*

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

BDキャプテンアメリカ


画質:14
音質:12


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 わずかにノイジーに転ぶ場面もあったが、基本的には『アベンジャーズ』の正当進化。
 瑞々しい情報量に溢れ、粒状感もほどほどの清廉潔白で健康的な画。色乗りは品良く抑えられている。画面を支配する鉄色が硬質なイメージがディティールを際立たせている。
 他のヒーローと異なり、キャップは派手な特殊能力を持たない。ビームも撃たないし電撃も出さない。しかしそのぶん、人物描写やドラマに重点が置かれている。画質的にもそれが奏功し、登場人物の表情を克明に映し出す情報量を得ることとなった。

○見どころ
 秘密基地の中の秘密の場所
 静謐な空間に広がる“6万メートルのテープ”の存在感


○音質
 アクション映画として非の打ち所のない素晴らしい音。
 前述のとおり、キャップは派手な特殊能力を持たない。戦闘スタイルも必然的に普通の人間に近しくなる。となると、音に関していえばヒーロー映画と言いつつ実質的にアクション映画の音になる。そう考えた時、本作の音は求められるすべての要素をほぼ完ぺきに備えている。
 銃撃のパワーも、マルチチャンネルを目いっぱい活用した空間構築も、ひとつひとつの打撃の重さも、非常に高いレベルにある。後半で登場するファルコも縦横無尽に空間を駆け巡り、音響体験に素敵な華を添える。
 ひとつ惜しむらくは、クライマックスでヘルキャリアの重火器のテンションが携行火器のそれとイマイチ変わり映えしなかったこと。威力の違いを音でも炸裂させてほしかった。

○聴きどころ
 長官の襲撃シーン

○総評
 画質音質云々よりも、まず作品それ自体の出来が素晴らしかったということも言っておきたい。アベンジャーズ以降のマーベル映画も一通り見てきたが、私にはその中で最高に面白かった。
 クオリティ的にも非常に高いレベルでまとまっており、すべてにおいて太鼓判を押せる。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭2017・第二回デジ研(日程・内容の

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第34回『ソード・フィッシュ』

ケツアゴ+素っ裸+マトリックスな映画。 画質:9 音質:6 映像はVC-1でビッ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑