*

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/24 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDアメリカンスナイパー

画質:9
音質:12


映像:AVC
音声:Dolby Atmos


○画質
 最近のインフレ気味の画質水準からすれば、ぎょっとするほどの高画質ではない。
 画質的に最高潮のシーンは素晴らしいものの近年の最高レベルには届いておらず、明らかに情報が落ちるシーンも散見される。もっとも、総じて戦場においては情報量も含めて画面に力がみなぎり、帰国後のアメリカにおいてはいまいちパッとしないので、主人公の精神状況を画でも表したということなのかもしれない。
 とりあえず、画質に不満を覚えるようなことはない。戦争映画にありがちなノイジーに転ばず、闇夜も透明で美しい。

○見どころ
 イラクの太陽
 市街戦


○音質
 超貴重なDolby Atmos収録。が、私の環境では相変わらず再生できないため、ドルビーTRUEHD 7.1chでの評価になる。ご容赦願いたい。
 冒頭のシーンから本作の音響の非凡さはこれでもかというほど味わうことができる。
 劇伴に加えて効果音へのこだわりが尋常ではなく、それらが生み出す緊張感は尋常ではない。興奮で汗をかくというよりは緊張で汗をかく類の作品だ。
 銃声もそのひとつひとつが極めて高品質。重く、激しく、そして乾いている。その一方で映画的な派手さや誇張はあまり感じられない。そのためか、クライマックスの市街地戦では戦闘規模の割に、音の炸裂はどこか抑制が効いているようにも感じた。
 本作はDolby Atmos収録ということもあってか、作中「あーここで縦方向の音かーなるほど」と感じられるシーンが何度かあった。特にヘリコプター。露骨に頭上をかすめて飛んでいく。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 すべて


○総評
 大味派手路線ではない緻密な音響で、なおかつDolby Atmos収録という貴重なソフト。
 わたしがDolby Atmosの環境を導入するとすれば、おそらくトランスフォーマーやエクスペンダブルズではなく、真っ先にこのソフトで効果のほどを試したいと思う。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

『アニソンオーディオ』を買ってみた

 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……  まぁ、ハイレゾ音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気付けば2015年になってしまった。  このままでは永遠に

記事を読む

【BDレビュー】 第235回『もののけ姫』

ギルガメシュ叙事詩 画質:9☆ 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bi

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Tormato

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Tormato ・購入元 mora

記事を読む

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSDに対応 - Phile-web

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑