*

【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

2014-09-27 16.44.22
4が出ることを今さらながら知った記念。3でネタ映画化してそれっきりだと思っていた。


画質:9
音質:8


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch


○画質
 RECならではのPOV(主観視点の撮影)のシーンは基本的に冒頭のみで、それ以降は完全に第三者視点の撮影になっている。良くも悪くも普通の(ゾンビ)映画になったという感じ。
 いかにも家庭用ビデオカメラやスマホで撮影したと思しき映像は冒頭でおしまい。結婚式場に気合いの入った映画撮影用のカメラを持ち込んだ登場人物のあんちゃんがなかなかいい味を出している。これからはもう普通に撮ります、という製作側の意思表示だろうか。
 なかなか長い冒頭が終わり、タイトルが表示されて以降は、これまた良くも悪くも普通の映画の画になっている。ただし画質の基礎体力はじゅうぶんに高い。解像感は高く画面はきりりと引き締まり、不健康な色合いも破綻していない。

○見どころ
 ゾンビ映画に出てくる女の子はかわいいの法則


○音質
 REC、そしてREC2から最もパワーダウンした部分。
 前二作もそれほど緻密なサウンドデザインがなされていたわけではないものの、手持ちカメラゆえの乱雑なカメラワークに荒削りで耳障りな音が加わり、まさしく映像と音が一致する異様な臨場感と恐怖があった。特に終盤、完全な闇の中で繰り広げられるシーンなどは鳥肌ものだった。
 しかし一方で、前述のとおり、本作のPOVは冒頭のみである。感染者が現れ、やっと盛り上がってきた! という瞬間に終わってしまう。POVによる冒頭シーンの音は前二作を彷彿とさせるテンションを感じたが、やはりそれも冒頭とともに終わってしまった。
 後はとにかく、普通である。サラウンドの活用はしっかりしており、「ババーン! キャー!」もきっちり基本を押さえて作られているものの、今さら特別なものを感じるほどでもない。

○聴きどころ
 異様なテンションで流れるスペインのヒットナンバー(?)


○総評
 宗教的な要素が現実的なものとして入り込んでいるあたり、スペイン人の信仰深さが見て取れる。ゾンビ映画からそんなもん見て取ってどうすんだ、という気もするが。
 ちなみに次回作の副題は「アポカリプス」だそうだ。まー「ジェネシス」の次としては順当か。
 3は決してつまらないわけではなかったが、色々とコメディの要素が強くなりすぎて正直微妙。4に期待。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】 よくある質問と検索ワードへの回答

記事を読む

オンキヨー TX-NR3030

オンキヨー、Dolby Atmos/HDCP 2.2対応の最上位AVアンプ  ついに一体型

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

aria music serverが日本上陸

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch  海外では「ストレージ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきあり

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【Roon Server】Salk Sound StreamPlayer Generation III

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその1。 Salk Sound Str

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】あえて単体サーバーを導入するメリットとデメリット

 この記事で言う「単体サーバー」とは、「オーディオのためだけに使うサーバー機器」を指す。  要する

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑