*

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

BDAKIRA


【BDレビュー】第107回『AKIRA』


 アニメーションとしての『AKIRA』が不朽の名作であることを否定する人はそうそういるまい。
 好きとか嫌いとかの次元を超越した、極大の絶対値を持つ作品である。

 少し昔語りをさせてもらうと、私がいわゆるオタク的な視点でもって見た初めてのアニメがAKIRAだった。それ以前から別にアニメは嫌いではなかったが、糞田舎ゆえそもそも触れる機会がないに等しかったということもあり、意識して見る・追うということはなかった。
 オタク的な視点を得るきっかけとなったのは、『アニマトリックス』に収録されていた「SCROLLS TO SCREEN: アニメーション文化の歴史」という特典映像だった。アメリカのガチなオタク連中が、日本のアニメの映像技法――すなわち“アニメーションとしての側面”を徹底的に語りまくるという内容である。その中で最も重点的に、かつ決定的なものとして取り上げられていたのが『AKIRA』だった。そこで紹介された断片的な映像に、私は巨大な衝撃を受けた。
 そして私は『AKIRA』を見、『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』を見、『獣兵衛忍風帖』を見、『妖獣都市』を見、『バンパイアハンターD』を見、遅まきながらアニオタとしての一歩を踏み出すことになった。

 というわけで、『AKIRA』である。
 映像的にも音響的にも絶対にBD化されるべき作品であり、バンダイビジュアルのBD参入第一弾ラインナップの中にAKIRAが含まれていたのも当然と言えば当然である。
 しかし、そのラインナップの中でAKIRAは延期になり、一年以上音沙汰がなくなってしまう。
 その後、再度発表された情報に我々は目を見張った。
 ドルビーTRUEHD・192kHz/24bit/5.1ch収録。BDのスペック上限をまさに使い切る最強の仕様である。これにはいい意味で裏切られた。AKIRAの脳天直撃音響が考え得る最高の器を経てどのような変貌を遂げるのか、震える思いで待っていた。

 幸いにして、私はBDの発売に先立ち、新生作業中のAKIRAを見る機会に恵まれた。
 発売前のイベント上映に参加したのである。
 ところが困ったことに、私はこの時のイベント上映で大きな不安を覚えてしまった。
 リンク先の記事ではやたらに褒められているが、画質については、「え? こんなもん?」としか思わなかったし(同時期に『眠れる森の美女』が奇跡を見せたということもある)、音質についても大した感慨を覚えなかった。業務用スピーカーのポン置きで音質を語られても困る。
 ソフトの画質音質以上に幻滅したのは、イベントの運営側の画質音質に対する意識の低さである。この上映会では、司会をやっていた女性が「世界最高」という言葉を連呼していたことを強烈に記憶している。
 「世界最高画質のブルーレイプレーヤーと、世界最高画質のプロジェクターという最高の環境で見るAKIRA!」→「は?」
 「世界最高音質のアンプと、最高のスピーカーという最高の環境で聴くAKIRA!」→「は?」
 馬鹿にするのも大概にしろと言いたかった。AV業界に幻滅した瞬間は数多くあるが、その中でもこれは間違いなくトップクラスの酷さだった。
 今思えば、AKIRAを巡る狂騒はこの時から既に始まっていたのかもしれない。

 そして、『AKIRA』はついにBDの発売を迎えた。
 私は見、そして愕然とした。


 何だこのゴミは。


「視聴中に気になるようなノイズは無い。最新のデジタル制作のアニメと比べると違うかもしれないが、逆にフィルムの質感、粒状感を活かした映像になっている」

 これは私の知る限り、BD史上最大級に恥知らずな発言である。
 詳細はBDレビューを見てほしいが、私は悲しかった。『AKIRA』というコンテンツがバンダイビジュアルという会社に握られ、そこでソフト化されるという現実が悲しかった。
 さらに驚いたのが、AV業界がこのふざけた映像に対し、何の苦言も呈さなかったことだ。一緒になって大騒ぎするばかりで、額縁仕様を糾弾することも、嘘八百のゴミまみれの映像を指摘することも、何もしなかった。
 怒りを通り越して呆れ果て、その呆れさえも風化した後に残ったのは、愛する作品が手抜き仕様でBD化されてしまったという悲しい現実のみ。なんということだ。


 しかし、あんまりな出来の映像/画質を補って、いや、そんなことはもはやどうでもよくなるほどに、『AKIRA』の音は超絶的だった。
 今のところ、『プライベート・ライアン』と『ランボー 最後の戦場』(北米盤エクステンデッド・カット)と並び、【BDレビュー】で音質評価15+を付けられるのは『AKIRA』だけだ。むしろ、当時では紛れもない過去最高の音質評価だった。
 最大級の賛辞として、“頭がおかしい”としか言いようのない音。
 夜のネオ東京に黒々と口を開ける巨大なクレーター、その上に覆いかぶさるAKIRAの文字。そして深淵から鳴り響く、あの、音……
 オーパーツの如き神作画の乱舞をも平伏させる、極大無辺の音の奔流だった。かつてAKIRAの映像に目を焼かれた私は、今度は音に撃ち抜かれ、打ちのめされた。悟得した。映像音響には、まだこんな世界があったのかと……

 『AKIRA』のBD発売を受けて、AV業界も狂騒の渦中にあった。
 BDの限界性能を直撃する192kHz/24bitというスペックは、当時発売されていたAVアンプが、“本当にBDにフル対応しているのか”ということを試すうえで最高の素材となった。何度も何度もAKIRAを使った特集を見た。きちんと再生できるAVアンプもあればそうでないAVアンプもあり、再生はできるが色々な機能が使えないというものもあった。ひとつのソフトが製品を試すという意味では『ヘアスプレー』といった先例もあったが、『AKIRA』がもたらした狂騒はAVアンプ界隈だけにとどまらなかった。
 それが“ハイパーソニック・エフェクト”なるものの存在である。
 詳細は省くが、とにかく『AKIRA』のサウンド・トラックにははじめから10万ヘルツといった非常に高い周波数が含まれており、それがBDの192kHz/24bitという器を得て初めて収録可能になった。この音を聴けば要は“覚醒する”という類のものだ。例の上映イベントでもPAスピーカーにスーパーツイーターを組み合わせるという面白いことをしていたが、それくらい重要視されていたということだろう。
 この主張に、広い周波数帯域を誇るスピーカーメーカー、そしてスーパーツイーターを出しているメーカーが飛び付いた。「他のスピーカーじゃAKIRAの音は再生できません! うちのスピーカーなら!」「今こそスーパーツイーターの出番!」といった文言を数多く目にした。どことなく今の「ハイレゾならば高音質」という主張との類似性を感じるのは気のせいだろうか。とにかくそれほどまでに、AKIRAの衝撃は大きかったのである。
 ちなみにうちのSapphire、ひいてはDynaudioのスピーカーには10万Hzなんていう周波数を再生する能力はなく、もちろんハイパーソニック・エフェクトも再現できない。
 しかし、ハイパーソニック・エフェクトがどうしたこうしたとは無関係に、『AKIRA』の音は超絶的に究極的に素晴らしかった。それは間違いない。

 『AKIRA』という作品は凄まじかった。
 バンダイビジュアルの杜撰すぎる仕事にも関わらず、凄絶な画の描き込みはBDで見る喜びをいともたやすく提供してくれた。
 さらに音は、そのオリジナルの時点で既に“BDでなければ収録不可能だった”次元のものを有していたことが明かされ、それが単なる大言壮語でなかったことを実際の音響クオリティでもって証明するにとどまらず、AV業界をも大きく揺り動かした。
 この作品が巻き起こした狂騒のおかげで、私はオーディオ・ビジュアルという領域に関する数多くの知見を得ることができた。
 アニメ史に燦然と名を残す巨人は、AV史においても巨大な、決して忘れられない足跡を残したのである。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの  前回の続き。  音楽の海の中でもひときわ巨大

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買

記事を読む

【音源管理の精髄】 『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か 【ネットワークオーディオTips】

 さて、最大限の情熱を傾けてライブラリを構築した。  次はサーバーだ。  ところでサーバーっ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑