*

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

公開日: : 最終更新日:2016/09/17 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。
 既にアメリカから輸入して実際に見たという人も少なからずいるはずだ。オーディオ・ビジュアルを趣味とする者として、その情熱には最大限の敬意を表したい。

 生憎私は現時点でまともな画質評価に供し得る(ここ重要)4K解像度のディスプレイを持っていないし、UHD BDのためだけにレコーダーを導入する気もないので、UHD BDのクオリティを云々する立場には当分なれそうにない。プレーヤーはいったいいつ、いくらで出るんだと思うと同時に、BDの時のPS3の偉大さを痛感する。ま、気長に待つしかあるまい。コレ、日本にも入ってこないだろうか。
 ただ、いずれはUHD BDもBDのようにこのブログでレビューしていくことになることは間違いないので、今のうちに方針というか、スタンスを決めておきたい。

 まず画質について。
 BDは『007 カジノロワイアル』を基準とする10点満点で評価しているが、UHD BDはまた別の基準で10点満点とする。
 もしBDの軸線上でUHD BDを評価すれば、おそらく10点満点で20点や30点を付ける羽目になってしまう。ただでさえ現状でも10点満点なのに15点とか付けているのに。
 というわけで、BDとUHD BDは同じ土俵で評価することはない。
 仮にUHD BDとして3点だったとしても、BDの9点とは隔絶した画質を実現している、なんてことは大いにあり得る。

 続いて音質について。
 音声仕様はBDの時点で行き着くところまで行き着いたので、UHD BDであっても評価軸は変わらない。素晴らしいものは素晴らしいし、駄目なものは駄目。
 Dolby AtmosやDTS:Xの積極的な採用をソフトメーカーに期待したい。

 【BDレビュー】はこのまま連番で継続する。UHD BDの器に注ぐだけのソースを持たず、BDで打ち止めになる映像作品も多いと思われ、今後もBDの価値は変わるまい。
 そしてUHD BDについては【UHD BDレビュー】を別に設けてそちらでまとめる。UHD BDはBDと異なり初っ端からかなり気合の入ったラインナップが用意されているので、機材が揃えば早いとこ基準の10点満点となるソフトを選定したいものだ。

 ちなみに、【UHD BDレビュー】であっても、【BDレビュー】と同様に、画質・音質評価は「論外・0点から10点満点越えの15点まで」を容赦なく付けていく姿勢に変わりはない。今さらこのスタンスを変える気は毛頭ない。
 購入者を馬鹿にしているとしか思えない出来映えに怒り狂って0点を付けるからこそ、迸る情熱によって達成した素晴らしい品質に感涙して付ける100点が輝くのだ。

 善い画、善い音は映像鑑賞の楽しみを最大化する。
 
 『言の葉の穴』という空間の中では、今までも、そしてこれからも、吼えるぞ



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー・暫定版】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第154回『HALO LEGENDS』

画質:8 音質:6 映像はVC-1、音声はドルビーデジタルのみ 画質について。 フ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

LUMIN S1来たる

 真面目に誠実に真剣に苛烈に真摯に取り組んでいると、たまにはいいこともある。  まずはこのめぐりあ

記事を読む

【インプレッション】LUMIN A1/S1用NVS製外部電源接続ケーブル(試作品)

一応前の記事  縁あってお借りしたNVSのケーブル。  LUMIN A1/S1と外部

記事を読む

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 北米盤

画質:15☆ (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:10 (評価の詳

記事を読む

LUMIN A1を試す・音質編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編  LUMIN THE

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑