*

【BDレビュー】第297回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

公開日: : 最終更新日:2017/07/05 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDヱヴァQ
 完結がいつになるのかまったくわからなくなった記念。


画質:9
音質:9


映像:AVC
音声:リニアPCM 5.1ch 16bit


○画質
 パリッとした現代的な画は序・破と同様。時たま解像度が落ちるカットがあるところまでおんなじ。
 ただ、序・破に比べると明らかにバンディングが増えている。そのため、画質的に「完璧」とは言えなくなっている。
 作り出された映像を細大漏らさず収録するという意味では、まったく問題を感じない盤石の出来。やたらめったらビカビカと光る場面でもなんだかよくわからないものが画面を飛び交い埋め尽くす場面でも、ディテールの取りこぼしやノイズの発生は感じられない。描線は鮮鋭、解像感もばっちし。相変わらずデジタル制作のアニメとして非常にハイレベルなのは間違いない。
 それにしても、演出がとてもエヴァとは思えないほど安直になっているのが悲しい。エヴァではなくヱヴァゆえに致し方なしなのか。

○見どころ
 特になし


○音質
 前二作から劣化。
 マルチチャンネルを活かす工夫にしても、劇伴や効果音の威力にしても、明らかに前二作からパワーダウンしている。特に声のミックスについては問題ありで、明瞭さを欠いて空間に埋もれる印象。序のヤシマ作戦シークエンスとは大違いだ。
 あとは音響全体に頭打ち感というか閉塞感があり、盛り上がるべき肝心なシーンで何とも煮え切らない音になってしまっている。
 それでもなおアニメ作品として非常にレベルの高い音ではあるのだが、やはり前二作ほどの興奮は得られない。残念だ。

○聴きどころ
 ヴンダー発進


○総評
 相変わらず画も音もハイレベルだが、前二作には及ばない。
 ちなみに初回版なのでサントラCDが付属した。このCD、ハイレゾ版とほとんど遜色ないほどの高音質盤である。
 内容? いや、この記事は作品のレビューじゃなくてBDのレビューなんで……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

【BDレビュー】総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアムBOXも - Phile-we

記事を読む

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Sonica DAC」を遊びつくす!

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。  トップスピーカー

記事を読む

canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ  canarino Filsはまだ何度か

記事を読む

【BDレビュー】 第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

ちょっとスポックさんスペック高すぎじゃないですかね…… 画質:11 音質:10

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑