*

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!!

という怒号が飛び交うSF超大作、スターシップ・トゥルーパーズを第五回は取り上げます。
発売日から二日も経ってしまいましたが、恐らくどこよりも早い(?)わりと真面目な評価になると思います。ちなみに9月26日発売の『300』に関しては即日視聴記をアップするつもりなので乞うご期待。それまでに何か一本視聴記を書ければと思います。

はてさて、津波の如く襲い来るバグズの大軍団やら、飛びまくる足やら腕やら首やら内臓やら、何かと見所の多いこの大好きな映画はBDでどれほどのクオリティになって帰ってきたのでしょうか。

ちなみにこの映画が製作されたのは1997年です。もう10年にもなるんですね。


画質:7 音質:8


映像コーデックはVC-1でビットレートは10台から30台後半まで完全に不定です。
音声はリニアPCMでビットレートは4.6Mbps。標準的なリニアPCMです。また、ブエナビスタらしく収録音声がかなり充実しており、日本語吹き替え音声もリニアPCMでの収録になっています。ブエナビスタはキング・アーサー以降のソフトでは日本語英語ともにリニアPCMで収録しているようです。

画質は流石に新しい映画ではないので、やはりそれなりです。結構な高画質なのですが、場面によっては硫黄島からの手紙でも見られたノイズが大量に発生することがあります。超絶画質の海賊を出しているブエナビスタにしてはちょっとらしくないですね、オーサリングスタジオの違いでしょうか。(ソニーPCLとPHLは既にAVCに移行しているので、ワーナーに多いVC-1を採用しているオーサリングスタジオが別にあるのでしょう。それがどこなのか私は知りませんが)
とはいえやはりBD、DVDとは格が違います。DVD版はかなり前にリリースされたもので、当然のように画質は相当酷いものですが、BD版ではバグズの種族による体の質感の違いやら、連中が吐き出す火に尻から発射するプラズマキャノンの輝きやら、多数登場する軍服・防護服の微妙な色合いの差やらでDVDとは一線を画すものがあります。死屍累々の凄惨さも倍増。製作年を考えれば妥当な画質と言えるでしょう。

音質は一言で言えば“流石リニアPCM”に尽きます。心震える劇中音楽も素晴らしい音で響きます。
が、改めて視聴してみると以外に音響効果という点ではパッとせず、銃声の迫力もあまりありません。しかしバグズの咆哮の凄まじさがそれを補って余りあるので、初めからそういう作りなのでしょう。子供が見たら泣きます。




おまけ

実は2も作られてます。糞映画ですが。
実は3を作ってるそうです。同じ監督、同じ主演で。リコ隊長と彼の愚連隊の勇姿をもう一度拝みたいものです。

「全員で戦う、決して逃げるな。それが出来ないヤツは俺が撃ち殺す。ビビるな、命をくれてやれ!」



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

米Stereophile誌でのRoonの評価

Stereophile's Products of 2015 Editors' Choices of

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

Playback Designs Syrah Server

 Roonが絡まない製品としては久々の、日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリの重要性 【ネットワークオーディオTips】

 先の記事で、ネットワークオーディオの本質は『コントロール』にあり、スマホやタブレットの登場が、音楽

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑