*

【UHD BDレビュー】総まとめ

 せっかく見れるようになったからには記録を残さねば、ということでさっそくレビューを始める。
 ただし、現状の画質評価はあくまでも【暫定版】である。
 この記事を更新してレビューを追加していく。


 善い画、善い音は映像鑑賞の楽しみを最大化する。
 画質と音質にこだわることで、ただでさえ大好きな作品がもっと面白くなり、愛してやまない作品からより深い感動を引き出せる。


 そのためにオーディオ・ビジュアルという趣味があるのだし、作品を愛しているからこそ、さらなる画質音質を希求してUHD BDにまで手を伸ばすのである。
 そして、UHD BDが高画質・高音質を標榜するからには、まさにその点において真剣かつ冷徹に評価されなければならない。純粋な作品としての価値と、ソフト化された際の画質音質の良し悪しは峻別されなければならない

 「UHD BDであること」は、必ずしも「高画質・高音質であること」を保証しない。
 どれだけ映像メディアの器が大きくなっても、駄目なものは駄目なのだ。



◎基本
 画質音質ともに基本的には10点満点。(※画質については後述)
 11点~15点は感性領域での加点。これはBDのレビューを始めた当初は自分の中での画質音質のハードルが低く、次々に想像を絶するクオリティのソフトが出てきたための措置。いいじゃない、100点満点で150点の評点を付けても。

◎画質
 現時点(2016/07/28)でUHD BDの映像信号をフルに受け止められるディスプレイを所有していないため、HDプロジェクター(Victor DLA-X30)での評価となる。
 そのため、4Kディスプレイの導入までは【暫定版】とし、BDと同じ土俵で評価を行う。
 評価の詳細は【BDレビュー】総まとめを参照。
 何かしら4Kディスプレイを導入した暁には、UHD BD本来の次元での評価軸を新たに考えることにする。

 なお「映像」の項目において、IMDbに掲載されている撮影時の解像度とマスターの解像度の情報を付記している。

◎音質
 UHD BDの音声仕様はBDと同一であり、当然ながら音質の評価軸も同一。
 パッケージ・メディアの音声仕様はもはや終着駅に到達している。
 評価の詳細は【BDレビュー】総まとめを参照。



 視聴の際の再生環境も記事内に明記している。どんな環境で評価したのか分からないのでは、無責任だと言われても仕方がない。
 再生環境の詳細についてはこの記事を参照。


 なお【BDレビュー】も、手元に置いておきたいと思う作品がBDでしか手に入らない限り、並行して続ける予定である。



「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか
日本のアニメのUHD BDはどうなる?
そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?



【UHD BDタイトル一覧】

第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 北米盤
第2回『デッドプール』 北米盤
第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤
第4回『パシフィック・リム』
第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤
第6回『クリード チャンプを継ぐ男』
第7回『アメイジング・スパイダーマン2』
第8回『インデペンデンス・デイ』
第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 北米盤
第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤
第11回『エクソダス:神と王』 北米盤
第12回『チャッピー』
第13回『ローン・サバイバー』 北米盤
第14回『Sicario / ボーダーライン』 北米盤
第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 北米盤


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】Linn Kazooがアップデート

コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』  それなりに大きな変化なので

記事を読む

日本におけるネットワークオーディオの現状

※この記事は2012年10月18日に書かれたものです ヤマハ、192/24対応/ALAC再生可

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

PS4 Proが来た!

 PS4 Proの発表のタイミングで初期型を手放した結果、2ヶ月もPS4で遊べないというのは想像以上

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第145回『SPIRIT』

画質:15 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。 画質につ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

【音源管理の精髄】 HDDか、SSDか 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオにおけるサーバーのストレージに相応しいのはHDDか、SSDか。  

記事を読む

【音展2014】LUMINブースへの御来場ありがとうございました

 10/18と10/19のLUMINのデモにお越しいただきましてありがとうございました。  急に舞

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑