*

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Atmos(視聴はドルビーTRUEHD 7.1ch)


○画質
 狙ってやっているのだろうが、なんとも古さを感じる画で、グレインは強め、白は飛び気味、黒は潰れ気味。
 もっとも撮影自体はデジタルなので、要所要所でダイナミックレンジと精細感に優れた今風の画も飛び出す。作品全体で60年代の諸々のデザインやファッションを追求しているようで、その手のアイテムをクローズアップするようなシーンでは画が俄然いきいきとする。アクセサリーとかそういう。
 極めて高画質とは言えないまでも、総じて解像感や情報量は優秀。

○見どころ
 小物類の描写


○音質
 劇伴は全般的に派手なマルチチャンネル・ミックスがされており、サブウーファー含めてしっちゃかめっちゃかに鳴る。
 一方で効果音は及第点的なサラウンド感は感じられるものの、特段の工夫は感じられない。あと、肝心のアクションシーンがなんというか気取った演出で流れていってしまい、それに伴って真剣な音が付いていない印象を受ける。ミサイルよりもカーチェイスよりも室内運動(意味深)の音の方が耳に残るというアレ。どすんどすん。
 効果音による音響構築よりも音楽による雰囲気づくりに注力されているように感じる。アレか、アクション映画じゃなくてオサレ映画なのか。
 これをアトモスで聴いても……どうだろう。

○聴きどころ
 レスリング(意味深)


○総評
 主演のヘンリー・カヴィルはスーパーマンのイメージが強すぎて、作中の配役的には肉弾戦よりも頭脳戦を得意としているにも関わらず、「コイツ絶対もっと強いよな……」と終始思ってしまった。
 作品としては全体的に顔見せというかエピソードゼロのような話だったので、多分に続編を意識していそう。
 BDは順当な高品質で、特に気になるところはない。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
EPSON EH-LS10000
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

 タグとは何か。  タグとはなぜ重要か。  タグに関するありがちな誤解とは。  三回連続で

記事を読む

【レビュー】ECLIPSE TD316SWMK2

 ECLIPSE TD316SWMK2以外の単体サブウーファーを使ったことがないので、相対的な評価は

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑