*

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 デジタル撮影の今風の画。
 鮮鋭感があり、しっかり色が乗って、ダイナミックレンジも広い。安っぽさを感じない気合いの入ったVFXも相当な情報量を見せ付けてくる。
 取り立てて凄い画や特色あるを見せてくれるわけではないものの、画質的には終始安定している。
 津波の後、押し流された瓦礫で街が埋め尽くされる様は見ていてぞっとしないが、本作の映像の情報量を象徴するシーンでもある。

○見どころ
 瓦礫


○音質
 北米盤はDolby Atmos収録なのに日本盤はDTS-HD Master Audio 7.1chという謎。ま、それはいい。
 とにかくサブウーファーがしっちゃかめっちゃかに咆えまくる。地震でドドド、建物の倒壊でゴゴゴ、津波でズドド。それに全チャンネルが吐き出す破壊音が合わさって凄まじい威力を叩き出す緻密な構築美よりもとにかくパワーでごり押す音響である。マルチチャンネルの滅多打ちな活用も実に楽しい。
 内容的にも映像的にも音響的にも『2012』を彷彿とさせる凄まじさ。ただし威力だけなら申し分ないもののバリエーションの豊富さや面白味で劣り、11点越えを出すには至らなかった。ちなみに『2012』はレビューをしていないが、音質評価を付けるとすれば12くらいかな。
 主人公がヘリの操縦士ということもあってかなりの頻度でヘリが飛び交い、特に冒頭の救助シーンなど、アトモスで聴くのなら相応に面白くなりそうな場面も多くあった。逆に、DTS-HD Master Audio 7.1chで普通に聴いているぶんにはさほど上下方向の情報量で特筆すべきものはなかった。

○聴きどころ
 地震


○総評
 良くも悪くも「スケールの小さくなった2012」という感じ。ある意味では災害が現実的な規模に収まっているため、より真剣な心持ちで見ることになる。津波のシーンはなかなか……
 画も音もハイレベルでまとまっており隙はない。特に音質面では、雰囲気作りに留まらず「猛烈に音に効く」レベルでサブウーファーが活躍するため、サブウーファーの意義がわかりやすいソフトと言える。
 ちなみに本作はUHD BD化されている。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

WaversaSystems WSmartHub

WaversaSystems WSmartHub オリオスペックとzionote、超低ノイズ設

記事を読む

【音響の火花】 鴉-KARAS-

 と、いうわけで【音響の火花】を始めようと思う。第1回なので、どう書くべきか、どんなデータが必要かも

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第135回『X-MEN 2』

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑