*

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDマッドマックス

画質:13
音質:13


映像:AVC
音声:Dolby Atmos


○画質
 全体的な傾向としてはポストHD時代の高解像な画。
 そして最近ではめっきり見なくなった、ポストエフェクトとしての粒状感が付加されている。おかげで、ただでさえみなぎる情報量にさらなる感覚的なブーストがかかり、全編通じて異様な高揚感が漂う。夜や闇の中にあっても解像感は落ちず、常時焼け付くような切れ味が維持される。粒状感が付加されるとは言っても、一昔前の、例えば『300』のように露骨かつ過激な粒状感ではなく、もっと繊細なもの。そのため、夜の闇や砂漠を覆う青空がノイジーに転ぶことはない。
 強靭なコントラストが全編を貫き、特に明方向のダイナミックレンジが広い。太陽の照り付ける砂漠、錆と煤に塗れた金属の光沢、迸る爆炎と火花。あらゆるものがダイナミックレンジの不足に伴う諧調の破綻をきたすことなく、迫真のディテールを見せ付ける。
 ちなみに映画館では気付かなかったが、明らかにそもそもの解像度が落ちるカットが1つ(もしくは2つ)あった。撮影した素材を失くしたか何かなのだろうか。

○見どころ
 鉄と血と火


○音質
 Dolby Atmosの再生環境がないため、コンパチのドルビーTRUEHD 7.1chで視聴。
 もともとDolby Atmos上映の劇場で見たが、あまりその効果を感じられなかった作品ではある。本質的な音響の良し悪しはDolby Atmos云々とは関係ない。良いものは良いのである。
 本作の音は良い。すこぶる良い。おおよそアクション映画に求められる音響要素のすべてが詰まっている。
 容赦のない殴打、銃撃、爆発、そして血沸き肉踊る劇伴。7.1chを存分に活用して音が跳ね回る。申し分のない迫力が持続し、映像の力と相まって息をするのを忘れてしまう。アトモス再生ではこの怒号に加えて精密さが加わるということか。既に十分な気もするが。
 映像同様、本作の音も非常にメリハリの付いた、ダイナミックレンジの広いものだ。何でもかんでも「でかい音」にするのではなく、作中における音の振幅が非常に大きい。ダイアローグなどは少々音量が小さいとさえ思えるほどだが、銃撃や爆発など、本来大きくあるべき音はその通りの威力を軽々と吐き出す。登場人物の声の中でマックスのそれだけ妙な存在感と重みを持っているのも、狙ってやったことなのだろう。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 エンジンが唸るあらゆる場面
 ドーフ・ワゴン


○総評
 UHD BD対応機が発表され、いよいよBDは最末期となった。
 そんなBDの有終の美を飾るに相応しい花道……もとい、怒りのデス・ロード。画も音も最高の盛り上がりで魅せる。
 みんなで買ってLet’s Go Insane.


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第147回『コンタクト』

言葉では……とても表現できない! 詩人を……詩人を乗せるべきだった!! 大好きなSF映画である。

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

『ネットワークオーディオ』とは何か ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要

記事を読む

【音源管理の精髄】 LUMIN Appでもっとアルバムアートを堪能する 【ネットワークオーディオTips】

 LUMIN A1を導入するまで、私はずっとMAJIK DS-Iを使っていた。  となれば当然、使

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。 色々思うことはありますが、それはおま

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑