*

【BDレビュー】 第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

ちょっとスポックさんスペック高すぎじゃないですかね……


画質:11 音質:10


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの7.1ch
パラマウントはドルビーTRUEHD多いな。

画質について。
重厚、硬質、明瞭、そして強めの粒状感という昨今の大作映画によく見られる画であり、基本的に画質は素晴らしい。
冒頭の赤い森? においても、単なるベタ塗りにならず立体感を上手に表出できている。
しかし、最大瞬間風速は凄いが、全体的にはムラが激しい。
特に実写パートで暗い場面になると酷い。暗部には盛大にノイズが乗り、なかなか見ていて情けない。
ところが(相対的に)明るい場面になると、打って変わってとてつもないキレを見せる。
作品序盤、ある人物を見つめる敵役のあんちゃんのカットはとてつもない高画質で目を見張った。最大瞬間風速だが。
見どころ:
提督に出世したロボコップ
敵役のあんちゃんの顔芸

音質について。
基本に忠実に、盛り上げる所はしっかり盛り上げるBGMと、手を抜かないサウンド・デザインと、じゅうぶんな威力を持った効果音の合わせ技で、しっかり楽しめる映画音響となっている。ダイアローグも非常に情感のこもった再現で、敵役のあんちゃんの怪演は特筆に値する。
また、本作において実体弾はほぼ登場せず、作中の兵器は基本的にビームライフル的なもの。多くの映画で(それこそスターウォーズでさえも)その手の兵器の音が中抜けでしょぼいのに対し、本作のビームはしっかり“中身の詰まった”音がする。プシュンではなくズバン。たったそれだけで、銃撃戦から得られる迫力は段違いだ。宇宙空間で艦船同士の戦闘が多かった前作に比べると、本作は明らかに白兵戦の比率が高くなっている。宇宙戦と白兵戦、それぞれしっかりと作り込まれている。
ただ、非常に高いレベルのサウンドを提供してくれるのだが、この映画でしか味わえないとんでもない音響体験があるかと言われれば、残念ながらそこまでのものはない。
聴きどころ:
敵役のあんちゃんの怪演
ワープ後の粒子感の表現


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ⑤

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリの重要性 【ネットワークオーディオTips】

 先の記事で、ネットワークオーディオの本質は『コントロール』にあり、スマホやタブレットの登場が、音楽

記事を読む

【アプリ紹介】ChorusDS HD

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Chor

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです 基本的にはかなりiP

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第123回『ピノキオ』

画質:15 音質:8 映像はAVCでビットレートは20Mbps前後で推移。 音声は日本語英語

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤

海外では旧版から新装版への無償交換までしたとかなんとか。 でも日本では発売元にクソほどのやる気もな

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑