*

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

BDキャプテンアメリカ


画質:14
音質:12


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 わずかにノイジーに転ぶ場面もあったが、基本的には『アベンジャーズ』の正当進化。
 瑞々しい情報量に溢れ、粒状感もほどほどの清廉潔白で健康的な画。色乗りは品良く抑えられている。画面を支配する鉄色が硬質なイメージがディティールを際立たせている。
 他のヒーローと異なり、キャップは派手な特殊能力を持たない。ビームも撃たないし電撃も出さない。しかしそのぶん、人物描写やドラマに重点が置かれている。画質的にもそれが奏功し、登場人物の表情を克明に映し出す情報量を得ることとなった。

○見どころ
 秘密基地の中の秘密の場所
 静謐な空間に広がる“6万メートルのテープ”の存在感


○音質
 アクション映画として非の打ち所のない素晴らしい音。
 前述のとおり、キャップは派手な特殊能力を持たない。戦闘スタイルも必然的に普通の人間に近しくなる。となると、音に関していえばヒーロー映画と言いつつ実質的にアクション映画の音になる。そう考えた時、本作の音は求められるすべての要素をほぼ完ぺきに備えている。
 銃撃のパワーも、マルチチャンネルを目いっぱい活用した空間構築も、ひとつひとつの打撃の重さも、非常に高いレベルにある。後半で登場するファルコも縦横無尽に空間を駆け巡り、音響体験に素敵な華を添える。
 ひとつ惜しむらくは、クライマックスでヘルキャリアの重火器のテンションが携行火器のそれとイマイチ変わり映えしなかったこと。威力の違いを音でも炸裂させてほしかった。

○聴きどころ
 長官の襲撃シーン

○総評
 画質音質云々よりも、まず作品それ自体の出来が素晴らしかったということも言っておきたい。アベンジャーズ以降のマーベル映画も一通り見てきたが、私にはその中で最高に面白かった。
 クオリティ的にも非常に高いレベルでまとまっており、すべてにおいて太鼓判を押せる。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第57回『ヘアスプレー』

画質:8 音質:14+ 映像はVC-1でビットレートは精々10Mbps台。異常に低い。

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

【音源管理の精髄】 MediaMonkeyでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、MediaMonkeyを取扱う記事はそれなりに多い。  しかし、Medi

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ②

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑