間に終わってしまう。POVによる冒頭シーンの音は前二作を彷彿とさせるテンションを感じたが、やはりそれも冒頭とともに終わってしまった。
 後はとにかく、普通である。サラウンドの活用はしっかりしており、「ババーン! キャー!」もきっちり基本を押さえて作られているものの、今さら特別なものを感じるほどでもない。

○聴きどころ
 異様なテンションで流れるスペインのヒットナンバー(?)


○総評
 宗教的な要素が現実的なものとして入り込んでいるあたり、スペイン人の信仰深さが見て取れる。ゾンビ映画からそんなもん見て取ってどうすんだ、という気もするが。
 ちなみに次回作の副題は「アポカリプス」だそうだ。まー「ジェネシス」の次としては順当か。
 3は決してつまらないわけではなかったが、色々とコメディの要素が強くなりすぎて正直微妙。4に期待。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - Phile-web  

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を買いました

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」最新のハイレゾ専用リマスターで遂に登場!  というわけで

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第222回『となりのトトロ』

あらためて見るとなんだこの神作画のオンパレードは……たまげたなぁ…… 画質:10 音質:1

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑