*

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDマッドマックス

画質:13
音質:13


映像:AVC
音声:Dolby Atmos


○画質
 全体的な傾向としてはポストHD時代の高解像な画。
 そして最近ではめっきり見なくなった、ポストエフェクトとしての粒状感が付加されている。おかげで、ただでさえみなぎる情報量にさらなる感覚的なブーストがかかり、全編通じて異様な高揚感が漂う。夜や闇の中にあっても解像感は落ちず、常時焼け付くような切れ味が維持される。粒状感が付加されるとは言っても、一昔前の、例えば『300』のように露骨かつ過激な粒状感ではなく、もっと繊細なもの。そのため、夜の闇や砂漠を覆う青空がノイジーに転ぶことはない。
 強靭なコントラストが全編を貫き、特に明方向のダイナミックレンジが広い。太陽の照り付ける砂漠、錆と煤に塗れた金属の光沢、迸る爆炎と火花。あらゆるものがダイナミックレンジの不足に伴う諧調の破綻をきたすことなく、迫真のディテールを見せ付ける。
 ちなみに映画館では気付かなかったが、明らかにそもそもの解像度が落ちるカットが1つ(もしくは2つ)あった。撮影した素材を失くしたか何かなのだろうか。

○見どころ
 鉄と血と火


○音質
 Dolby Atmosの再生環境がないため、コンパチのドルビーTRUEHD 7.1chで視聴。
 もともとDolby Atmos上映の劇場で見たが、あまりその効果を感じられなかった作品ではある。本質的な音響の良し悪しはDolby Atmos云々とは関係ない。良いものは良いのである。
 本作の音は良い。すこぶる良い。おおよそアクション映画に求められる音響要素のすべてが詰まっている。
 容赦のない殴打、銃撃、爆発、そして血沸き肉踊る劇伴。7.1chを存分に活用して音が跳ね回る。申し分のない迫力が持続し、映像の力と相まって息をするのを忘れてしまう。アトモス再生ではこの怒号に加えて精密さが加わるということか。既に十分な気もするが。
 映像同様、本作の音も非常にメリハリの付いた、ダイナミックレンジの広いものだ。何でもかんでも「でかい音」にするのではなく、作中における音の振幅が非常に大きい。ダイアローグなどは少々音量が小さいとさえ思えるほどだが、銃撃や爆発など、本来大きくあるべき音はその通りの威力を軽々と吐き出す。登場人物の声の中でマックスのそれだけ妙な存在感と重みを持っているのも、狙ってやったことなのだろう。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 エンジンが唸るあらゆる場面
 ドーフ・ワゴン


○総評
 UHD BD対応機が発表され、いよいよBDは最末期となった。
 そんなBDの有終の美を飾るに相応しい花道……もとい、怒りのデス・ロード。画も音も最高の盛り上がりで魅せる。
 みんなで買ってLet’s Go Insane.


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。

記事を読む

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon Server on NAS  元々は一人のユーザーが始めた試みに、本体が合流した

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino Fils + JRiver

記事を読む

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑