*

【BDレビュー】 第122回『キング・コング』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:12 音質:(8)


映像はVC-1でビットレートは極めて低め。そもそも20Mbps台にすらあまり乗らん。
音声はDTS-HDMAの24bit。

画質について。
まず指摘しなければならないのが、コレほんとにBD仕様か? と疑いたくなるほどに、極めてビットレートが低いこと。激しくカメラワークが動く場面ですら20台に乗らないのはザラ。が、25Mbps~になることも非常に稀ながら“ないことはない”ので、まあBD仕様なのだろう。もっともっとビットレートつぎ込めよ、と思うが。いくら長い映画っつったって、映像のビットレートの平均はキングダムオブヘブンの精々半分くらいじゃないの? 容量余ってんだろこれ。
で、実際の画質面は低ビットレートであることを全く感じさせない。素晴らしい精細感に情報量、暗い場面でも甘くなることはなく、CGまみれゆえの解像感が終始冴え渡る。低ビットレートの弊害は恐らく暗部の情報量に出ているのではないか、急に情報量が欠落する傾向がある。しかし、それがかえって画面のコントラストを高め、映像の鋭利さを高めているとも言える。低ビットレートながら素晴らしい精細感に濃厚な色彩という点で、画質の傾向としては『アイランド』と近いものがある。もっと善く出来ただろ、という点においても。
ちなみにCGと実写のコンポジットがあまりにも下手糞で泣けてくる。いっそ実写排除して完全フルCGでもよかったんじゃないのこれ。

音質について。
サブウーファーが無いと無理かもしれない。
ハルクで感じたのと同様、音に硬さが無い。キングコングの場合、重さも無い。特に雷竜大進撃の場面など、なんとも上滑りした感のある空気が流れていくだけで、正直音が完全に映像に負けている。音響効果賞でオスカーを取った映画でいくらなんでもこれはあるまいというわけで、やはり原因として考えられるのはサブウーファーの不在。
作中の効果音の大半がサブウーファーを咆哮させることを前提にして作られているなら、現状の環境では文字通り上滑りした評価しか出来ない。本来なら「サブウーファーが無きゃ破綻する/まるで迫力が無くなるような音響製作するんじゃねー!」と言いたいところだが、作品が作品だけに仕方あるまい。
そんなわけで評価は保留。マルチチャンネル/サウンドデザイン自体は非常に練られていることが分かるので、とりあえず8としておく。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

【BDレビュー】第328回『ワールド・ウォーZ』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 タグとフォルダーの併用 【ネットワークオーディオTips】

 これはPCオーディオとネットワークオーディオの両方に使えるテクニックだが、音源のブラウズをすべてア

記事を読む

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第137回『2001年 宇宙の旅』

画質:8 無限の彼方:10☆ 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHD。ビット

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Going For The One

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Going For The One ・購入

記事を読む

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑