*

【BDレビュー】 第227回『ダークナイト ライジング』

公開日: : 最終更新日:2014/06/01 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
おかえりIMAX。
HDなんとかのごたごたを引き継いだやる気の無さによりどこか煮え切らなさを感じさせつつ、史上初めて劇映画に使用されたというIMAXフィルムの恐るべきポテンシャルを見せつけた前作・ダークナイトから4年。
改心した(気がする)ワーナーにより、ようやく盤石の仕様でのリリースとなった。
あいかわらず、笑ってしまうほどに高精細極まるIMAXシークエンスの威力は健在。くわえて、前作からIMAXのシーンも大幅に増えており、眼福の度合いも著しく上昇。100インチのサイズにもまったくもって不足無し。
おそらくHD以上の解像度で撮ったデジタル撮影の映画よりも、画面の情報量は上をいくだろう。さらに言えば、IMAXの画はなんというか「最も現実に近い」見え方をする気がする。恐ろしいほどの情報量と精細感を持っているからこそ、ピントが合っている部分とそうでない部分のコントラストが引き立つというかなんというか……、写真の領域になるとさっぱり分からないのだが、とにかく自然なのである。
情報量と精細感が増した結果、前作に比べればクリスピーな画になってS/N的には後退していることは事実だが、画面全体から溢れ出す視覚情報はもはや4K撮影の映画を完全に凌駕している。
もちろん、IMAXのシーンと通常のフィルム撮影のシーンでの歴然たる画質差は存在する。むしろ前作よりも両者の差は大きくなっている気がする。ただし、この場合IMAX側の伸びが著しいからであり、実は通常のフィルム撮影のシーンもだいぶ高画質になっている。
映像的にも前作に比べてさらに多彩になっており、光と闇のコントラストはさらに強靭に、色彩のバリエーションも増している。
そして何より素晴らしいのが、今度こそそして、そういった作品のポテンシャルが十全にソフトに収められているいうことだろう。
見どころ:
IMAXシークエンスのすべて
影の同盟対警官隊
三部作における真のヒロイン・アルフレッドの最後の表情

音質について。
ひたすら重く激しい音響。
凄まじいうねりと迫力を持ちつつも、もっぱらそのダイナミズムは低音域に集中しており、再生システムに対する要求は非常に厳しいものがあるだろう。ただ低音の量だけをボンボン出す、量感だけのシステムではロクなことにならない気がする。
しかし、その強靭なエネルギーを活かし切ることができれば、どこまでも重く激しく、深く重なり合う音の鼓動を全身に浴びることができるだろう。
前作ダークナイトの音はジョーカーの音だった。不愉快で不快な、されど酷薄なまでに調律され完璧に構築された音。その最たるものがトンネル内での銃撃音と、病院の爆破シーンだった。
今作では、前作ほどの構築美は見られないものの、それを帳消しにして余りあるほどのエネルギーが満ち溢れている。ベインの音、肉体と精神の音。それはすなわちバットマンの音でもある。シンプルに、豪快に、大胆に、猛々しく、劇伴が効果音的な立ち位置も兼ねて吼えまくる。その劇伴のうえに、さらに重く激しい戦闘が展開し、唸りを上げるメカが地上狭しと疾走する。
効果音の出来も相変わらず素晴らしい。銃声をひとつとっても、下手なシューテムアップ映画が裸足で逃げ出すような構築力と威力である。
奈落から涌き上がる叫びに身を委ね、混沌から這い出る時がきたのだ。
聴きどころ:
「登れ」
劇伴全般
ラストに到る一連の展開



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

DELA N1Z 来たる

 色々と御縁があり試用する機会に恵まれた。  LUMIN L1同様、まずは開梱&外観&初回起動

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第162回『アマデウス』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レ

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

【BDレビュー】 第235回『もののけ姫』

ギルガメシュ叙事詩 画質:9☆ 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bi

記事を読む

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内 【変更前】192k

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑