*

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

BDキャプテンアメリカ


画質:14
音質:12


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 わずかにノイジーに転ぶ場面もあったが、基本的には『アベンジャーズ』の正当進化。
 瑞々しい情報量に溢れ、粒状感もほどほどの清廉潔白で健康的な画。色乗りは品良く抑えられている。画面を支配する鉄色が硬質なイメージがディティールを際立たせている。
 他のヒーローと異なり、キャップは派手な特殊能力を持たない。ビームも撃たないし電撃も出さない。しかしそのぶん、人物描写やドラマに重点が置かれている。画質的にもそれが奏功し、登場人物の表情を克明に映し出す情報量を得ることとなった。

○見どころ
 秘密基地の中の秘密の場所
 静謐な空間に広がる“6万メートルのテープ”の存在感


○音質
 アクション映画として非の打ち所のない素晴らしい音。
 前述のとおり、キャップは派手な特殊能力を持たない。戦闘スタイルも必然的に普通の人間に近しくなる。となると、音に関していえばヒーロー映画と言いつつ実質的にアクション映画の音になる。そう考えた時、本作の音は求められるすべての要素をほぼ完ぺきに備えている。
 銃撃のパワーも、マルチチャンネルを目いっぱい活用した空間構築も、ひとつひとつの打撃の重さも、非常に高いレベルにある。後半で登場するファルコも縦横無尽に空間を駆け巡り、音響体験に素敵な華を添える。
 ひとつ惜しむらくは、クライマックスでヘルキャリアの重火器のテンションが携行火器のそれとイマイチ変わり映えしなかったこと。威力の違いを音でも炸裂させてほしかった。

○聴きどころ
 長官の襲撃シーン

○総評
 画質音質云々よりも、まず作品それ自体の出来が素晴らしかったということも言っておきたい。アベンジャーズ以降のマーベル映画も一通り見てきたが、私にはその中で最高に面白かった。
 クオリティ的にも非常に高いレベルでまとまっており、すべてにおいて太鼓判を押せる。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Cary Audio DMS-500(Roon Ready)

 海外のネットワークオーディオ関連製品をなんとなく紹介するシリーズ。 Cary Audio

記事を読む

AKIRAのハイレゾ

「交響組曲 AKIRA」が脳を活性化する“ハイパーハイレゾ”で配信開始。DSD 11.2MHzなど

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。  導入したのは、『ブビンガ』のボードで

記事を読む

LUMIN A1を試す・機能編 LINN DSとの徹底比較

導入編 動作編  知りたいのはまさにコレ。違う?  LINN DSを使ってそろ

記事を読む

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。 画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。  いつ終わるやら。  タグとは何か。  タグはな

記事を読む

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半年に一度の「ベストバイ」。あら

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑