*

【BDレビュー】第25回『オペラ座の怪人』

公開日: : 最終更新日:2017/03/12 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:12 音質:12


映像はAVCでビットレートは30台を維持。
音声はリニアPCMとドルビーTRUEHDを収録、どちらも5.1ch/48kHz/16bit。

画質について。
夢を見ているかのような画質。
光と闇。
宝石の煌き。
燭台に燈る炎。
オペラ座の豪奢な内装。
舞台を彩る種種の演出。
凝りに凝られた衣装の妙。
画面に登場する全てのものが類まれな存在感を持って輝き、場面場面における“空気感”も完璧に表現しています。まばゆい光に溢れた場面はしゃっきりくっきり鮮やかに、夜の空気は穏やかに柔らかに、冬の寒空の空気は碧い透明感を湛えます。
夢を見ているかのような画質です。
“完璧に意図されコントロールされた画質”という点では蜘蛛男3と同じですが、やはり絶対的な画質では蜘蛛男3に及びません。とはいえとんでもなく素晴らしい画質であることに違いはありません。
素晴らしいッ!

音質について。
圧巻!
うちの音響システムじゃ音質評価は10点で頭打ちかな、なんて危惧を軽々と吹き飛ばす圧倒的な音質。DVDですら異常な高音質を実現していたわけですが、それを確実に上回ります。
無音から最大音量までのダイナミックレンジが未だかつて無いほどに広大です。DVDでは同じ楽曲内での音量差はあまり感じられませんでしたが、BDでは展開に伴う微妙な音量の変化も如実に聴かせてきます。
解像度・音数もDVDの比ではありません。DVDでは気づかなかったような楽器の音がそこかしこに存在していて非常に感動な驚きを味わいました。広大無辺に広がる音空間の広さも圧倒的です。
この作品における恐ろしいまでの音質への拘りがBDでは縦横無尽に発揮されています。
やっぱり、ロスレスとロッシーじゃ次元が違います。同じく音楽命のドリームガールズにロスレスを収録しなかったパラマウントの終わりっぷりが伺えます。


極めて素晴らしい画質に、未だかつて無いほどの高音質。
総合評価は24点、蜘蛛男3と並びました。
まったくもって凄いソフトです。


【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』


【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュ

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 文字コードを活用したサムネイルの改変 【ネットワークオーディオTips】

 これはLUMIN Appのブラウズ領域に表示された、何の変哲もないTwonky Serverの「ジ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』 画質:14 (画質はHD環境

記事を読む

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

LUMIN A1が国内でも単品販売

ブライトーン、LUMINのDSDネイティブ再生対応ネットワークプレーヤー単品販売  価格は

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介と検証

 随分とサーバーソフト関連の記事がごちゃごちゃしてきたので、この辺りでまとめ直す。  サーバー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑