*

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。
 ちなみに見たのは2D版。
 残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてまったく見る気がしない。
 買っているのは3Dセットなので、いずれもっとまともな3Dプロジェクターが手に入ったら3Dを試してみたい。


画質:8
音質:11


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 はたしてこの映画にグレインは必要だったのか? というのが第一印象。
 宇宙の透徹した闇を想像していたら、いきなり予想外に主張するグレインが現れて少し戸惑ってしまった。割と最近『オブリビオン』という超高画質&超高S/Nな映像を見てしまったせいで、余計にそう感じてしまったのかもしれない。
 最新映画として見れば、特に解像感に優れるわけでも、情報量が豊富なわけでもない。さすがに余計なノイズの類は征服されていて顔を出すことはない。
 画質ではなく映像を見ろ、と言われれば確かにそうなのかもしれないが……

○見どころ
 地球
 無重力化の焔


○音質
 冒頭から、マルチチャンネルを最大限活用した無線音声のやり取りが行われており、音響に対する並々ならぬ熱意が聴き取れる。
 とはいうものの、作品を通して思ったのは、宇宙空間の静寂を表現したいのか、それともいかにもサスペンス然とした緊迫感を表現したいのか、いまいちわからないということ。あるシーンではデブリが構造物に激突しても完全無音なのに、またあるシーンでは派手に音が乱舞する。別にそれはそれで構わないが、音のあるなしに演出上の一貫性が欠けていたように思う。もっとも、音が鳴るシーンそのものについては、大回転するカメラワークに負けない恐るべき空間移動を体感させてくれる素晴らしい出来である。
 後半になるにしたがって無音のシーンは減り、虚空に主人公の心境を炸裂させるかのごとく音が鳴り始める。音のテンションは映像のテンションとともに果てしなく上昇を続け、業火と爆炎を纏ってついに落着する。
 ダイナミックレンジは広大で、マルチチャンネルの活用も見事の一言。Dolby Atmosが家庭用AVアンプに搭載された日には、きっと新装版のソフトが出ることだろう。

○聴きどころ
 ISS内での火事
 大気圏突入

○総評
 黎明期にろくでもないレベルのものばかり見せられたというのもあるが、個人的に、3Dにはまったく興味がない。最近の機器はどうなっているのだろう。ただ、2Dで見ている以上、この作品の真価を体感したとは言えない気もする。
 本作品は特に映像面がクローズアップされているが、同様に音にも注目してほしい。
 真価を発揮するのは、Dolby Atmosが家庭用にまで降りてきた時かな。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / I Found You ・

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD

記事を読む

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』  『どのようなライブラリを作りたいのか』

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. saksin より:

    最後の、主人公が立ち上がるカットが70mmフィルム撮影らしいので、本編のグレインはそのための(35mm風なのかやり過ぎな)加工なんだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑