*

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。
 ちなみに見たのは2D版。
 残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてまったく見る気がしない。
 買っているのは3Dセットなので、いずれもっとまともな3Dプロジェクターが手に入ったら3Dを試してみたい。


画質:8
音質:11


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 はたしてこの映画にグレインは必要だったのか? というのが第一印象。
 宇宙の透徹した闇を想像していたら、いきなり予想外に主張するグレインが現れて少し戸惑ってしまった。割と最近『オブリビオン』という超高画質&超高S/Nな映像を見てしまったせいで、余計にそう感じてしまったのかもしれない。
 最新映画として見れば、特に解像感に優れるわけでも、情報量が豊富なわけでもない。さすがに余計なノイズの類は征服されていて顔を出すことはない。
 画質ではなく映像を見ろ、と言われれば確かにそうなのかもしれないが……

○見どころ
 地球
 無重力化の焔


○音質
 冒頭から、マルチチャンネルを最大限活用した無線音声のやり取りが行われており、音響に対する並々ならぬ熱意が聴き取れる。
 とはいうものの、作品を通して思ったのは、宇宙空間の静寂を表現したいのか、それともいかにもサスペンス然とした緊迫感を表現したいのか、いまいちわからないということ。あるシーンではデブリが構造物に激突しても完全無音なのに、またあるシーンでは派手に音が乱舞する。別にそれはそれで構わないが、音のあるなしに演出上の一貫性が欠けていたように思う。もっとも、音が鳴るシーンそのものについては、大回転するカメラワークに負けない恐るべき空間移動を体感させてくれる素晴らしい出来である。
 後半になるにしたがって無音のシーンは減り、虚空に主人公の心境を炸裂させるかのごとく音が鳴り始める。音のテンションは映像のテンションとともに果てしなく上昇を続け、業火と爆炎を纏ってついに落着する。
 ダイナミックレンジは広大で、マルチチャンネルの活用も見事の一言。Dolby Atmosが家庭用AVアンプに搭載された日には、きっと新装版のソフトが出ることだろう。

○聴きどころ
 ISS内での火事
 大気圏突入

○総評
 黎明期にろくでもないレベルのものばかり見せられたというのもあるが、個人的に、3Dにはまったく興味がない。最近の機器はどうなっているのだろう。ただ、2Dで見ている以上、この作品の真価を体感したとは言えない気もする。
 本作品は特に映像面がクローズアップされているが、同様に音にも注目してほしい。
 真価を発揮するのは、Dolby Atmosが家庭用にまで降りてきた時かな。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト② BUFFALO DELAが達成した偉業

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Michael Jackson / Bad

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Bad ・購入元

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第153回『THIS IS IT』

画質:無評価 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【音源管理の精髄】 スキャンと画像編集 【ネットワークオーディオTips】

 スキャン。  最も高解像度のアルバムアートを得る最も確実な方法。  さっそくスキャンしよう

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. saksin より:

    最後の、主人公が立ち上がるカットが70mmフィルム撮影らしいので、本編のグレインはそのための(35mm風なのかやり過ぎな)加工なんだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑