*

【BDレビュー】 序

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

※前置き※

これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたものです。
というわけで最初の頃は色々と見苦しい部分がありますが勘弁してください。

※前置き終わり※






次世代ディスク関連の話題があまりにも少ないので、何か自分に出来ることはないかと考えた結果、BD視聴記なるものを書いてみようという結論に達しました。コミュニティの性格上、画質音質の評価も私なりにしてみます。
期せずしてけむさんのおっしゃるようにコミュ参加者1000人達成ということで、その記念にも……

正直言って、私の再生環境は廉価です。間違ってもハイエンドと呼べるような代物ではありません。再生機はPS3、そこからHDMI出力をTA-DA3200ESを経由して某メーカーのWXGA安物液晶に繋いでいます。サラウンドスピーカーも総額で精々10万程度、サブウーファーも使っていません。重低音の0.1chが抜け落ちている上に、私の機器の組み合わせではDTS-HDマスターオーディオが聴けません。(というわけでDTS-HDマスターオーディオ収録のソフトについてはDTSコア部分のみでの評価になります)
ですが、BDで得られる感動はDVDのそれとは比べ物になりません。何が違うかと聞かれれば、全てと答えるほかありません。

「そんな貧相な環境で画質音質の評価をするとはけしからん!」と思われる方は、是非BDなりHD-DVDなり、次世代ディスクの再生機を導入してください。私が味わっているより遥かに大きな感動が得られるでしょう。
諸々のAV雑誌における画質音質評価はそれこそリファレンス的な機器によって行われていますので、ここは一つ、ある程度手頃な環境(例えば既存のシステムにPS3を追加するだけで済むような)で評価をしてみるというのも一興かと。
その点、PS3は映像と音声のコーデックとビットレートをリアルタイムで表示できるので大変便利です。

兎にも角にも、次世代ディスク――私が扱うのはBDですが――が実現する感動について、より多くの人にイメージだけでも知ってもらえればと思う次第です。


現在私が保有しているBDタイトルのリストです。

イノセンス
ディープ・ブルー
キングダム・オブ・ヘブン
ミッション・インポッシブル3
アンダーワールド2・エボリューション
ステルス
カンフーハッスル
ウルトラヴァイオレット
フルメタル・ジャケット
ソードフィッシュ
ブレイブストーリー
バイオハザード2
エネミー・ライン
沈黙の戦艦
ワールド・トレード・センター
X-MEN3
ロッキー
エイリアンVSプレデター
スーパーマンリターンズ
燃えよドラゴン
パプリカ
007カジノロワイアル
パイレーツオブカリビアン
パイレーツオブカリビアン2
キング・アーサー
ナイト・ミュージアム
父親たちの星条旗
硫黄島からの手紙
FLAG ディレクターズカット
王立宇宙軍 オネアミスの翼
劇場版パトレイバー
劇場版パトレイバー2
攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL
STEAMBOY

以上34本。趣味が見て取れます。


今回は「序」なので、BDに関する全体的なこととして各スタジオの特徴を書いてみます。

○ソニーピクチャーズ(アンダーワールド2、007など)
画質は良くも悪くも普通でしたが、007カジノロワイアルの登場で一気に最高レベルに躍り出ました。今後の作品(特にスパイダーマンBDBOX)に期待です。
またリニアPCMを全てのソフトで収録しており、音質も非常に良好です。また、同時に入っているドルビーデジタルとリニアPCMとの音質差が非常に大きいのも特徴です。リニアPCMではロスレスサウンドの凄まじさを文字通り体感できます。

○20世紀フォックス(キングダム・オブ・ヘブン、ナイト・ミュージアムなど)
画質は良好ですが、007や海賊の超絶的な画質を目にした今では一歩後退する感は否めません。キングダム・オブ・ヘブンに関しては現時点でも非常に高画質といえます。音声面ではDTS-HDマスターオーディオを収録しており、先進性という点では素晴らしいのですが、生憎私の環境では聴くことが出来ないのでなんともいえません。が、DTSコアだけでも音質はDVDを軽く凌駕します。

○ワーナー(スーパーマンリターンズ、硫黄島二部作など)
画質は正直言って悪いです。スーパーマンリターンズなどは「これが本当に新作映画なのか?」と思えるほど酷い出来でした。最新作の硫黄島二部作も決して高画質とはいえません。そもそも、他のスタジオに比べると映像のビットレートが異常に低いのです。何故でしょうか?
音質も正直言って悪いです。悪いというか駄目です。今までずっと、次世代ディスクなのにドルビーデジタルでしか収録しないという愚を犯してきました。しかしいい加減反省したのか、硫黄島からの手紙からはドルビーTRUEHDでの収録が行われているようです。(二部作の前編にあたる父親たちの星条旗についてはなぜかドルビーデジタルのみ)また、なぜか硫黄島からの手紙ではドルビーTRUEHDとしても異常にビットレートが低いのが気になります。

○パラマウント(ミッション・インポッシブル3、ワールド・トレード・センターなど)
画質は最悪です。これ以上言うことはありません。
音質も最低です。音楽が命のドリームガールズにさえドルビーデジタルしか収録しなかったことには開いた口が塞がりません。諸々のAV雑誌はそのことについて強烈に批判してもいい気がします。
正体不明の理由で先日BD陣営から離れましたが、こんなふざけた行為を続けるくらいならいなくなってもらったほうがマシです。トランスフォーマーはそれなりに売れるでしょうが、たった一作品でHD-DVDの状況を覆すのはもう無理でしょう。

○ブエナビスタ(海賊二部作など)
流石に遅れてやってきた本命、という感じでしょうか。海賊二部作(特に2)で実現された画質は凄まじいもので、まさに圧巻でした。音質もリニアPCMでの収録と抜かりはありません。
生憎海賊以外のソフトを持っていないのですが、後に控えている圧倒的なディズニーのアニメーション作品群が素晴らしいクオリティでリリースされるものと思います。もっとも、個人的には来週発売になるスターシップ・トゥルーパーズが一番気になります。



以上、色々と書きましたが、あくまで私の環境で視聴した場合の概観なのでご注意ください。

というわけで、これからやる気が続く限りはソフトの画質音質評価をだらだらと続けていきます。
少しでも多くの人に次世代ディスクの感動が伝えられたらと思います。
そして、より多くの人がBDを楽しむようになってくれれば幸いの極みです。

何から評価を始めるかは特に決めていませんが、もし手持ちのソフトの中でリクエストがあったら仰ってください。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【BDレビュー】 第246回『エリジウム』

『第9地区』の監督の新作だってんなら……もう見るしかないでしょうよ 画質:13 音質

記事を読む

BUFFALOからネットワークオーディオ向けに新NAS登場?

 ネットワークオーディオの未来とは大きく出たな。    ちなみに私が考える理想のサーバーとは

記事を読む

Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  そのうえであえて言わせ

記事を読む

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LUMINは年初にRoon Rea

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオユニオン・御茶の水 ハイエンド館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  11月14

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑