*

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:6 音質:8


映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。
音声はリニアPCMの2ch、DTS-HDMAとドルビーTRUEHDの16bit。

画質について。
79年のアニメ作品としては及第点にして十分な画質。フィルムの保存状態の差か、80年代後半に作られたオネアミスの翼やパトレイバー1よりもマスターに起因すると思われる傷やらノイズやらは少ない。少ないといっても時代相応なのであくまで程度の話。
描線の滑らかさ、色彩の透明感はやはりBDならではのもの。圧縮由来のノイズも皆無で、手堅いソフト化という点では評価に値する。撮影の品質が不安定で静止・パン時関わらず時折画面が危なっかしく揺れますが、時代と技術を考えれば仕方が無いですかね。1080“i”収録ですけど、“p”との違いは特に感じませんでした。
これ以上の高画質を狙うとしたら、それこそ眠れる森の美女にディズニーがかけたのと同じレベルの情熱が必要になると思う。残念ながらそこまで期待するのは酷でしょうねえ。
そんなわけで、カリオストロの城における最後のアーカイブとしての価値は十分にあります。

音質について。
まず。DTS-HDMAとドルビーTRUEHDはスペックとしてはどちらもおんなじ。いい加減やめませんか、同じのを二つも入れるの。限りなく無意味でしょ。DTSとドルビーで音質差が……とかなんとか言うんだったら、製作時で音がいい方を選べよと。
で、肝心の音質ですが。収録音声に”擬似5.1ch”とあるとおり、このソフトの音はそもそもサラウンド前提で作られていないわけで、5.1ch時には全てのチャンネルに(ほぼ)同じ音声が振られているようでした。そのためにサラウンド・マルチチャンネルの醍醐味を真に味わうことは出来ませんが、特に効果音で包囲感による臨場感を得られます。音響のバランスが崩れているというようなこともありません。絶対的な音数はそりゃあ少ないですが、やっぱりステレオよりもサラウンドの方が聴いてて圧倒的に楽しいのも確か。
画質同様、情熱をもって音声をマルチチャンネルでリマスタリングすればまた色々と違ってくるんでしょうが……そこんとこどうなんでしょうねえ。

やっぱり眠れる森の美女っていう奇跡を見てしまうと、この程度じゃ物足りなくなっちまいます。
ちょいと比べる相手が悪い気もしますがね。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』

スーパーマンって人(型宇宙人)を殴っていいんだ…… 画質:12 音質:13 映像

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第170回『エイリアンVS.プレデター2』

画質:9 音質:11 映像はAVC、音声はDTS-HDMA 画質について。 凄まじ

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第95回『マトリックス・レボリューションズ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1でビットレートは絶望的な頭打ち。リローデッドより多少マシ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / I Found You ・

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピング、Media

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト② BUFFALO DELAが達成した偉業

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑