*

【BDレビュー】 第114回『ティンカーベル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:10


映像はAVC、ビットレートは30Mbps前後で推移。
音声はリニアPCMの24bit。

画質について。
パーフェクト。
ケチのつけどころがまったく存在しない。
フルCG作品ゆえの極限の解像感と夢のように目映い色彩。
驚くほど緻密に描かれる各オブジェクトのディティールもくっきりはっきり浮かび上がり、ノイズもマッハバンドも皆無。とにもかくにも官能的な美しさが先行し、ノイズの類を気にする気にすらならないので、ひょっとしたらあるのかも。とはいえ画質評価11点以上については官能領域での評価と勝手に位置づけているので問題なし。
さて、個人的には、映像における最大の見どころは妖精が飛んだ時に出る燐粉や妖精の粉など、輝く粒子にあるように思う。ドット数個分という極小領域にありながら一粒一粒が埋もれることなく輝きを放ち渦を巻いて流れ、眼に光の軌跡を描く。BDあっぱれ、これこそ私がよく使うところの“DVDに対してオーバースペックな映像”だ。
同じフルCG作品としてクローン戦争があるが、その二歩も三歩も先を行く映像の品位。この手の映像作品のソフトとしてある種の完成形と見てよいと思う。
この作品に関して言えば、「ディレクターモードで何も作為を加えずに見るべき」などという高尚(笑)な見方をするべきではない。表示機器が破綻を起こさない目一杯まで鮮やかにして見るべきである。
なぜなら、これは現実世界ではない。妖精郷である。

音質について。
残念ながら? 妖精郷に鉄砲は無いし、爆弾は無いし、高速で移動する大質量の物体も無いし、剣劇も無ければ化け物との死闘もない。もちろん血も出ない。
妖精たちの日常を彩るのはあくまで明るく、陽気で、まぬけな効果音とアイリッシュ? ケルティック?な楽曲の数々。
サラウンド・マルチチャンネルの効果もきちんと活かせているし。効果音一つ一つもしっかりと存在を主張している。もちろんどんぱち映画に見られるような派手さはないものの、非常に丁寧にサウンドデザインがなされたことを感じられる。歌が入る際もフロント2chだけを使って流すような陳腐なものではなく、きちんとマルチチャンネルを駆使したミックスがなされている。センター(声)が少々強すぎるのはうちの設定の問題か。
画質同様、音響もまたひとつの穏やかな完成形を見せる。残念ながら私はどんぱち音響のほうが好きなんで11点以上はつかないけどな!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

Nmode X-PM100 続報!

X-PM100 進捗状況 - Nmodeの部屋  画像は公式ブログより拝借。  

記事を読む

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方

※2016/06/25追記※ Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病 ※

記事を読む

【BDレビュー】第329回『MAMA』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:9 音質:10 (評価の詳

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MinimServer 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『MinimServer』 ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑