*

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。
 ちなみに見たのは2D版。
 残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてまったく見る気がしない。
 買っているのは3Dセットなので、いずれもっとまともな3Dプロジェクターが手に入ったら3Dを試してみたい。


画質:8
音質:11


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 はたしてこの映画にグレインは必要だったのか? というのが第一印象。
 宇宙の透徹した闇を想像していたら、いきなり予想外に主張するグレインが現れて少し戸惑ってしまった。割と最近『オブリビオン』という超高画質&超高S/Nな映像を見てしまったせいで、余計にそう感じてしまったのかもしれない。
 最新映画として見れば、特に解像感に優れるわけでも、情報量が豊富なわけでもない。さすがに余計なノイズの類は征服されていて顔を出すことはない。
 画質ではなく映像を見ろ、と言われれば確かにそうなのかもしれないが……

○見どころ
 地球
 無重力化の焔


○音質
 冒頭から、マルチチャンネルを最大限活用した無線音声のやり取りが行われており、音響に対する並々ならぬ熱意が聴き取れる。
 とはいうものの、作品を通して思ったのは、宇宙空間の静寂を表現したいのか、それともいかにもサスペンス然とした緊迫感を表現したいのか、いまいちわからないということ。あるシーンではデブリが構造物に激突しても完全無音なのに、またあるシーンでは派手に音が乱舞する。別にそれはそれで構わないが、音のあるなしに演出上の一貫性が欠けていたように思う。もっとも、音が鳴るシーンそのものについては、大回転するカメラワークに負けない恐るべき空間移動を体感させてくれる素晴らしい出来である。
 後半になるにしたがって無音のシーンは減り、虚空に主人公の心境を炸裂させるかのごとく音が鳴り始める。音のテンションは映像のテンションとともに果てしなく上昇を続け、業火と爆炎を纏ってついに落着する。
 ダイナミックレンジは広大で、マルチチャンネルの活用も見事の一言。Dolby Atmosが家庭用AVアンプに搭載された日には、きっと新装版のソフトが出ることだろう。

○聴きどころ
 ISS内での火事
 大気圏突入

○総評
 黎明期にろくでもないレベルのものばかり見せられたというのもあるが、個人的に、3Dにはまったく興味がない。最近の機器はどうなっているのだろう。ただ、2Dで見ている以上、この作品の真価を体感したとは言えない気もする。
 本作品は特に映像面がクローズアップされているが、同様に音にも注目してほしい。
 真価を発揮するのは、Dolby Atmosが家庭用にまで降りてきた時かな。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。  笑って見てもらえると嬉しい。  ちなみにこの記事に

記事を読む

雪国、冬、静寂

 今年は暖冬で例年と比べて随分と遅くなったが、いよいよオーディオにとって最高の季節がやってき

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / frasco

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / frasco ・購入元 OTO

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

画質:7 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. saksin より:

    最後の、主人公が立ち上がるカットが70mmフィルム撮影らしいので、本編のグレインはそのための(35mm風なのかやり過ぎな)加工なんだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑