*

【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

2014-09-27 16.44.22
4が出ることを今さらながら知った記念。3でネタ映画化してそれっきりだと思っていた。


画質:9
音質:8


映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch


○画質
 RECならではのPOV(主観視点の撮影)のシーンは基本的に冒頭のみで、それ以降は完全に第三者視点の撮影になっている。良くも悪くも普通の(ゾンビ)映画になったという感じ。
 いかにも家庭用ビデオカメラやスマホで撮影したと思しき映像は冒頭でおしまい。結婚式場に気合いの入った映画撮影用のカメラを持ち込んだ登場人物のあんちゃんがなかなかいい味を出している。これからはもう普通に撮ります、という製作側の意思表示だろうか。
 なかなか長い冒頭が終わり、タイトルが表示されて以降は、これまた良くも悪くも普通の映画の画になっている。ただし画質の基礎体力はじゅうぶんに高い。解像感は高く画面はきりりと引き締まり、不健康な色合いも破綻していない。

○見どころ
 ゾンビ映画に出てくる女の子はかわいいの法則


○音質
 REC、そしてREC2から最もパワーダウンした部分。
 前二作もそれほど緻密なサウンドデザインがなされていたわけではないものの、手持ちカメラゆえの乱雑なカメラワークに荒削りで耳障りな音が加わり、まさしく映像と音が一致する異様な臨場感と恐怖があった。特に終盤、完全な闇の中で繰り広げられるシーンなどは鳥肌ものだった。
 しかし一方で、前述のとおり、本作のPOVは冒頭のみである。感染者が現れ、やっと盛り上がってきた! という瞬間に終わってしまう。POVによる冒頭シーンの音は前二作を彷彿とさせるテンションを感じたが、やはりそれも冒頭とともに終わってしまった。
 後はとにかく、普通である。サラウンドの活用はしっかりしており、「ババーン! キャー!」もきっちり基本を押さえて作られているものの、今さら特別なものを感じるほどでもない。

○聴きどころ
 異様なテンションで流れるスペインのヒットナンバー(?)


○総評
 宗教的な要素が現実的なものとして入り込んでいるあたり、スペイン人の信仰深さが見て取れる。ゾンビ映画からそんなもん見て取ってどうすんだ、という気もするが。
 ちなみに次回作の副題は「アポカリプス」だそうだ。まー「ジェネシス」の次としては順当か。
 3は決してつまらないわけではなかったが、色々とコメディの要素が強くなりすぎて正直微妙。4に期待。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。 画質:8 音質:9 (評価の詳細につ

記事を読む

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD - AV Wat

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSDに対応 - Phile-web

記事を読む

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑