*

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】




画質:10
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:中


○画質
 動的なオブジェクトは基本的に3DCGながら随分と「しっとり」しており、ジャギーは皆無。バンディングも全編通じて(気になるレベルでは)見当たらなかった。
 「カリカリの画」ではないものの、画面全体のディテールは非常に豊富であり、各登場人物の視覚で展開されるデジタル情報の乱舞もぼやけず滲まず描かれる。ただ、「そういうデザイン」だというのはわかったうえで、どうしても緻密な背景とセルルックなキャラクターの乖離が気になってしまった。
 闇の中でも存在感を失わない都市のディテールから始まり、重力子放射線射出装置の紅い光条、焼き熔かした金属の切断面の光沢、空間を舞う粒子の煌めきなど、広いダイナミックレンジと緻密な階調表現が両立している。
 総じてデジタルアニメーションとしての画質の体力は相当に高い。

○見どころ
 都市
 重力子放射線射出装置


○音質
 日本のアニメとして初のDolby Atmos収録作品なのだそうだ。そういう意味では記念すべきソフトなのだろう。
 環境音の構築に相当な気合が入っており、閉塞と開放の両方を同時に感じられ、いたるところで「巨大な空間に居る」という感覚が醸成される。この時点で、作品内容的に大成功と言えるのではあるまいか。
 アクションシーンでの威力は総じて控えめ、というよりダイナミックレンジを広く取っているという印象。人間チームの主武器はレールガン的に撃ちだす「銛」であり、その音は「ずどん」ではなく「ぷしゅん」という具合でいまいち頼りない。一方、キリイの重力子放射線射出装置の一撃はマルチチャンネルとサブウーファーを総動員して地獄の釜が開いたかのような破滅的音響を提示する。後半に出てくる上位セーフガードの光線砲(と言っていいのか)の音は銛以上重力子放射線射出装置以下であり、兵器の威力ごとに順当な音作りが為されている。
 Dolby Atmosは当初想像していた以上に作り込まれていた。ヘルメット(?)内部の音は常にトップスピーカーも併用して空間性を演出し、声の反響や彼方から降り注ぐ金属音の存在はやはり「巨大な空間に居る」という感覚に一役買っている。駆除系が登場するアクションシーンではカメラワークと連動した見事な全方位音響が展開する。
 駆除系の四足歩行のマネキンは「金属の手足で床や壁を走る」、つまり「それ自体で音を立てながら空間を動き回る」という音響的には最高の素材なのだが、ガチャガチャギチギチといった類の足音演出はそれほどでもなく、全体的に恐怖を覚えるようなテンションの高さはなかった。そこだけが残念。

○聴きどころ
 都市
 重力子放射線射出装置


○総評
 作品内容への評価は原作未読なので控えるとして、画質音質はどちらも素晴らしい。Dolby Atmosであることの意義もじゅうぶんに感じられた。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi 4K Blu-ray

記事を読む

【UHD BDレビュー】第23回『エイリアン:コヴェナント』 米国盤 【Dolby Atmos】

 40年近くの時を経てついにリドリー・スコットがゼノモーフを撮る。  もうそれだけで面

記事を読む

Bubble DS/UPnP アルバムアート表示について

※この記事は2012年9月11日に書かれたものです ふと思い立ってBubble DSを

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

【UHD BDレビュー】第21回『スーサイド・スクワッド』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 3

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNTIT

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

【音源管理の精髄】 サーバーソフトとナビゲーションツリー 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフト。  サーバーをサーバーたらしめているものの正体。  単にサーバーソフトと言

記事を読む

【BDレビュー】第264回『THE RAID / ザ・レイド』 北米盤

突撃死亡塔 重装開戦 2購入記念。 画質:6 音質:7 映像:AV

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑