*

【BDレビュー】 第114回『ティンカーベル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:10


映像はAVC、ビットレートは30Mbps前後で推移。
音声はリニアPCMの24bit。

画質について。
パーフェクト。
ケチのつけどころがまったく存在しない。
フルCG作品ゆえの極限の解像感と夢のように目映い色彩。
驚くほど緻密に描かれる各オブジェクトのディティールもくっきりはっきり浮かび上がり、ノイズもマッハバンドも皆無。とにもかくにも官能的な美しさが先行し、ノイズの類を気にする気にすらならないので、ひょっとしたらあるのかも。とはいえ画質評価11点以上については官能領域での評価と勝手に位置づけているので問題なし。
さて、個人的には、映像における最大の見どころは妖精が飛んだ時に出る燐粉や妖精の粉など、輝く粒子にあるように思う。ドット数個分という極小領域にありながら一粒一粒が埋もれることなく輝きを放ち渦を巻いて流れ、眼に光の軌跡を描く。BDあっぱれ、これこそ私がよく使うところの“DVDに対してオーバースペックな映像”だ。
同じフルCG作品としてクローン戦争があるが、その二歩も三歩も先を行く映像の品位。この手の映像作品のソフトとしてある種の完成形と見てよいと思う。
この作品に関して言えば、「ディレクターモードで何も作為を加えずに見るべき」などという高尚(笑)な見方をするべきではない。表示機器が破綻を起こさない目一杯まで鮮やかにして見るべきである。
なぜなら、これは現実世界ではない。妖精郷である。

音質について。
残念ながら? 妖精郷に鉄砲は無いし、爆弾は無いし、高速で移動する大質量の物体も無いし、剣劇も無ければ化け物との死闘もない。もちろん血も出ない。
妖精たちの日常を彩るのはあくまで明るく、陽気で、まぬけな効果音とアイリッシュ? ケルティック?な楽曲の数々。
サラウンド・マルチチャンネルの効果もきちんと活かせているし。効果音一つ一つもしっかりと存在を主張している。もちろんどんぱち映画に見られるような派手さはないものの、非常に丁寧にサウンドデザインがなされたことを感じられる。歌が入る際もフロント2chだけを使って流すような陳腐なものではなく、きちんとマルチチャンネルを駆使したミックスがなされている。センター(声)が少々強すぎるのはうちの設定の問題か。
画質同様、音響もまたひとつの穏やかな完成形を見せる。残念ながら私はどんぱち音響のほうが好きなんで11点以上はつかないけどな!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベロではない。 星座名の

記事を読む

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。  笑って見てもらえると嬉しい。  ちなみにこの記事に

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。 Try O

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

【BDレビュー】第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤

第101回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤 画質:7 音

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑