*

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。
映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりかもしれない。


画質:15 音質:15☆ Magnificent




映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
技術的に完璧に仕上げられた上で感情を揺り動かす、文句なしの画質評価15点満点。
馬鹿の一つ覚えに連呼される「フィルムライク」という言葉に、一切の空虚な言説なしに実体を与え得る至極の画質。
純粋な画の情報量や色彩の豊かさ、フィルム撮影ならではの透明感に関して言えば『ダークナイト』のIMAXシークエンスや『コンタクト』に分があるが、全編を貫く揺るぎない完成度という点では『プライベート・ライアン』に及ばない。
IMAXを抜きにすればフィルム撮影の頂点に位置する膨大な情報量、DVDとはまったく別物の豊かな色彩、それらがノイズの介在しない大粒のフィルムグレインと合わさって、これ以上無い画の完成度を生み出している。BD化にあたり、DVD時代から何度も何度も何度も何度も見てきたシーンの中に数え切れないほどの発見があった。「なるほど、こいつの足はこんな具合にもげていたのか」という具合に。
ちぎれとび血にまみれた手足の断面を克明に容赦なく描き出したと思えば、次の場面ではフランスの青空と緑を清々しく映し出す。
美しい映画である。

音質について。
王者の帰還!
四年前、初めてサラウンドで体験したこの映画の音響は忘れたくとも忘れられるものではない。
揚陸艇から身を出した瞬間に襲い掛かる銃撃の雨。前後左右に上下、あらゆる方角から降り注ぐ鉄火にどれだけ興奮したことか。
機関銃を映したカット。カメラワークと共に動く銃に伴い、銃声もまたセンターからレフトへ。たったそれだけのことにどれだけ驚いたことか。
銃弾を浴びて悲鳴を上げる兵士を横切るカット。断末魔がセンター→ライト→サラウンドライトへと流れていく様にどれだけ衝撃を受けたことか。
どこにも書いていなかった、誰にも教えてもらえなかったサラウンドの妙味を身をもって味わった瞬間だった。
それから四年!
いつの間にやらスピーカーは大型化し7本に増え、ディスプレイは大型化するどころかスクリーンとなり、ついにBDという器に溢れんばかりに注がれた最高の美酒を再び呷る時が来たのだ。
王者の帰還!!
DVD時代に数え切れないほどに浴び続けた、あの場面のあの弾丸、あの爆風、あの激震、全ては全く異なる次元で蘇った。遥かな音響的高みにおいて、鉄と火と水と血と声がしぶきを上げる。うなりを上げる。私を打ちのめす。あの音の中心にいる私は一体何度死ねばよいのか。音響的な巧みさは言うまでもなく未だ頂点に君臨する上に、ロスレス音声を手に入れ、音それ自体の瞬発力や威力もBDにおける玉座を手にしてしまった。むこう10年間の音響リファレンスは決まってしまった。『プライベート・ライアン』以降に誕生したあらゆる映画音響の傑作を薙ぎ倒してなお余りあるこの偉容と貫禄。『ダークナイト』も『ヘルボーイ2』も『ランボー最後の戦場』も、これを前にしてしまっては裸足で逃げ出すほか無い。かつて画質において蜘蛛男3が“10点満点”の上限をぶちぬいたように、彼らに与えた“15点満点”もついに破られる時が来てしまった。
限界突破!
この趣味を初めて本当に善かったと!! 心から思う!!!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

4K BDは2015年末に登場

4K Blu-ray Confirmed, Coming in Late 2015  待ち

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです 基本的にはかなりiP

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑