*

【BDレビュー】 第241回『アベンジャーズ』 北米盤

続編の敵になるのは誰かな?


画質:10 音質:9


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch

画質について。
完璧なデジタル画質。
近年よく見られる調整しまくって作り上げた重厚、濃厚、鋭利な画ではなく、アベンジャーズの画はあくまで自然路線で、グレインもあまり感じさせず軽快でさえある。かといって情報量や解像感に劣るかと言われればそんなこともなく、非常にハイレベルにまとまっている。
画質の傾向として一番近いのは『リアル・スティール』だろうか。なんというか、明快、カラフル、透明感の高い健康的な画である。たとえば最近レビューした『マン・オブ・スティール』とアベンジャーズで、どちらの画質が一般受けするかと言われれば、間違いなくアベンジャーズだろう。「高画質」と聞いて漠然とイメージするすべての要素を満たす稀有な映像だ。
ただ、『リアル・スティール』のように“一線を越えている”という印象はない。
ちなみに、『インクレディブル・ハルク』のハルクはモデリングが甘いせいか? いかにもCGでございという胡散臭さを感じたのだが、アベンジャーズでは画質的に遥かに明瞭であるにも関わらず、その手の違和感を覚えなかった。
見どころ:
ソーの雷撃全般、特にエンパイアステートビルに陣取って渾身の一撃をぶちかますとともにビルの窓ガラスが余波を喰らって砕け散り踊る場面

音質について。
よく出来ている……よく出来ているのだが、残念ながらパワーが足りない。
+3dbで音量が色んなBDと同じレベルになる。収録音量が低いことは大した問題ではないが、別にダイナミックレンジが広いわけでもない。なんだかなあ。
繰り返すが、音響そのものはよく出来ている。BGMの扱いは抜群にうまくて鳥肌が立つような盛り上がりもあるし、7.1chに恥じない多層的立体的なサウンドも聴かせてくれるのだが、やはり残念ながらパワーが足りないのだ。画面を縦横無尽に蹂躙する超人たちの活劇に、音がさらなる威力を付与できていない。残念だ。ハルクの咆哮はもっともっとけたたましく響くべきだろうし、魚型キャリア? を粉砕する瞬間は作中最大の轟音を放つべきだった。リパルサー・レイなんかよりもハルクそのものを音響の主役にすべきだったと思う。
聴きどころ:
もう怒っていいぞ→実はいつも怒ってる→脱帽→アッセンブル! の一連の流れ


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Cocktail Audio CA-X50

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com  待

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

【音源管理の精髄】 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 Mp3tag。  言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。  私も4年前にLINN DS

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Technics Music App』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑