*

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

怪奇蜘蛛男
   VS.
豪力蛸博士


二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんなもんでしょ。


画質:10+→11 音質:10


映像はAVCでビットレートは千変万化。
音声はドルビーTUREHDでビットレートは3.0Mbps前後。平均すれば一作目の2倍になってます。

画質について。


圧巻!

以上!!


っつって終わるわけには流石にいかんのですが、とにかく圧巻でした。
海賊2がファンタジーな世界における超絶画質を実現したというなら、蜘蛛男2はNYという現実世界における超絶画質を実現しました。前作でもその片鱗を見せていたその超絶的な画質がほぼ全編に渡って持続し、前作では僅かに気になっていたノイズも綺麗さっぱり、純粋な画作りとしてのフィルムグレインだけがあります。発色はさらに鮮やかになり、スパイダーマンの鮮烈なスーツの色なども前作の非ではありません。基本的に画作りの傾向は前作と共通で、前作では僅かに気になっていた部分も含めてさらなる進化を遂げています。そもそも、最初のコロンビアのロゴの時点で「アッ、これはキタ!」と確信できたくらいです。
前作では“見たことの無い”画作りと書きましたが、それから色々考えまして、ひょっとしてこれは“アメコミを実写にしたら?”という問いに対する一つの答えなのではないでしょうか。300では粒状感たっぷりのゴリゴリとした映像にその答えを見出しましたが、蜘蛛男においては色は力強く鮮やかに、輪郭はくっきりと浮き立たせて立体感を出すということに答えを見出したと。
それにしても、嗚呼嬉しい、前々から言っていた危機が現実のものになりました。今までの画質評価の基準で見ていたのでは10点満点じゃ到底足りなくなりました。蜘蛛男3とかどうなることやら。

☆テレビ買い替え後。
ますますキリッと色鮮やか。
個人的にはこーゆー方向性の方が好み。


音質について。
一作目に続きドルビーTRUEHDでの収録となります。前作に比べてビットレートは約2倍になり、音質も比例して上がりました。これなら10を出せます。
前作の音響は意外と地味と書きましたが、二作目に関しては派手派手です。聴いていて気分爽快です。
それにしても、ドルビーとDTSは果たしてBDにとって必要なのか? と思ってましたが、今回のビットレートの高いドルビーTRUEHDの音質を考えるに、『容量を節約できる! 便利!』とかセコいこと言ってないで、『リニアPCM以上にビットレートを割いてさらなる高音質を実現できる!』という方向になればいいのではないでしょうか。BDの容量なら十分可能です。171分のキングダムオブヘブンがMPEG-2のハイビットレートで全部入り、さらに英語日本語の両方がDTS-HDマスターオーディオで入るくらいですから。

遂に総合評価でカジノロワイアルを越えるソフトが出ました。
後に控える蜘蛛男3、一体どれだけのものか……




おまけ

蜘蛛男BDBOXのオマケは超充実してます。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

SFORZATO will be RoonReady!

スフォルツァート ■ 5/5 - 5/8 ドイツ ミュンヘンで行われるHIGH END 201

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第170回『エイリアンVS.プレデター2』

画質:9 音質:11 映像はAVC、音声はDTS-HDMA 画質について。 凄まじ

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Hello Troll

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Hello Troll

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第38回『ダニー・ザ・ドッグ』

画質:11 音質:10 映像はAVCで30Mbpsを基準に上下。基本的にビットレートはかな

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

【BDレビュー】第331回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

画質:10 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑