*

【BDレビュー】 第16回『X-MEN3』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

どうして欧米人の女の子は年取ると劣化するのかな!!
ちくしょおおおーっ!!

ローグがビッチになっちまった3です。
どう見ても全編『AKIRA』そのまんまです。本当にありがとうございました。
AVCを採用した初期のソフトとして当時はそれなりに話題になりました。
しかしてその実力はッ!


画質:8 音質:8


映像はAVCでビットレートは千変万化。基本的には抑え目。
音声はDTS-HDMA、視聴はコア部分のみ。

画質について。
オッ、なかなか。とはいえ、最初見た時には「ノイズまみれ」とも感じました。
かなり粒状感を出した画作りで、決して悪くはないのですが、やはり純粋なフィルムグレインだけでなくノイズも残留してしまいます。もっとも、この作品に限れば粒状感を出すよりもつるつるにしたほうがよかったような気が。あと、改めて見直して気づいたんですが、AVCの画作りって全体的な傾向として『暖かい』感じがしますね。一方のMPEG-2は『冷たい』感じがします。何ででしょう。
PHLがエンコードを担当している作品で、やはりこの段階から画作りとしては一貫したものがあります。特に植物などの自然物が映る場面では後の海賊に繋がるような画作りが見られます。とはいえ、場面ごとの画質のばらつきや、前述したノイズの問題もあるので、圧倒的な高画質というほどではありません。
BD初期、映像コーデックに一体何を採用するのかということが話題になったとき、ソニーPCLの人が「AVCは未来の技術で、今後どんどんよくなっていくだろうが、現状ではまだ成熟したMPEG-2のほうが高画質を出せる」と言っていたことが思い出されます。案の定、AVCを採用したX-MEN3よりもイノセンスやキングダム・オブ・ヘブンのほうが高画質ですね。
AVCの画質ということで、蜘蛛男3でソニーPCLが限界突破な画質を見せ付けた今、PHLは海賊3でどのような画質を撃ち返すのか? 気になりますねえ。

音質について。
音響は結構手抜き気味かな……
どごーん! どずーん! どぎゃーん!
派手な音はそこら中でしているけれど、一音一音の持つ意味まではきちんと考えてない感じ。
まあ、派手ならそれだけでよい!
音声は例によってDTSコア。10点は取れないけれど、総じてかなりの高音質を実現できるのがFOXの美点です。






おまけ

31日にテレビが無くなります
というわけで視聴記はしばらくお休みです



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / For Long Tomorrow

・アーティスト / アルバムタイトル toe / For Long Tomorrow ・購入

記事を読む

【CES2016】個人的ハイライトと記事まとめ

 CES2016の個人的なハイライトは、先行逃げ切りで RoonReady  …

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第70回『時をかける少女』

画質:15 音質:8 映像はAVCで30台後半中心の超ハイビットレート。 音声はドルビーTR

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第23回『劇場版 機動警察パトレイバー』

アニメです。 これがイノセンスに到る押井作品群の始まりと言えます。 AKIRAに集った史上最強の

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑