*

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

bd%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%89

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。

画質:8
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 6.1ch(1・3) DTS-HD Master Audio 7.1ch(2)

 シリーズを通してクオリティの変動が小さいので画質・音質は三作共通ということで。


○画質
 その名に恥じない鋭利かつ硬質な画。フィルム撮影らしい透明な空気感を湛え、良く沈んだ闇と怜悧な光沢が同居する。暗部諧調もいい具合に粘り、ブレイドのコスチュームは闇夜に在ってなお立体感を失わない。
 フィルムグレインもしっかり乗って解像感を底上げしている一方で、情報量的には限界があるため、暗部になればなるほどグレイニーを通り越してノイジーに転んでしまうシーンも散見される。特に2の下水道のシーンはかなり酷いことになっている。
 映像の質感は初代の時点で完成されている。毒々しくハイコントラストな色彩は破綻することなく鮮烈な表情を見せる。特に蒼褪めた照明の下で降り注ぐ血の雨の、おぞましくも艶めかしい様などは下手なホラー映画よりもぞっとしない。

○見どころ
 スピード感があるんだかないんだかよくわからないウェズリー・スナイプスのアクション
 何のために出てきたのかよくわからないドニー・イェン


○音質
 空間を切り裂く鋭利な効果音と、徹底活用されたマルチチャンネルが相互作用で火花を散らす。
 基本的にでかい敵が出てくることも過剰な火力の兵器が出てくることもない関係で、音それ自体は巨大な威力を持っているわけではない。そのぶん豊富な音数と緻密な音響構築が取り柄で、包囲感・移動感・定位感のいずれにも優れる。銀製武器の一撃を食らった吸血鬼がジュウジュウ火を噴きながら崩れ落ちる音は、カメラワークに追随して視界から消えた後も横に背後に回り込む。爽快。比較的閉所で戦闘が行われることが多いため、響きを上手に活かしたシーンも数多い。
 アクション映画として申し分のない、手の込んだ音響体験を味わえる。

○聴きどころ
 物理法則を無視して飛ぶチャクラム的な何か
 リーパーうじゃうじゃ下水道


○総評
 作品の完成度的にもBDのクオリティ的にも手堅い出来のアメコミ映画シリーズ。3も含めて個人的には好き。
 なお後にブレイドは武装列車に拘束されていたところを荒くれたちに救出されたり、3に出てくるハンニバル・キングは不死身のマスク男になったりしている。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの

 ネットワークオーディオプレーヤーとは、物凄く端的に言ってしまえばあらゆる要素をオーディオに特化させ

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

画質:8 音質:14 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server 運用編

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑