*

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。
 発売からあまり間を置かずにPS3を手に入れて、初めてBDを再生した時の感動は今でも鮮明に覚えている。
 その時点で既に私はAVという領域の門戸を叩いてはいたが、世にこんな高画質な映像があるものなのかと猛烈に感激した。『ステルス』は今では、というか当時の時点でそれほど高画質なソフトというわけではなかったが、とにかく度肝を抜かれてしまった。PS3購入後は、当時コレクション途上であった『鴉-KARAS-』と『蟲師』と『ノエイン』という例外を除き、DVD不買の誓いを立てるほどに。

 それからというもの、バイトの稼ぎはゲームではなくもっぱらBDに消えるようになった。
 BDは未曾有の高画質で私の目を楽しませてくれた。オーディオ・ビジュアルという趣味に目覚めて善かったと心から思った。

 視聴したBDが10本を越え、20本を越え、30本を越え……という中で、私はBDの中にも、明らかな画質差・音質差があることに気が付いた。DVDとは次元の異なる高画質なソフトもあれば、“何かおかしい”と感じるようなソフトもあった。最初期の時点で、BDにはソフトによって歴然たるクオリティの差があったのである。
 “BDだから高画質”なのではない。BDとは、あくまでDVDより大きなに過ぎない。今思えば至極当たり前の話ではあるが、そのことに早い段階で気付くことが出来て本当によかった。

 2007年当時、私はある問題を感じていた。
 AV業界の中においてさえ、BDがちっとも盛り上がらないのである。それどころか、長年AVに取り組んできた層の中に、「DVDで十分」という空気を感じていた。そういえば、Hなんとかとの争いもあった。懐かしい。
 そして私は、「BDの良さを伝えたい」ということで、畏れ多くも某AVコミュニティでBDのレビューを始めた。百戦錬磨の諸氏が集う場所で、ロクな機材も経験も持たない若造がそんなことを始めたのだから、当時の私はなかなかにロックだったのだろう。そしてそのレビューは紆余曲折を経ながら、今も続いている。

 BDのレビューをすることで“BDの良さを伝える”という目的がどれほど達せられたかは知る由もないが、少なくとも私自身にとっては、とてつもなく大きなプラスとなったことは疑いようがない。BDを買ってきて、ただ漫然と見るのではなく、画質と音質に自分なりの評価軸を設定して、評価し、それを積み上げていくということは、AVの経験値のこのうえない蓄積となった。
 なぜ高画質なのか。そもそも高画質とはどのようなものなのか。
 なぜ高音質なのか。そもそも高音質とはどのようなものなのか。
 点数を付けて発信するという行為に責任を持つため、色々と調べたし、色々と考えた。とにかく勉強になった。画質はBDに“なる前”の時点でほとんど決まっているということを理解した。また、BDの音質にとって極めて重要な役割を果たす、“音響”という評価軸を確立することもできた。

 時が経つにつれ、発売されるBDのクオリティはどんどん向上していった。
 それに引きずられるように、BDの真価をますます発揮させるべく、私の再生環境も次々に更新されていった。
 私のAV遍歴はBDと共にあった。

 BDの本格的な始動から7年以上が経過した現在。
 “HD”という言葉はもはやAVの先端でも何でもなく、4Kは現に製品化され、さらなる高解像度の足音も聞こえつつある。私自身は4Kのソフトが出ない限り4Kの表示機器を買うことはないだろうが、そのソフトの登場も時間の問題だろう。未だに「DVDとどう違うの?」と聞かれることも多いBDだが、既に“最高の画質を実現できるメディア”ではなくなりつつある。


 そんな結節点にある今だからこそ、長らくAVシーンを牽引してきたBDに敬意を表するために、“AV史に残るBD”を10本、私の独断と偏見で選んでみたい。
 BDの画質や音質がどのような軌跡を辿ってきたのかを振り返ることは、そう遠くない将来登場するであろう4Kソフトへの展望を得るうえでも有用となろう。

 なお、“映画史”ではなく、あくまで“AV史”である。問題にされるのは画質と音質である。
 また、ソフトの絶対的な画質音質でもって選出するのではなく、“当時果たした役割の大きさ”を重視する。
 ちなみに、大作映画や、一般に“名画”とされる映画でも、AV的には醜悪と言わざるを得ない品質のBDは多々存在する。よって、「あの名作がついにBD化!」などという売り文句は、商業的には意味があるのかもしれないが、AV的には何の意味もない。いざ蓋を開けてみれば無様な出来映え、そんなケースにだって何度も出会った。
 作品としての価値と、AV的な品質は別物である。実際にレビューを見てもらえばわかると思うが、名画だろうが名作だろうが、私は容赦も遠慮もしない。


 それでは次回、第10位からのスタートである。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第121回『スターウォーズ クローンウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは割と低め、高くても30に届く程度。 音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第35回『沈黙の戦艦』

画質:7 音質:7 映像はVC-1でビットレートは20台前半。 音声はドルビーデジタルの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

PS4 Pro

新型「PS4 Pro」11月10日発売、価格は44,980円!全てのソフトを4K画質&安定した高速フ

記事を読む

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。 Try O

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Michael Jackson / Bad

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Bad ・購入元

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑