*

【BDレビュー】 第114回『ティンカーベル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:10


映像はAVC、ビットレートは30Mbps前後で推移。
音声はリニアPCMの24bit。

画質について。
パーフェクト。
ケチのつけどころがまったく存在しない。
フルCG作品ゆえの極限の解像感と夢のように目映い色彩。
驚くほど緻密に描かれる各オブジェクトのディティールもくっきりはっきり浮かび上がり、ノイズもマッハバンドも皆無。とにもかくにも官能的な美しさが先行し、ノイズの類を気にする気にすらならないので、ひょっとしたらあるのかも。とはいえ画質評価11点以上については官能領域での評価と勝手に位置づけているので問題なし。
さて、個人的には、映像における最大の見どころは妖精が飛んだ時に出る燐粉や妖精の粉など、輝く粒子にあるように思う。ドット数個分という極小領域にありながら一粒一粒が埋もれることなく輝きを放ち渦を巻いて流れ、眼に光の軌跡を描く。BDあっぱれ、これこそ私がよく使うところの“DVDに対してオーバースペックな映像”だ。
同じフルCG作品としてクローン戦争があるが、その二歩も三歩も先を行く映像の品位。この手の映像作品のソフトとしてある種の完成形と見てよいと思う。
この作品に関して言えば、「ディレクターモードで何も作為を加えずに見るべき」などという高尚(笑)な見方をするべきではない。表示機器が破綻を起こさない目一杯まで鮮やかにして見るべきである。
なぜなら、これは現実世界ではない。妖精郷である。

音質について。
残念ながら? 妖精郷に鉄砲は無いし、爆弾は無いし、高速で移動する大質量の物体も無いし、剣劇も無ければ化け物との死闘もない。もちろん血も出ない。
妖精たちの日常を彩るのはあくまで明るく、陽気で、まぬけな効果音とアイリッシュ? ケルティック?な楽曲の数々。
サラウンド・マルチチャンネルの効果もきちんと活かせているし。効果音一つ一つもしっかりと存在を主張している。もちろんどんぱち映画に見られるような派手さはないものの、非常に丁寧にサウンドデザインがなされたことを感じられる。歌が入る際もフロント2chだけを使って流すような陳腐なものではなく、きちんとマルチチャンネルを駆使したミックスがなされている。センター(声)が少々強すぎるのはうちの設定の問題か。
画質同様、音響もまたひとつの穏やかな完成形を見せる。残念ながら私はどんぱち音響のほうが好きなんで11点以上はつかないけどな!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第38回『ダニー・ザ・ドッグ』

画質:11 音質:10 映像はAVCで30Mbpsを基準に上下。基本的にビットレートはかな

記事を読む

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

続・WAVとFLACで音は変わるか?

 前回の記事に寄せられたコメントから、以下の三つの問いを得た。 ①WAVから取り込んでFL

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです ●イントロダクション 『So

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第69回『ブレードランナー』

画質・実写場面:7 特撮:10☆ 音質:10 映像はVC-1でビットレートは10台後半が中

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

R.I.P.……  シーズン1の終盤から引き続き、シーズン2の主役は明らかにブレイク=サン

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑