*

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/24 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDアメリカンスナイパー

画質:9
音質:12


映像:AVC
音声:Dolby Atmos


○画質
 最近のインフレ気味の画質水準からすれば、ぎょっとするほどの高画質ではない。
 画質的に最高潮のシーンは素晴らしいものの近年の最高レベルには届いておらず、明らかに情報が落ちるシーンも散見される。もっとも、総じて戦場においては情報量も含めて画面に力がみなぎり、帰国後のアメリカにおいてはいまいちパッとしないので、主人公の精神状況を画でも表したということなのかもしれない。
 とりあえず、画質に不満を覚えるようなことはない。戦争映画にありがちなノイジーに転ばず、闇夜も透明で美しい。

○見どころ
 イラクの太陽
 市街戦


○音質
 超貴重なDolby Atmos収録。が、私の環境では相変わらず再生できないため、ドルビーTRUEHD 7.1chでの評価になる。ご容赦願いたい。
 冒頭のシーンから本作の音響の非凡さはこれでもかというほど味わうことができる。
 劇伴に加えて効果音へのこだわりが尋常ではなく、それらが生み出す緊張感は尋常ではない。興奮で汗をかくというよりは緊張で汗をかく類の作品だ。
 銃声もそのひとつひとつが極めて高品質。重く、激しく、そして乾いている。その一方で映画的な派手さや誇張はあまり感じられない。そのためか、クライマックスの市街地戦では戦闘規模の割に、音の炸裂はどこか抑制が効いているようにも感じた。
 本作はDolby Atmos収録ということもあってか、作中「あーここで縦方向の音かーなるほど」と感じられるシーンが何度かあった。特にヘリコプター。露骨に頭上をかすめて飛んでいく。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 すべて


○総評
 大味派手路線ではない緻密な音響で、なおかつDolby Atmos収録という貴重なソフト。
 わたしがDolby Atmosの環境を導入するとすれば、おそらくトランスフォーマーやエクスペンダブルズではなく、真っ先にこのソフトで効果のほどを試したいと思う。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【CES2016】ESS Technology ES9038PRO SABRE DAC

The ES9038PRO SABRE DAC ESS Technology SABRE PRO

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

SongBook HD Version 1.060

コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』  アルバムアートの表示が改善

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑