*

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。
映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりかもしれない。


画質:15 音質:15☆ Magnificent




映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
技術的に完璧に仕上げられた上で感情を揺り動かす、文句なしの画質評価15点満点。
馬鹿の一つ覚えに連呼される「フィルムライク」という言葉に、一切の空虚な言説なしに実体を与え得る至極の画質。
純粋な画の情報量や色彩の豊かさ、フィルム撮影ならではの透明感に関して言えば『ダークナイト』のIMAXシークエンスや『コンタクト』に分があるが、全編を貫く揺るぎない完成度という点では『プライベート・ライアン』に及ばない。
IMAXを抜きにすればフィルム撮影の頂点に位置する膨大な情報量、DVDとはまったく別物の豊かな色彩、それらがノイズの介在しない大粒のフィルムグレインと合わさって、これ以上無い画の完成度を生み出している。BD化にあたり、DVD時代から何度も何度も何度も何度も見てきたシーンの中に数え切れないほどの発見があった。「なるほど、こいつの足はこんな具合にもげていたのか」という具合に。
ちぎれとび血にまみれた手足の断面を克明に容赦なく描き出したと思えば、次の場面ではフランスの青空と緑を清々しく映し出す。
美しい映画である。

音質について。
王者の帰還!
四年前、初めてサラウンドで体験したこの映画の音響は忘れたくとも忘れられるものではない。
揚陸艇から身を出した瞬間に襲い掛かる銃撃の雨。前後左右に上下、あらゆる方角から降り注ぐ鉄火にどれだけ興奮したことか。
機関銃を映したカット。カメラワークと共に動く銃に伴い、銃声もまたセンターからレフトへ。たったそれだけのことにどれだけ驚いたことか。
銃弾を浴びて悲鳴を上げる兵士を横切るカット。断末魔がセンター→ライト→サラウンドライトへと流れていく様にどれだけ衝撃を受けたことか。
どこにも書いていなかった、誰にも教えてもらえなかったサラウンドの妙味を身をもって味わった瞬間だった。
それから四年!
いつの間にやらスピーカーは大型化し7本に増え、ディスプレイは大型化するどころかスクリーンとなり、ついにBDという器に溢れんばかりに注がれた最高の美酒を再び呷る時が来たのだ。
王者の帰還!!
DVD時代に数え切れないほどに浴び続けた、あの場面のあの弾丸、あの爆風、あの激震、全ては全く異なる次元で蘇った。遥かな音響的高みにおいて、鉄と火と水と血と声がしぶきを上げる。うなりを上げる。私を打ちのめす。あの音の中心にいる私は一体何度死ねばよいのか。音響的な巧みさは言うまでもなく未だ頂点に君臨する上に、ロスレス音声を手に入れ、音それ自体の瞬発力や威力もBDにおける玉座を手にしてしまった。むこう10年間の音響リファレンスは決まってしまった。『プライベート・ライアン』以降に誕生したあらゆる映画音響の傑作を薙ぎ倒してなお余りあるこの偉容と貫禄。『ダークナイト』も『ヘルボーイ2』も『ランボー最後の戦場』も、これを前にしてしまっては裸足で逃げ出すほか無い。かつて画質において蜘蛛男3が“10点満点”の上限をぶちぬいたように、彼らに与えた“15点満点”もついに破られる時が来てしまった。
限界突破!
この趣味を初めて本当に善かったと!! 心から思う!!!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Miller / Afrodeez

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第121回『スターウォーズ クローンウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは割と低め、高くても30に届く程度。 音

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

【おしらせ】音展2014に参加します

 ユーザー代表? として、LUMIN製品について話すことになりました。  会場と時間帯は以

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

画質:10 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑