*

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!!

という怒号が飛び交うSF超大作、スターシップ・トゥルーパーズを第五回は取り上げます。
発売日から二日も経ってしまいましたが、恐らくどこよりも早い(?)わりと真面目な評価になると思います。ちなみに9月26日発売の『300』に関しては即日視聴記をアップするつもりなので乞うご期待。それまでに何か一本視聴記を書ければと思います。

はてさて、津波の如く襲い来るバグズの大軍団やら、飛びまくる足やら腕やら首やら内臓やら、何かと見所の多いこの大好きな映画はBDでどれほどのクオリティになって帰ってきたのでしょうか。

ちなみにこの映画が製作されたのは1997年です。もう10年にもなるんですね。


画質:7 音質:8


映像コーデックはVC-1でビットレートは10台から30台後半まで完全に不定です。
音声はリニアPCMでビットレートは4.6Mbps。標準的なリニアPCMです。また、ブエナビスタらしく収録音声がかなり充実しており、日本語吹き替え音声もリニアPCMでの収録になっています。ブエナビスタはキング・アーサー以降のソフトでは日本語英語ともにリニアPCMで収録しているようです。

画質は流石に新しい映画ではないので、やはりそれなりです。結構な高画質なのですが、場面によっては硫黄島からの手紙でも見られたノイズが大量に発生することがあります。超絶画質の海賊を出しているブエナビスタにしてはちょっとらしくないですね、オーサリングスタジオの違いでしょうか。(ソニーPCLとPHLは既にAVCに移行しているので、ワーナーに多いVC-1を採用しているオーサリングスタジオが別にあるのでしょう。それがどこなのか私は知りませんが)
とはいえやはりBD、DVDとは格が違います。DVD版はかなり前にリリースされたもので、当然のように画質は相当酷いものですが、BD版ではバグズの種族による体の質感の違いやら、連中が吐き出す火に尻から発射するプラズマキャノンの輝きやら、多数登場する軍服・防護服の微妙な色合いの差やらでDVDとは一線を画すものがあります。死屍累々の凄惨さも倍増。製作年を考えれば妥当な画質と言えるでしょう。

音質は一言で言えば“流石リニアPCM”に尽きます。心震える劇中音楽も素晴らしい音で響きます。
が、改めて視聴してみると以外に音響効果という点ではパッとせず、銃声の迫力もあまりありません。しかしバグズの咆哮の凄まじさがそれを補って余りあるので、初めからそういう作りなのでしょう。子供が見たら泣きます。




おまけ

実は2も作られてます。糞映画ですが。
実は3を作ってるそうです。同じ監督、同じ主演で。リコ隊長と彼の愚連隊の勇姿をもう一度拝みたいものです。

「全員で戦う、決して逃げるな。それが出来ないヤツは俺が撃ち殺す。ビビるな、命をくれてやれ!」



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの  前回の続き。  音楽の海の中でもひときわ巨大

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serv

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑