*

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

スーパーマンって人(型宇宙人)を殴っていいんだ……


画質:12 音質:13


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの7.1ch

画質について。
ザック・スナイダーの画。
300の画やウォッチメンの画を彷彿とさせる、焼け付くような熱さと切れるような鋭利さを併せ持つ、硬質にして重厚な画。ただし、それらよりもかなり明るく、健康的な画である。
クラーク・ケントの健やかな成長を描くためには、さすがにウォッチメンのような毒々しい画では相応しくなかったのだろう。エンジェル・ウォーズ? そんなものは知らん。
情報量みなぎる、というよりはトータルの完成度に優れており、画をポストエフェクトでいじりまくったうえにグレインをしっかり利かせつつもノイジーに転ばない、デジタル時代のフィルム撮影映画の完成形と言えよう。
エフェクトほとばしるSFなシーンよりも、幼少期のアメリカの原風景の方が遥かに絵画的であり、印象に残る。
マン・オブ・スティールもそうだが、4K時代を間近に控え、撮影機材からオーサリングまで、一連の工程が高品位なBDを作るうえで十分すぎるほどに成熟したように思う。
見どころ:
幼少期の原風景
メトロポリス大破壊

音質について。
しょっぱなから重く、激しく、朗々と鳴り響くBGMが鮮烈な印象を残す。効果音も重厚なBGMに負けじと轟々と咆え猛るうえ、7.1chも十全に駆使して空間表現も実に達者。総じてパワフル、かつ非常によく出来た映画音響を満喫できる。
最近レビューして最高評点を付けたパシフィック・リムに勝るとも劣らない素晴らしい音で、“シューテムアップ映画ではないアクション映画”の音はかくあるべきという理想を聴かせてくれる。
全編通して爆発、爆発、大爆発。A-10による爆撃から重力兵器による高層ビル群の圧壊、なんだかよくわからないエネルギーの炸裂まで、とにかくこれでもかと爆発する。とりあえず爆発する。楽しすぎる。
ただ、これらの爆砕に加え、人智を越えた人型同士の殴り合いを加えてもなお、サウンドの主役はあくまで劇伴にある。
この映画における音響的ハイライトは、意外にも数多くの凄まじい戦闘シーンではなく、ずばり初飛行のシーンである。
血沸き肉踊るとは、きっとこういうものを言うのだろう。
聴きどころ:
初飛行
女副官と大男との大立ち回り
メトロポリスでの死闘



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】プレーヤーがOpenHome対応か否かを確認する方法 ※要注意

【2017/02/01追記】 OpenHomeに対応したプレーヤーでも、Kazooでは操作でき

記事を読む

【レビュー】LUMIN S1

 一週間、時間とやる気の許す限り色々と試してみた。 ○外観・機能 LUMIN S

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ

記事を読む

EPSON EH-LS10000がやってきた

 そのうち帰っていくけど。  それにしてもでかい。  重い。  かっこいい……かどうか

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

Cocktail Audio CA-X50

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑