*

【BDレビュー】 第241回『アベンジャーズ』 北米盤

続編の敵になるのは誰かな?


画質:10 音質:9


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch

画質について。
完璧なデジタル画質。
近年よく見られる調整しまくって作り上げた重厚、濃厚、鋭利な画ではなく、アベンジャーズの画はあくまで自然路線で、グレインもあまり感じさせず軽快でさえある。かといって情報量や解像感に劣るかと言われればそんなこともなく、非常にハイレベルにまとまっている。
画質の傾向として一番近いのは『リアル・スティール』だろうか。なんというか、明快、カラフル、透明感の高い健康的な画である。たとえば最近レビューした『マン・オブ・スティール』とアベンジャーズで、どちらの画質が一般受けするかと言われれば、間違いなくアベンジャーズだろう。「高画質」と聞いて漠然とイメージするすべての要素を満たす稀有な映像だ。
ただ、『リアル・スティール』のように“一線を越えている”という印象はない。
ちなみに、『インクレディブル・ハルク』のハルクはモデリングが甘いせいか? いかにもCGでございという胡散臭さを感じたのだが、アベンジャーズでは画質的に遥かに明瞭であるにも関わらず、その手の違和感を覚えなかった。
見どころ:
ソーの雷撃全般、特にエンパイアステートビルに陣取って渾身の一撃をぶちかますとともにビルの窓ガラスが余波を喰らって砕け散り踊る場面

音質について。
よく出来ている……よく出来ているのだが、残念ながらパワーが足りない。
+3dbで音量が色んなBDと同じレベルになる。収録音量が低いことは大した問題ではないが、別にダイナミックレンジが広いわけでもない。なんだかなあ。
繰り返すが、音響そのものはよく出来ている。BGMの扱いは抜群にうまくて鳥肌が立つような盛り上がりもあるし、7.1chに恥じない多層的立体的なサウンドも聴かせてくれるのだが、やはり残念ながらパワーが足りないのだ。画面を縦横無尽に蹂躙する超人たちの活劇に、音がさらなる威力を付与できていない。残念だ。ハルクの咆哮はもっともっとけたたましく響くべきだろうし、魚型キャリア? を粉砕する瞬間は作中最大の轟音を放つべきだった。リパルサー・レイなんかよりもハルクそのものを音響の主役にすべきだったと思う。
聴きどころ:
もう怒っていいぞ→実はいつも怒ってる→脱帽→アッセンブル! の一連の流れ


BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

画質:15 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

記事を読む

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 今更感漂う不毛な検証第二弾。  やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする

 内容が内容なので、ずっと書こうか書くまいか迷っていたのだが、いつかは誰かが書くだろうし、先んじて書

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

「真のハイレゾ対応」爆誕!

音茶楽、40kHz以上再生できるイヤフォンをハイレゾ対応と定義。“真のハイレゾ”ラベルも

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第150回『ブレイブハート』

画質:12 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑