*

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8
『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8
『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』 画質:9 音質:8
『ワイルド・スピード MAX』 画質:9 音質:9

映像は四作品ともVC-1、音声は三作目を除きDTS-HDMAの24bit、三作目のみDTSオンリー

画質について。
一作目と二作目はフィルム撮り最末期の作品。終始赤茶けた色彩とぎらついた色彩が全編を覆う。年代的に期待されるレベルの解像感や情報量は備えておらず、むしろ80年代後半~90年代前半的な雰囲気の映像と言える。暗部のノイズはそれなりに抑えられているが、やはり絶対的な情報量不足には変わりない。
三作目と四作目はフィルムからデジタル撮りに変わり、不満があった情報量不足は一挙に解消される。いかにも2000年後半のアクション映画らしいカリカリの画で、フィルム時代に比べて色彩も随分と豊富になっている。
三作目に関して言えば、画質的には大幅に進化したものの被写体が日本(謎の)ということで、画質的には良くても映像的にはちっとも美しくないというあたりが物悲しい。東京の高校生活恐ろしすぎだろと。時折暗いシーンで急に甘さを見せるのが少々気になる。
映像のビットレートは既に全然気にしていないしまさかとは思うが、一作目二作目三作目はHDDVD時代のマスターを流用してるんじゃ……
四作目はさすがに手慣れたもので、深く濃くディティールに溢れた映像で、近作の中でも高水準をいく。主人公コンビのツラの迫力も過去最高。ここまでくると、暗部にざらつきを残しているのはもはや意図的なものだろう。
フィルムからデジタルへの変遷も含め、尻上がりに画質が良くなっていく好例と言える。
見どころ:
ブライアンのヒゲ面
ビン・ディーゼルのハゲ頭

音質について。
全作品通じて音がでかすぎる。
アンプを変えたというのも理由の一つだろうが、録音時点での音量がとにかくでかすぎて面食らってしまった。
音がでかすぎるだけならまだいいのだが、ランボー最後の戦場やプライベートライアンのようにダイナミックレンジも極大に確保されているわけでもなく、車に乗って走り出した瞬間にあらゆる音が音圧上限いっぱいに高止まりする印象であり、轟音の中の機微を楽しむような余裕が全くなかった。マルチチャンネルの活用としては、カメラワークに伴って車の走行音が前後左右に走り抜けていくという基本以外では、BGMのミックスと噴出するエンジン音くらいしかなく、音量の割にそれほど印象に残らなかった。それでも作品を重ねるにつれて徐々に音数と工夫が増えていったのも事実であり、手っ取り早く「全チャンネルから音が炸裂する!すげー!」的な感動を味わうにはもってこい。
私のせいぜい6畳そこらの視聴環境ではこれだけの音圧を吸収できず、音響的な魅力を見つけられなかったというのもあると思う。より広く、より防音に優れ、より大音量で満たせるような環境であれば大分印象が異なったものになるはず。
ちなみに三作目はDTSのロッシーのみという謎仕様だが、前述のとおり音がでかすぎるせいでロスレスとの違いがどうこうと言える状況ではなかった。
聴きどころ:
車全般



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです ●イントロダクション 『So

記事を読む

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第32回『エネミー・ライン』

また火薬爆薬が過剰な映画です。 私が買った中で初のAVCエンコードの作品だったような。 画質的に

記事を読む

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-C

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

言いたいことは腐るほどある。 そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、 なんでラストバトル

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『スターシップ・トゥルーパーズ』がUHD BD化

凶悪4Kバグ襲来 『スターシップ・トゥルーパーズ』 (4K UHD B

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑