*

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

BDrwby3

 Vol.4は10/22放送開始!
 ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……?


画質:7
音質:7
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Digital 5.1ch


○画質
 Vol.2に比べればだいぶマシになった。
 とはいうもののあらゆる局面でジャギーが出まくり、シーンによってまるで解像度が足りていないという問題はなんら解決していない。でもまぁ、だいぶマシになった。
 マッハバンドはそこら中に出ているし、暗部は結構ノイズでざわつく。相変わらず問題は多いが、パリパリカリカリの解像感を維持する時間もだいぶ長くなり、配信では得られない素敵な画を堪能できることも事実である。Vol.2からさらに映像の情報量が増しているため、ディテール面での見応えもそれなりにある。

○見どころ
 シンダーさん全般
 ピュラvsペニー


○音質
 パッケージ裏にはDTS-HD Master Audio 5.1chの表記があるのに実際に収録されているのはDolby Digital 5.1chという詐欺(?)は続行。誰か怒らないのかコレ。
 Vol.1も、Vol.2も、Vol.3も、相変わらずコンプかけまくりのやたらめったらやかましい音である。元気いっぱいに炸裂するのは迫力があるのは素晴らしい。しょぼくれた音しか出さないよりはずっといい。しかし、基本的に音量でメリハリがつかないので音の演出が一辺倒になる。
 時々思い出したかのように、「何故そこで!?」というような場面でサラウンドスピーカーが明快に活用されるなど、申し訳程度にマルチチャンネル・サラウンド感はある。そういう意味では、画と同じく少しずつ音も進化していっているようだ。
 音楽も効果音もそうだが、特にダイアローグに繊細さを欠くのはやはりドルデジの限界だろうか……

○聴きどころ
 ブレイク=サンの腹の虫
 ベルベット無双 – I May Fall


○総評
 なんとも煮え切らない前半の戦闘に、「やはりモンティ抜きでは……」と思っていたところ、後半に向かって見る見るうちに輝きを取り戻していったのには感動した。
 そしてVol.3の主役は紛れもなくピュラだった(´;ω;`)

 BDは……やっぱりファンアイテム以上でも以下でもない。
 でも買う。ファンだから。
 日本語吹き替え版は正直言って興味がないが、そっちのBDのクオリティはどんなもんなのだろう?



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / bezel

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / bezel ・購入元 OTOT

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの  前回の続き。  音楽の海の中でもひときわ巨大

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑