*

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:14


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。

画質について。
予感があった!
コロンビア女神の美しさは、かつて蜘蛛男3で目の当たりにしたまさにそれだった!
その時点で、とてつもない高画質であるとの予感があったのだ!
そして実際、慰めの報酬の画質は完璧だった。
ひょっとしたら、トランスフォーマーや蜘蛛男3のように分かりやすい高画質であるとは見なされないかもしれない。色彩はそれほど派手ではなく、単純な原色の表出という点では決して鮮やかではない。見目麗しい、鮮烈な高画質ではないのだ。
しかし、“完璧な”画質である。
作品の内容を反映してか、前作以上に粒状感をたっぷり乗せた荒々しく無骨な画作り。冴え渡る輪郭線と膨大な情報量。そして何より素晴らしいのが、“ノイジー”と“グレイニー”の境界線上を綱渡りしながらも決してノイジーには転ばなかった、類稀な映像バランス、強靭極まりない画作りの統一感である。『シューテムアップ』、『バイオハザード3』、『トランスフォーマー』など、過去粒状感を前面に押し出すことによって素晴らしい精細感を実現していたソフトはあったが、そのどれもが僅かながらも粒状感のいきすぎ、場面によっては単なるノイジーへの転落という問題を有していた。
慰めの報酬には、それが無い。
光のあたる部分、明度の高い領域では粒状感をたっぷり乗せたゴリゴリの画作りをしつつ、暗部、闇についてはどこまでもSN比が高く、美しい暗がりをのぞかせる。最後の最後まで粒状感過多に転ばず、闇はひたすら美しかった。ロケ地によって画調もころころと変わっていくが、そのどれもが完璧な調律によってまとめあげられ、空気感と呼ぶべきものもはっきりと見て取れる。
色彩はそれほど派手ではないと言ったが、ひとつだけ例外もある。
炎である。
クライマックスの炎、私はあれほどまでに美しく透明な炎を見たことは無かった。
極めて難しい領域でぶれることなく仕上げられた強靭な画作りと、無造作に散りばめられた感性に訴えかける画の数々。
満点である!

音質について。
カジノロワイアルに唯一欠けていた、はっちゃけた音響効果の楽しさがここにはある。冒頭からトばしまくりである。前作同様精緻に組み上げられた音響に派手さと荒々しさが加わり、より強烈に感情を揺さぶるようになった。
おいかけっこ、殴り合い、銃撃戦、爆発炎上、果ては空中戦に至るまで、実に楽しい音を心行くまで堪能できる。
精緻にして豪放な効果音、力強く壮麗に鳴り響く音楽、そして何より、声の質感も素晴らしい。
唯一の不満点は、OPの出来が明らかにカジノロワイアルに劣ること。音響的にも、センス的にも。こればっかりはしょうがないか。

なんにせよ、前作に当たるカジノロワイアルはこの視聴記において初めて画質音質ともに10点満点を記録したソフトであり、今日に至るまで長らく一つの基準になってきた偉大なるBDである。
続編に当たる慰めの報酬は画質音質的に偉大な前作を見事に上回り、実写映画としては過去最高の評価点を付けるに至った。
カジノロワイアルから慰めの報酬への画質音質の進化は、BD全体の画質音質の進化を端的に示すものだとも言えるだろう。
今後とも、BDの行く末に幸あらんことを!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第198回『マチェーテ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit いよいよもってSP

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定 - avwatch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

【BDレビュー】第277回『かぐや姫の物語』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ・DTS-

記事を読む

Dolby Surround/ドルビーサラウンドを試す

 今までドルビーは「さらに後ろにスピーカーを置くといいぞ!」とか「フロントの横にスピーカーを置くとい

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【BDレビュー】第304回『ジュラシック・ワールド』

画質:8 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑