*

【BDレビュー】第250回『おおかみこどもの雨と雪』

公開日: : 最終更新日:2017/07/05 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:14
音質:9


映像:AVC
音声:リニアPCM 5.1ch 24bit


○画質
 『時をかける少女』もそうだし、『サマーウォーズ』もそうだが、細田監督のアニメ作品のキャラは、作画において基本的に影がない。『獣兵衛忍風帖』とか『バンパイアハンターD』とかとは大違いである。また、妙に凝ったグラデーションやらテクスチャの類もない。その結果、デジタル制作のアニメで宿命的にありがちなバンディングは、本作においては皆無に等しい。あとはもう最初からHDで作っている高品位な映像があるわけで、必然的に評点はうなぎのぼりである。
 少々画面に変わり映えが少なかった前作とは異なり、本作の画は実に変化に富んでいる。殆ど緑の介在しない東京から、どこだか分からない田舎の山里、さらにはその山に突っ込んでいき、「もののけ姫かよ!」と一瞬思ったほどの緑の描写まで、次から次へと画面を彩る。
 極端に鮮やかな映像ではなく、思い起こすのはジブリ的な繊細さ。作中で幾度か挿入される夏の入道雲なんかはまさにそれ。
 映像的なハイライトは作中に二度ほど用意されている、“主観視点で突っ走っていく”シーン。音響におけるハイライトでもあり、心が躍った。
 ただし一点、雨のシーンの雨(誤植ではない)のシャツに、妙にノイズが出ていたカットが二つほどあった。別に大したことではないが、15点でないのはそれが理由である。

○見どころ
 吹き散らした雪に陽が当たって煌めくシーン
 稜線を駆け抜けた果てに見た泉の青


○音質
 いわゆるアクション映画ではないので、血沸き肉踊るドンパチは端から期待してはいけない。
 とはいうものの、静寂の使い方が非常に上手なこともあり、作品全体を通しての音響的なダイナミクスは大いに感じられる。都会の雑踏や雨の音など、マルチチャンネルの活用でも手を抜いている感はない。音楽も要所要所で大いに盛り上がる。
 ダイアローグはかなりくっきりと聴こえてくるが、刺さる感じもなく好印象。
 上でも書いたが、音響的ハイライトも主観視点で突っ走っていくシーン。主観視点になると、映像の展開と音の展開が完全に視聴者の感覚と一致するので、上手に作り込めばとてつもない没入感と臨場感が得られる。というわけで、話は変わるがFPSをやる人はぜひともサラウンドシステムを導入してほしい。
 声優陣の演技に耳を傾けて、しっかりと力の入った音響をじっくりと味わうべし。

○聴きどころ
 狼の視点で雪道/尾根を駆ける
 雨上がりの遠吠え


○総評
 監督の前作は個人的にあまり響かなかったのだが、本作は大当たりだった。
 作品としてはもちろん、BDとしてシビアにクオリティを見ても、画質・音質ともに申し分ない。
 決して安い買い物ではないが、ライブラリに加えるだけの価値は大いにある。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52




 祝・BDレビュー250回。
 足かけ6年と7か月。
 ここのところネットワークオーディオ関連記事に時間を割いていたのと、特に最近になって著しく時間が無くなったこともあってBDレビューはあまり書かなくなっていた。
 4Kが音を立てて立ち上がりつつある昨今、今までのレビューの蓄積はHD時代の決算という点で意味があるはず。手を抜かずに書いていくことにしよう。

 そして、どんな形になるにせよ、【BDの次】が楽しみでならない。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第152回『ファイトクラブ』

画質:10 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】芸能山城組 / 交響組曲 AKIRA

AKIRAのハイレゾ ・アーティスト / アルバムタイトル 芸能山城組 / 交響組曲

記事を読む

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』  システムの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。 新海作品が次世代ディス

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第104回『ノーカントリー』

画質:9 音質:13 映像はAVCでビットレートは基本的に30台を推移。 音声はリニアP

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serv

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ボスケテ より:

    250回おめでとうございます。
    そしてお疲れ様です。
    私はイノセンス(無印)からROMらせてもらっていますが、早いものですね。

    4kは逆木さんのバンダイビジュアルに対してのコメントを見てから検討しますw

    • sakakihajime より:

      ボスケテさん
      早いもんです。

      バンダイビジュアルはどうなんでしょうね。
      HDとか4Kとか言う以前の問題だと思いますけど、色々と。
      デジタル制作になった以上、「オリジナル以上に綺麗になりようがない」という現実が襲い掛かってくるわけで、現状では「アニメの4Kソフト」というのは厳しい気がします。HDで作っているのならそもそも4Kで出す意味がない。ただでさえ、そもそもがSD製作の作品をアプコンしてBD化、なんて商法がまかり通る現状に辟易しているというのに。
      フィルム製作の作品ならまだ可能性はあります。それこそ、ディズニーの旧作が4K化されてソフト化されるならまた買うでしょう。
      しかし、スキャンやゴミ除去すら満足に出来ない・手を抜き続けてきたバンダイビジュアルが「新4Kマスターで高画質!」とか言ったところで、ねぇ。彼らの言う「高画質」はとてつもなくレベルが低いってことは、BDの7年間で散々思い知らされましたので。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑