*

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より……


画質:14
音質:11


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


 画質について。
 端的に言って、凄まじい高画質である。
 監督の前作にあたる『トロン・レガシー』も大した高画質だったが、本作はトロンの最大瞬間風速+αを常時維持するかのごとき凄まじい仕上がり。
 ちなみに本作は4K撮影のようだ。
 とにかく情報量も精細感も解像感も桁違いに素晴らしい。HD(1920×1080)撮影の映画とは次元が違うと言っていい。
 ただ、撮影の問題かオーサリングの問題か、暗部にノイズがざわつくシーンがわずかに見られた。よって評点は14となっているが、画質の基礎体力的には『アバター』や『リアル・スティール』に匹敵する、あるいは凌駕すると言ってもいいくらいだ。
 触れそうな高画質である。雰囲気的にはダークナイトで見たIMAXを思わせる。
 アップ時の人間の質感、ディティール、空気感、とにかく圧倒的に素晴らしい。映画というと馬鹿の一つ覚えにフィルムグレインがどうのこうのと言われるが、現実世界にフィルムグレインなんてものはそもそも存在しない。在るのは光と闇と色彩だけだ、と力強く語りかけてくるようだ。
 一昔前は後付の粒状感と輪郭の先鋭化でもって解像感――高画質を演出する作品を多く見かけたが、本作をはじめ、4K撮影時代はそういった画作りから脱却し、純然たる情報量でもって高画質を実現する流れになっているような気がする。

見どころ:
光が映るすべてのシーン


 音質について。
 透明感にあふれた高品位な音がストレスなく広がる。
 アクションシーンの音はいまひとつ爆発力に欠ける感があるが、空間の広さという点では特筆に値する。ドローンが縦横無尽に空間を駆ける際の音は非常に精緻な作り込みを聴くことができる。
 また、BGMのミックスが素晴らしく、聴いていて非常に心地よい。ダイアローグの質感もよく、ドンパチではなドラマが肝要な本作の音としてはこれで正解だろう。

聴きどころ:
ドローンの飛行シーン
エンディングテーマ


総評:
 久々に画も音も話も存分に楽しめた。
 特に画は極めてハイレベル。リファレンスに成り得る素晴らしい出来栄えでる。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

米Stereophile誌でのRoonの評価

Stereophile's Products of 2015 Editors' Choices of

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

【音源管理の精髄】 LUMIN Appでもっとアルバムアートを堪能する 【ネットワークオーディオTips】

 LUMIN A1を導入するまで、私はずっとMAJIK DS-Iを使っていた。  となれば当然、使

記事を読む

canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ  canarino Filsはまだ何度か

記事を読む

【システム】 QNAP TS-119

 2010年のネットワークオーディオ。  そりゃもう大変である。  2013年が終わる時点でも状

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2 収録音源

 いったいいつになったらこの人たちはタグの付け方を覚えるんですかね……

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第88回『ゴッドファーザー PART3』

赤い画。 画質:7 音質:9 映像はAVC、ビットレートは多少頭打ち感あり。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑