*

【BDレビュー】 第122回『キング・コング』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:12 音質:(8)


映像はVC-1でビットレートは極めて低め。そもそも20Mbps台にすらあまり乗らん。
音声はDTS-HDMAの24bit。

画質について。
まず指摘しなければならないのが、コレほんとにBD仕様か? と疑いたくなるほどに、極めてビットレートが低いこと。激しくカメラワークが動く場面ですら20台に乗らないのはザラ。が、25Mbps~になることも非常に稀ながら“ないことはない”ので、まあBD仕様なのだろう。もっともっとビットレートつぎ込めよ、と思うが。いくら長い映画っつったって、映像のビットレートの平均はキングダムオブヘブンの精々半分くらいじゃないの? 容量余ってんだろこれ。
で、実際の画質面は低ビットレートであることを全く感じさせない。素晴らしい精細感に情報量、暗い場面でも甘くなることはなく、CGまみれゆえの解像感が終始冴え渡る。低ビットレートの弊害は恐らく暗部の情報量に出ているのではないか、急に情報量が欠落する傾向がある。しかし、それがかえって画面のコントラストを高め、映像の鋭利さを高めているとも言える。低ビットレートながら素晴らしい精細感に濃厚な色彩という点で、画質の傾向としては『アイランド』と近いものがある。もっと善く出来ただろ、という点においても。
ちなみにCGと実写のコンポジットがあまりにも下手糞で泣けてくる。いっそ実写排除して完全フルCGでもよかったんじゃないのこれ。

音質について。
サブウーファーが無いと無理かもしれない。
ハルクで感じたのと同様、音に硬さが無い。キングコングの場合、重さも無い。特に雷竜大進撃の場面など、なんとも上滑りした感のある空気が流れていくだけで、正直音が完全に映像に負けている。音響効果賞でオスカーを取った映画でいくらなんでもこれはあるまいというわけで、やはり原因として考えられるのはサブウーファーの不在。
作中の効果音の大半がサブウーファーを咆哮させることを前提にして作られているなら、現状の環境では文字通り上滑りした評価しか出来ない。本来なら「サブウーファーが無きゃ破綻する/まるで迫力が無くなるような音響製作するんじゃねー!」と言いたいところだが、作品が作品だけに仕方あるまい。
そんなわけで評価は保留。マルチチャンネル/サウンドデザイン自体は非常に練られていることが分かるので、とりあえず8としておく。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

本当に音の良いハイレゾ音源 ― 『ハイレゾならではの高音質』とは何か

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか  上記記事において、私は  ハイレゾ音源は容量だけは間

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。 AURALiC's New Bundle Of Goodi

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ハード編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。  ネットワークオーディオの究極

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】プレーヤーがOpenHome対応か否かを確認する方法 ※要注意

【2017/02/01追記】 OpenHomeに対応したプレーヤーでも、Kazooでは操作でき

記事を読む

【BDレビュー】第315回『アントマン』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑