*

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

BD風立ちぬ
好きなことを一生懸命やる。


画質:15
音質:10


映像:AVC
音声:リニアPCMモノラル 2.0ch 24bit


○画質
 BDとしては『崖の上のポニョ』から連綿と続く、デジタル制作時代のジブリの画。
 ジブリ作品ならではの、極めて繊細な粒子感を付加するフィルターは相変わらず効果を発し、デジタルならではの精細感にフィルム“っぽい”質感を与えている。
 圧縮に伴うノイズといった技術的課題はとうの昔にクリアされており、あとはいかにBDという器に最大限の情報量を注ぎ込めるかという次元の画。
 ジブリ作品のBDの到達点。
 揺るぎない技術の積み重ねに裏打ちされた盤石の安定感。
 空の青と夢の緑に、心が躍った。

○見どころ
 飛行機の質感
 計算尺のディティール
 すべての美術


○音質
 本作のサウンドはモノラル×2であり、そもそもの時点で空間的な音の構築は期待しようがない。
 また、明らかな演出意図に基づいたものだとは思うが、音のダイナミックレンジもかなり抑えられているという印象を受ける。
 そのため、同じ2.0ch収録の『紅の豚』と比べると、映画音響としてのダイナミズムは明らかに劣っている。散りばめられた音数はそれほどでもなく、飛行機のエンジン音も、空を裂いて翻る様も、音だけで観る者を昂揚させるようなものではない。
 ただ、この作品の音が目指したのは鉄火舞い散るドンパチではなく、あくまで飛行機を取り巻く“人間”の心の機微を描くことだと思うので、“あえて”ダイアローグにフォーカスを当てたモノラル音声というのはアリだと感じた。また、初期のジブリBDに感じた“声の過剰なハリ”は本作ではすっかり改善されており、滑らかで、自然で、かつ存在感があるという実に素敵な声を聴かせる。
 これはこれでよいのだと思わせるに足る、非常に完成度の高い音である。

○聴きどころ
 プロポーズ
 すべてのダイアローグ


○総評
 主演声優を見た時は「DAICON FILMかよ!」と思ったが、なかなかどうしてしっくりはまっている。プロポーズに到る一連のダイアローグは必聴。
 作品のテーマに「戦争と飛行機」を選んだあたり、やはり引退作として並々ならぬ思いがあったのだろう。そして作中では、「戦争は嫌いだが、それでも戦車や飛行機が好きで好きでたまらない」という監督の内面が物凄くストレートに表現されている。そのせいだろうか、作品全体に気張った感じも気負った感じもなく、物語の展開が非常にスムーズだった。幾度となく登場する夢の草原は、飛行機を愛してやまない監督自身の夢でもあったはずだ。
 BDとして見ても、画は盤石にして極めて優秀、音は残念ながらマルチチャンネルを駆使した映画音響の醍醐味、というものからはだいぶ外れているが、高品位なダイアローグは一聴に値する。
 心のこもった作品だからこそ、その想いを最大限受け止めるべく、可能な限りの高画質・高音質で鑑賞したい。
 本作のBDは、その夢をきっと叶えてくれる。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【アプリ紹介】ChorusDS HD

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Chor

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Physical Graffiti (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Physical

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売

<HIGH END>OPPO、Ultra HD Blu-rayプレーヤーを’16年末に発売へ - P

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑