*

【BDレビュー】 第160回『アバター』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15☆ Magnificent 音質:9


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
アバターを見ている最中は、「ああ綺麗だな」で終わる。
アバターを見た後、トランスフォーマーリベンジとか慰めの報酬を見ると「やっぱり綺麗だな」と思う。
その後で改めてアバターを見ると、
「!?」
となる。
何かが決定的に違う。
この作品の画質は本質的に従来の実写作品とは決定的に異質である。
もはやアバターを実写映画と呼ぶことは不可能だろうし、アバターという作品自体がそう呼ばれることを放棄しているようにも思う。そして現実世界の切り取りと再構築をやめたことによって、画質面でも新たな領域へと足を踏み入れた。
実写作品として現実世界に依拠する必要はもはや無く、想像力と創造性の赴くままいくらでも“美しいもの”を生み出せる。この手の映像が表現として実写作品を越えるかどうかはさておき、少なくとも画質においては完全に凌駕していると言わざるを得ない。WALL.Eのような漫画的表現の作品ではなく、あくまで等身大(巨人ではあるけれども)の人型生命体の目線で作られた映像だけになおさら、真に迫る。
通常3DのCGIを実写に入れ込む際には実写部分との整合性を図るために何かしらの処理をしているはずだが、アバターではそんなプロセスが存在しないがために、超高解像度で作った超ハイポリゴンの3Dモデルが超高精細な背景の中を自由自在に動き回るという、ある意味CGI本来の魅力をストレートに表現できているとも言えよう。
WALL.Eの画質を「さわれそう」と表現するなら、アバターのそれは「そこにいる」とでも言うべきか。アバター症候群なんてものが生じても仕方が無いのかもしれない。
現実世界を超えるリアリティーの表出、未知の実体感。
この作品の画質を語る上で、私の語彙はあまりにも足りない。
神々の間に人知れず歩み入り、静かにその玉座へ。
ところで、何故かテレビに映すよりもプロジェクターで映す方が精細感の点でも良かった。普通は逆なのに。

音質について。
新たな天地開闢とも言うべき画質に比べれば、音質はそれほどでもない。
超大作にふさわしい練りこまれた音響ではあるものの、映像のテンションには到底追いついていない。起こっている事象に対して全体的に音が軽くて鈍くて威力が無い。はっちゃけ方が足りない。お行儀が良すぎる。
音響設計としては近作の水準値を軽く上回る出来ではあるものの、音そのものに魅力がそれほど感じられないのは残念すぎる。
まあ、更に更に大音量でもって迫力が出るようなデザインの気もするし、うちの機材がしょぼいだけの可能性もある。
ちなみにアバターの音響を作ったスタジオではディナウディオのモニタースピーカーを使っている模様。

画質評価で15↑を付けようにも、音質でも15↑を付けられるようなソフトが無いと評価のバランスが悪いということで自粛していたが、晴れてプライベート・ライアンという王者が帰還したことにより音質でも15↑が進呈され、アバターの視聴記を書くことが出来た次第。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

UHD BDを買った

 UHD BDプレーヤーどころか4Kディスプレイもないけどな!  記念すべき初UHD BDはな

記事を読む

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』

鴉とは何だったのか…… モノノ怪に出てくる素敵謎漢字の初出は鴉なんだよ! 鴉も愛して!

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【UHD BDレビュー】第26回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 米国盤 【Dolby Atmos】

 ディズニーは日本でUHD BDを売るつもりはないのか……? 画質:8(HDR10

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑