*

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】




画質:10
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:中


○画質
 動的なオブジェクトは基本的に3DCGながら随分と「しっとり」しており、ジャギーは皆無。バンディングも全編通じて(気になるレベルでは)見当たらなかった。
 「カリカリの画」ではないものの、画面全体のディテールは非常に豊富であり、各登場人物の視覚で展開されるデジタル情報の乱舞もぼやけず滲まず描かれる。ただ、「そういうデザイン」だというのはわかったうえで、どうしても緻密な背景とセルルックなキャラクターの乖離が気になってしまった。
 闇の中でも存在感を失わない都市のディテールから始まり、重力子放射線射出装置の紅い光条、焼き熔かした金属の切断面の光沢、空間を舞う粒子の煌めきなど、広いダイナミックレンジと緻密な階調表現が両立している。
 総じてデジタルアニメーションとしての画質の体力は相当に高い。

○見どころ
 都市
 重力子放射線射出装置


○音質
 日本のアニメとして初のDolby Atmos収録作品なのだそうだ。そういう意味では記念すべきソフトなのだろう。
 環境音の構築に相当な気合が入っており、閉塞と開放の両方を同時に感じられ、いたるところで「巨大な空間に居る」という感覚が醸成される。この時点で、作品内容的に大成功と言えるのではあるまいか。
 アクションシーンでの威力は総じて控えめ、というよりダイナミックレンジを広く取っているという印象。人間チームの主武器はレールガン的に撃ちだす「銛」であり、その音は「ずどん」ではなく「ぷしゅん」という具合でいまいち頼りない。一方、キリイの重力子放射線射出装置の一撃はマルチチャンネルとサブウーファーを総動員して地獄の釜が開いたかのような破滅的音響を提示する。後半に出てくる上位セーフガードの光線砲(と言っていいのか)の音は銛以上重力子放射線射出装置以下であり、兵器の威力ごとに順当な音作りが為されている。
 Dolby Atmosは当初想像していた以上に作り込まれていた。ヘルメット(?)内部の音は常にトップスピーカーも併用して空間性を演出し、声の反響や彼方から降り注ぐ金属音の存在はやはり「巨大な空間に居る」という感覚に一役買っている。駆除系が登場するアクションシーンではカメラワークと連動した見事な全方位音響が展開する。
 駆除系の四足歩行のマネキンは「金属の手足で床や壁を走る」、つまり「それ自体で音を立てながら空間を動き回る」という音響的には最高の素材なのだが、ガチャガチャギチギチといった類の足音演出はそれほどでもなく、全体的に恐怖を覚えるようなテンションの高さはなかった。そこだけが残念。

○聴きどころ
 都市
 重力子放射線射出装置


○総評
 作品内容への評価は原作未読なので控えるとして、画質音質はどちらも素晴らしい。Dolby Atmosであることの意義もじゅうぶんに感じられた。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Adele / Skyfall – Single

・アーティスト / アルバムタイトル Adele / Skyfall - Single ・購

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】カラヤン / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 / ベートーヴェン交響曲全集

・アーティスト / アルバムタイトル Herbert von Karajan / Be

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのメリット 【ネットワークオーディオTips】

 「はじめに」で既に書いたことではあるが、  居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑