*

【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

2014-09-27 16.44.22
4が出ることを今さらながら知った記念。3でネタ映画化してそれっきりだと思っていた。


画質:9
音質:8


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch


○画質
 RECならではのPOV(主観視点の撮影)のシーンは基本的に冒頭のみで、それ以降は完全に第三者視点の撮影になっている。良くも悪くも普通の(ゾンビ)映画になったという感じ。
 いかにも家庭用ビデオカメラやスマホで撮影したと思しき映像は冒頭でおしまい。結婚式場に気合いの入った映画撮影用のカメラを持ち込んだ登場人物のあんちゃんがなかなかいい味を出している。これからはもう普通に撮ります、という製作側の意思表示だろうか。
 なかなか長い冒頭が終わり、タイトルが表示されて以降は、これまた良くも悪くも普通の映画の画になっている。ただし画質の基礎体力はじゅうぶんに高い。解像感は高く画面はきりりと引き締まり、不健康な色合いも破綻していない。

○見どころ
 ゾンビ映画に出てくる女の子はかわいいの法則


○音質
 REC、そしてREC2から最もパワーダウンした部分。
 前二作もそれほど緻密なサウンドデザインがなされていたわけではないものの、手持ちカメラゆえの乱雑なカメラワークに荒削りで耳障りな音が加わり、まさしく映像と音が一致する異様な臨場感と恐怖があった。特に終盤、完全な闇の中で繰り広げられるシーンなどは鳥肌ものだった。
 しかし一方で、前述のとおり、本作のPOVは冒頭のみである。感染者が現れ、やっと盛り上がってきた! という瞬間に終わってしまう。POVによる冒頭シーンの音は前二作を彷彿とさせるテンションを感じたが、やはりそれも冒頭とともに終わってしまった。
 後はとにかく、普通である。サラウンドの活用はしっかりしており、「ババーン! キャー!」もきっちり基本を押さえて作られているものの、今さら特別なものを感じるほどでもない。

○聴きどころ
 異様なテンションで流れるスペインのヒットナンバー(?)


○総評
 宗教的な要素が現実的なものとして入り込んでいるあたり、スペイン人の信仰深さが見て取れる。ゾンビ映画からそんなもん見て取ってどうすんだ、という気もするが。
 ちなみに次回作の副題は「アポカリプス」だそうだ。まー「ジェネシス」の次としては順当か。
 3は決してつまらないわけではなかったが、色々とコメディの要素が強くなりすぎて正直微妙。4に期待。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stream If you pl

記事を読む

雪国、冬、静寂

 今年は暖冬で例年と比べて随分と遅くなったが、いよいよオーディオにとって最高の季節がやってき

記事を読む

米Stereophile誌でのRoonの評価

Stereophile's Products of 2015 Editors' Choices of

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

B&W 800 D3 – new 800 diamond series

 ついに発表となった。  画像は公式HPから。  動画まである。

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

【UHD BDレビュー】第23回『エイリアン:コヴェナント』 米国盤 【Dolby Atmos】

 40年近くの時を経てついにリドリー・スコットがゼノモーフを撮る。  もうそれだけで面

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑