*

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

bd%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%89

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。

画質:8
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 6.1ch(1・3) DTS-HD Master Audio 7.1ch(2)

 シリーズを通してクオリティの変動が小さいので画質・音質は三作共通ということで。


○画質
 その名に恥じない鋭利かつ硬質な画。フィルム撮影らしい透明な空気感を湛え、良く沈んだ闇と怜悧な光沢が同居する。暗部諧調もいい具合に粘り、ブレイドのコスチュームは闇夜に在ってなお立体感を失わない。
 フィルムグレインもしっかり乗って解像感を底上げしている一方で、情報量的には限界があるため、暗部になればなるほどグレイニーを通り越してノイジーに転んでしまうシーンも散見される。特に2の下水道のシーンはかなり酷いことになっている。
 映像の質感は初代の時点で完成されている。毒々しくハイコントラストな色彩は破綻することなく鮮烈な表情を見せる。特に蒼褪めた照明の下で降り注ぐ血の雨の、おぞましくも艶めかしい様などは下手なホラー映画よりもぞっとしない。

○見どころ
 スピード感があるんだかないんだかよくわからないウェズリー・スナイプスのアクション
 何のために出てきたのかよくわからないドニー・イェン


○音質
 空間を切り裂く鋭利な効果音と、徹底活用されたマルチチャンネルが相互作用で火花を散らす。
 基本的にでかい敵が出てくることも過剰な火力の兵器が出てくることもない関係で、音それ自体は巨大な威力を持っているわけではない。そのぶん豊富な音数と緻密な音響構築が取り柄で、包囲感・移動感・定位感のいずれにも優れる。銀製武器の一撃を食らった吸血鬼がジュウジュウ火を噴きながら崩れ落ちる音は、カメラワークに追随して視界から消えた後も横に背後に回り込む。爽快。比較的閉所で戦闘が行われることが多いため、響きを上手に活かしたシーンも数多い。
 アクション映画として申し分のない、手の込んだ音響体験を味わえる。

○聴きどころ
 物理法則を無視して飛ぶチャクラム的な何か
 リーパーうじゃうじゃ下水道


○総評
 作品の完成度的にもBDのクオリティ的にも手堅い出来のアメコミ映画シリーズ。3も含めて個人的には好き。
 なお後にブレイドは武装列車に拘束されていたところを荒くれたちに救出されたり、3に出てくるハンニバル・キングは不死身のマスク男になったりしている。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第294回『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 』

画質:9 音質:6 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。 画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 OTOTEN 2017 アイ・オ

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 MediaMonkeyでリッピング

 38ドルが惜しいという人はMediaMonkeyでリッピングもしてしまおう。  Medi

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑