*

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8
『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8
『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』 画質:9 音質:8
『ワイルド・スピード MAX』 画質:9 音質:9

映像は四作品ともVC-1、音声は三作目を除きDTS-HDMAの24bit、三作目のみDTSオンリー

画質について。
一作目と二作目はフィルム撮り最末期の作品。終始赤茶けた色彩とぎらついた色彩が全編を覆う。年代的に期待されるレベルの解像感や情報量は備えておらず、むしろ80年代後半~90年代前半的な雰囲気の映像と言える。暗部のノイズはそれなりに抑えられているが、やはり絶対的な情報量不足には変わりない。
三作目と四作目はフィルムからデジタル撮りに変わり、不満があった情報量不足は一挙に解消される。いかにも2000年後半のアクション映画らしいカリカリの画で、フィルム時代に比べて色彩も随分と豊富になっている。
三作目に関して言えば、画質的には大幅に進化したものの被写体が日本(謎の)ということで、画質的には良くても映像的にはちっとも美しくないというあたりが物悲しい。東京の高校生活恐ろしすぎだろと。時折暗いシーンで急に甘さを見せるのが少々気になる。
映像のビットレートは既に全然気にしていないしまさかとは思うが、一作目二作目三作目はHDDVD時代のマスターを流用してるんじゃ……
四作目はさすがに手慣れたもので、深く濃くディティールに溢れた映像で、近作の中でも高水準をいく。主人公コンビのツラの迫力も過去最高。ここまでくると、暗部にざらつきを残しているのはもはや意図的なものだろう。
フィルムからデジタルへの変遷も含め、尻上がりに画質が良くなっていく好例と言える。
見どころ:
ブライアンのヒゲ面
ビン・ディーゼルのハゲ頭

音質について。
全作品通じて音がでかすぎる。
アンプを変えたというのも理由の一つだろうが、録音時点での音量がとにかくでかすぎて面食らってしまった。
音がでかすぎるだけならまだいいのだが、ランボー最後の戦場やプライベートライアンのようにダイナミックレンジも極大に確保されているわけでもなく、車に乗って走り出した瞬間にあらゆる音が音圧上限いっぱいに高止まりする印象であり、轟音の中の機微を楽しむような余裕が全くなかった。マルチチャンネルの活用としては、カメラワークに伴って車の走行音が前後左右に走り抜けていくという基本以外では、BGMのミックスと噴出するエンジン音くらいしかなく、音量の割にそれほど印象に残らなかった。それでも作品を重ねるにつれて徐々に音数と工夫が増えていったのも事実であり、手っ取り早く「全チャンネルから音が炸裂する!すげー!」的な感動を味わうにはもってこい。
私のせいぜい6畳そこらの視聴環境ではこれだけの音圧を吸収できず、音響的な魅力を見つけられなかったというのもあると思う。より広く、より防音に優れ、より大音量で満たせるような環境であれば大分印象が異なったものになるはず。
ちなみに三作目はDTSのロッシーのみという謎仕様だが、前述のとおり音がでかすぎるせいでロスレスとの違いがどうこうと言える状況ではなかった。
聴きどころ:
車全般



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化され

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

【BDレビュー】第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤

 時々、自らのコレクションに迎え入れられることを誇りに思う作品が存在する。  『アイアン・

記事を読む

【BDレビュー】第255回『機動戦士ガンダム』

 待っていた人は多いはずだ。  「我々は3年待ったのだ」どころではない。BDの始動から7年半も待っ

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 公式によるRoonの推奨環境は以下のとおり。 Recommended Hardware In

記事を読む

米Stereophile誌でのRoonの評価

Stereophile's Products of 2015 Editors' Choices of

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Going For The One

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Going For The One ・購入

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第34回『ソード・フィッシュ』

ケツアゴ+素っ裸+マトリックスな映画。 画質:9 音質:6 映像はVC-1でビッ

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑