*

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 デジタル撮影の今風の画。
 鮮鋭感があり、しっかり色が乗って、ダイナミックレンジも広い。安っぽさを感じない気合いの入ったVFXも相当な情報量を見せ付けてくる。
 取り立てて凄い画や特色あるを見せてくれるわけではないものの、画質的には終始安定している。
 津波の後、押し流された瓦礫で街が埋め尽くされる様は見ていてぞっとしないが、本作の映像の情報量を象徴するシーンでもある。

○見どころ
 瓦礫


○音質
 北米盤はDolby Atmos収録なのに日本盤はDTS-HD Master Audio 7.1chという謎。ま、それはいい。
 とにかくサブウーファーがしっちゃかめっちゃかに咆えまくる。地震でドドド、建物の倒壊でゴゴゴ、津波でズドド。それに全チャンネルが吐き出す破壊音が合わさって凄まじい威力を叩き出す緻密な構築美よりもとにかくパワーでごり押す音響である。マルチチャンネルの滅多打ちな活用も実に楽しい。
 内容的にも映像的にも音響的にも『2012』を彷彿とさせる凄まじさ。ただし威力だけなら申し分ないもののバリエーションの豊富さや面白味で劣り、11点越えを出すには至らなかった。ちなみに『2012』はレビューをしていないが、音質評価を付けるとすれば12くらいかな。
 主人公がヘリの操縦士ということもあってかなりの頻度でヘリが飛び交い、特に冒頭の救助シーンなど、アトモスで聴くのなら相応に面白くなりそうな場面も多くあった。逆に、DTS-HD Master Audio 7.1chで普通に聴いているぶんにはさほど上下方向の情報量で特筆すべきものはなかった。

○聴きどころ
 地震


○総評
 良くも悪くも「スケールの小さくなった2012」という感じ。ある意味では災害が現実的な規模に収まっているため、より真剣な心持ちで見ることになる。津波のシーンはなかなか……
 画も音もハイレベルでまとまっており隙はない。特に音質面では、雰囲気作りに留まらず「猛烈に音に効く」レベルでサブウーファーが活躍するため、サブウーファーの意義がわかりやすいソフトと言える。
 ちなみに本作はUHD BD化されている。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

LUMIN T1 音質編

 まずT1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD 2

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

【BDレビュー】第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤 【Dolby Atmos導入記】

GOWが映画化するならクレイトスさん役はドウェイン・ジョンソンかな? 画質:11 音

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 NASをサーバーとして使う/Twonky

 TwonkyはPCでも動く。コレ重要。  さて、Twonkyが入っているNASとして間違いな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑