*

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格として、行き着くところまで行った感がある。オブジェクトオーディオが実現しようとしている、上方向まで含めた完璧な定位感・移動感・包囲感は、まさにサラウンドジャンキーにとっての夢に他ならない。
 ちなみに記事のタイトルにある「オブジェクトベースシアター」とは、「オブジェクトベース音声規格に対応したホームシアター」的な意味である。

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベース音声規格を導入するにあたり、その過程で仕入れた様々な情報や諸々の試行錯誤を記事にしていきたい。



・Dolby Atmos/DTS:Xに関する諸々

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない
世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
嫌な予感
家庭用アトモスを聴く
ようやく映画館でアトモスを聴く
ヘラクレス堕つ
Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤
Auro-3D……?
7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?
DTS:X!!!
5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?
DTS:Xはどうなる?
DTS:X正式発表
Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから
オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー
Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く
Dolby Surround/ドルビーサラウンドを試す
DTS:Xのソフトを片っ端から聴く
DTS Neural:Xを試す
オブジェクトベースシアターが完成して思うこと



・導入に関する諸々

スピーカーの配置
スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
トップスピーカーの選択
AVアンプの選択
アトモス時代のAVプリ
スピーカーの配置③――劇場の実際から考える
UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か
UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った
スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える
トップスピーカーの選択②――ECLIPSE TD307MK2A
トップスピーカーの天吊り方法
ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く
トップスピーカーの取り付け
AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59
SC-LX59でDolby Atmosを聴く
SC-LX59のDTS:X対応アップデート


スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Marvin Gaye / The Marvine Gaye Collection

・アーティスト / アルバムタイトル Marvin Gaye / The Marvine Gaye

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第155回『サマーウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMA&ドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

DENON DNP-2500NE

デノン、“革新的”フルデジタルヘッドホンアンプ搭載のネットワークプレーヤー「DNP-2500NE」

記事を読む

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:14 (評価の詳細につ

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』はなぜ重要か 【ネットワークオーディオTips】

 前回の記事において、「タグとは何か」「何がタグなのか」を示した。  そして今回の記事では、「

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ボスケテ より:

    私も悩んでいます。
    オンキヨーのフロントイネーブルドスピーカーと

    プロロジ2z配置のフロントハイ(デノン推奨)から切り換えたシステムの試聴をしましたが
    イネーブルドとの差は少なかったです。
    (トップスピーカーの設置は有りませんでした)
    メーカーによって推奨スピーカー設置が違うので
    メーカーも試行錯誤中
    と考えています。

  2. ボスケテ より:

    そして、アトモス対応でもDACなどの性能の落ちる
    ミドル級AVアンプを導入しても全体のクオリティーは下がることは明白です。
    しかしフラグ機を買うほど確信も持て無いですし。

    ハイレゾよろしく洗濯竿竹屋の10年に一度の(以下略)に気を付けたいです。
    20万位で良いAVプリが出れば即買いなんですが…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑