*

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格として、行き着くところまで行った感がある。オブジェクトオーディオが実現しようとしている、上方向まで含めた完璧な定位感・移動感・包囲感は、まさにサラウンドジャンキーにとっての夢に他ならない。
 ちなみに記事のタイトルにある「オブジェクトベースシアター」とは、「オブジェクトベース音声規格に対応したホームシアター」的な意味である。

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベース音声規格を導入するにあたり、その過程で仕入れた様々な情報や諸々の試行錯誤を記事にしていきたい。



・Dolby Atmos/DTS:Xに関する諸々

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない
世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
嫌な予感
家庭用アトモスを聴く
ようやく映画館でアトモスを聴く
ヘラクレス堕つ
Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤
Auro-3D……?
7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?
DTS:X!!!
5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?
DTS:Xはどうなる?
DTS:X正式発表
Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから
オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー
Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く
Dolby Surround/ドルビーサラウンドを試す
DTS:Xのソフトを片っ端から聴く
DTS Neural:Xを試す
オブジェクトベースシアターが完成して思うこと



・導入に関する諸々

スピーカーの配置
スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
トップスピーカーの選択
AVアンプの選択
アトモス時代のAVプリ
スピーカーの配置③――劇場の実際から考える
UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か
UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った
スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える
トップスピーカーの選択②――ECLIPSE TD307MK2A
トップスピーカーの天吊り方法
ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く
トップスピーカーの取り付け
AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59
SC-LX59でDolby Atmosを聴く
SC-LX59のDTS:X対応アップデート


スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー 音や

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  10月10

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。 新海作品が次世代ディス

記事を読む

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第7回『300』

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!! 画質:9→1

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第209回『コマンドー』

おまえは最後まで買わないと言ったな、あれは嘘だ 画質:6 音質:9 映像はMPE

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピング、Media

記事を読む

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化へ。TEACやLUXMANら8

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ボスケテ より:

    私も悩んでいます。
    オンキヨーのフロントイネーブルドスピーカーと

    プロロジ2z配置のフロントハイ(デノン推奨)から切り換えたシステムの試聴をしましたが
    イネーブルドとの差は少なかったです。
    (トップスピーカーの設置は有りませんでした)
    メーカーによって推奨スピーカー設置が違うので
    メーカーも試行錯誤中
    と考えています。

  2. ボスケテ より:

    そして、アトモス対応でもDACなどの性能の落ちる
    ミドル級AVアンプを導入しても全体のクオリティーは下がることは明白です。
    しかしフラグ機を買うほど確信も持て無いですし。

    ハイレゾよろしく洗濯竿竹屋の10年に一度の(以下略)に気を付けたいです。
    20万位で良いAVプリが出れば即買いなんですが…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑