*

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

BDrwby3

 Vol.4は10/22放送開始!
 ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……?


画質:7
音質:7
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Digital 5.1ch


○画質
 Vol.2に比べればだいぶマシになった。
 とはいうもののあらゆる局面でジャギーが出まくり、シーンによってまるで解像度が足りていないという問題はなんら解決していない。でもまぁ、だいぶマシになった。
 マッハバンドはそこら中に出ているし、暗部は結構ノイズでざわつく。相変わらず問題は多いが、パリパリカリカリの解像感を維持する時間もだいぶ長くなり、配信では得られない素敵な画を堪能できることも事実である。Vol.2からさらに映像の情報量が増しているため、ディテール面での見応えもそれなりにある。

○見どころ
 シンダーさん全般
 ピュラvsペニー


○音質
 パッケージ裏にはDTS-HD Master Audio 5.1chの表記があるのに実際に収録されているのはDolby Digital 5.1chという詐欺(?)は続行。誰か怒らないのかコレ。
 Vol.1も、Vol.2も、Vol.3も、相変わらずコンプかけまくりのやたらめったらやかましい音である。元気いっぱいに炸裂するのは迫力があるのは素晴らしい。しょぼくれた音しか出さないよりはずっといい。しかし、基本的に音量でメリハリがつかないので音の演出が一辺倒になる。
 時々思い出したかのように、「何故そこで!?」というような場面でサラウンドスピーカーが明快に活用されるなど、申し訳程度にマルチチャンネル・サラウンド感はある。そういう意味では、画と同じく少しずつ音も進化していっているようだ。
 音楽も効果音もそうだが、特にダイアローグに繊細さを欠くのはやはりドルデジの限界だろうか……

○聴きどころ
 ブレイク=サンの腹の虫
 ベルベット無双 – I May Fall


○総評
 なんとも煮え切らない前半の戦闘に、「やはりモンティ抜きでは……」と思っていたところ、後半に向かって見る見るうちに輝きを取り戻していったのには感動した。
 そしてVol.3の主役は紛れもなくピュラだった(´;ω;`)

 BDは……やっぱりファンアイテム以上でも以下でもない。
 でも買う。ファンだから。
 日本語吹き替え版は正直言って興味がないが、そっちのBDのクオリティはどんなもんなのだろう?



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

激突! DELA N1Z vs LUMIN L1

 サーバー同士の音質対決。  一昔前には思いもよらなかった展開だ。  が、サーバーで音が

記事を読む

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製品が「どっちでも使える」と言い

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

言の葉の穴 2015-2016

 全世界数十万の「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑