*

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

    |                   \
    |  (‘A`)        カントリーロー
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄          /


画質:15 音質:8


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
最後期のセルアニメ作品を鬼気迫る情熱でもってソフト化した結果、“なんてこたーない”と涼やかに爽やかに見ていられる、極めつきに高品位な映像となった。
まず、フィルムマスターに起因するゴミ、傷、ノイズの類がまったく見られない。マイナス要素を全て取り去ったうえで、ひそやかにたおやかに息づくフィルムグレインが作品全体におごそかな気品を与えているという理想的な例。
同年代のアニメ作品、たとえばバンダイビジュアルから出ているパトレイバー2やら攻殻機動隊やらと比べるとその差は一目瞭然である。ほんのわずかに撮影由来の揺れが見えるが、気になるようなことは皆無。とにかく映像の安定感が尋常ではない。マスターフィルムの保存状態の差か、オーサリングにかける労力の差か、なんにせよソフト化にあたってこのレベルを実現したスタッフの熱意には最大限の賛辞を送りたい。
記憶の中の映像と比較して意外?だったのが、かなりディティール志向の作品だったということ。時として実写かと思わんばかりの背景美術をはじめ、男爵のクローズアップ、雫の脳内映像など、素晴らしい精緻さと繊細さに目を見張る。攻殻機動隊の偏執的ディティール志向とはまた路線が違う視覚の御馳走である。
とりあえず把握できた分でデジタル撮影のカットが2つあったが、この後もののけ姫でジブリにおけるデジタル活用が本格的に始まると思うと色々と感慨深い。この辺の質感をきちんと見分けられるのもBDならではというもの。
正直なところ、アニメ作品のBD化に当たり、自らにこのレベルを課すのはディズニーだけだと思っていた。しかしジブリもその域に到っているんじゃないかと思い始めてきた。ナウシカではちょいと首をかしげたが、ラピュタで見事に軌道修正し、アリエッティで高品位を見せつけ、耳をすませばでBD化にかける情熱を証明してみせた。
ジブリ作品のBDは決して安くはない。しかし、それだけの価値はある。
見どころ:
丘からの景色
男爵

音質について。
ステレオと5.1chを収録しており、視聴したのは5.1ch。
5.1chと言っても、サラウンドを活用しているのは冒頭のカントリーロードのみ。それ以外は基本的にアンビエンスとしての活用と考えていい。
爆発も炸裂もしない作品なので、必然的に音響は日常の機微を伝えるものが中心となり、BGMとダイアローグが肝となる。
サラウンドとまではいかないが、BGMも含めて基本的な音響はステレオ環境をきちんと駆使した満足度の高いもので、物語中盤で演奏されるカントリーロードもすこぶる良好。
ダイアローグに関しては、声のハリが少々強めな気がするが、ナウシカの時ほど露骨かつ不自然でもなく、明瞭さという点で個人的には好印象。
聴きどころ:
カントリーロード



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』

鴉とは何だったのか…… モノノ怪に出てくる素敵謎漢字の初出は鴉なんだよ! 鴉も愛して!

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のサーバーを考える

理想のサーバーとは?  前回の記事から約1年半が経ち、いわゆる「オーディオ用サーバー」が本

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑