*

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる


画質:8 音質:8


映像はAVC、音声はDTS-HDMA7.1ch bit数は失念

画質について:
冒頭の俯瞰撮影時、フレーム単位で色調がずれる。この問題はその後は見られない。
非常に、非常に丁寧にリマスターをかけたのだなあと感心できる映像。なにより、70mmで撮られたらしい大元のフィルム素材の素性のよさというものが生かされた格好。
基本的には古い映画にありがちな、黒の引き込みが強く白飛びも早いという画なのだが、その分“見える範囲”に凝縮された情報量や色彩は素晴らしく、室内のシーンなどはとてつもなく精緻に作り込まれた箱庭的な映像を見せる。クローズアップ時の解像感は流石に時代相応な部分はあるが、不満を感じるほどではない。古い映画作品で心配される暗部のノイズは丹念に取り除かれており、要所要所で美しい闇が広がる。
全体の画作りは実はプライベートライアンに驚くほど似ているという意外な発見をした。
見所:
画面全体に光量を目一杯取り入れたカット(カメラの知識が無いのでどう表現すればいいやら)
ラストシーン

音質について:
DVDの時もそうだったが、この映画は特にダイアローグ=センターというように固定はしておらず、状況に応じて前3本のスピーカーに自在に音が振られている。オープニングで見られるように、歌い手が画面の右から左に動くような場面では歌声もライト→センター→レフトというように動く。ある意味実にシンプルに、なおかつシビアにフロント3chの音の繋がりが試されているとも言える。ちなみに私の環境下ではMAJIK DS-Iのアンプで鳴らすフロントよりもしょぼくれたAVアンプで鳴らすセンターの方が音が良くて少々ショック。これがスピーカーのクラス差というものか……
7.1ch音声だが、得てしてサラウンド感が生かされるような場面はほとんど無い。前述のようにフロント3chを主体とし、後ろの4本はあくまで微妙な残響やらを担当。この辺はディズニーのクラシック作品と同様である。
聴き所:
修道院長の美声
大佐の美声



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

UHD BDまであと少し……?

UHD BDまであと少し! BDAのチェアマンであるVictor Matsuda氏は、今回のラ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第200回『善き人のためのソナタ』

足かけ約5年、記念すべき200回目は、 「爆発とかしない映画で一本だけ選べ」と言われたら選ぶ作品

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー 音や

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  10月10

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第155回『サマーウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMA&ドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【BDレビュー】第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤

 時々、自らのコレクションに迎え入れられることを誇りに思う作品が存在する。  『アイアン・

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

 タグとは何か。  タグとはなぜ重要か。  タグに関するありがちな誤解とは。  三回連続で

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑