*

【BDレビュー】第281回『All You Need Is Kill』

公開日: : 最終更新日:2016/04/09 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDall you need is kill


画質:9
音質:10→14
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 最近ではあまり見なくなった硬質な画。
 と言っても、一昔前の粒状感利かせまくりのゴリゴリ路線ではなく、あくまで漲る情報量をベースにしたもの。決してノイジーというわけではない。
 作品の性質上、映るものと言えば殺風景な基地内部と鉄火飛び交う砂浜程度なので、風景の変化には乏しい。見目麗しい光景はまず現れない。
 というわけで必然的に画質的なハイライトはパワードスーツとギタイとなる。
 パワードスーツの情報量については申し分なし。血と汗と油と泥と錆に塗れ炎に焙られる様を見ているだけで楽しい。
 一方でギタイは正直パッとしない。基本的にすべての個体がモブであって印象に残らないのに加え、単純に動きが早すぎることもあってじっくり観察する余地がない。ただ、デザインはなるほどーという感じ。原作を読んだイメージではヒトデのお化けというか、もうちょっとコミカルというか間の抜けた姿を想像していたのだが。

○見どころ
 基地内リタ訓練スキー


○音質
 大暴れ。
 銃声、爆音といった類の音はすべて大き目かつ派手に演出され、7.1chの空間を隙間なく埋め尽くす。使用する火器による音の違いも克明に描き分けられており、ドンパチに更なる魅力を与えている。
 包囲感、移動感、躍動感は申し分なし。
 ダイアローグも変に綺麗になっておらず、渋みが残っていることも作品の空気によく合っている。
 上下方向にも大きく映像が広がっているので、Dolby Atmosで収録されていたら……と思わずにはいられない。

【サブウーファー導入後】
 マルチチャンネル・サラウンドの構築という点では既に完璧だった音響に異質な威力が加わり、常に死を意識させるような凄まじい音に変貌した。銃声の一発一発からしてまるで別物、まるで違う兵器を使っているようだ。
 まさしくLFEとサブウーファーの意義を体現する作品である。

○聴きどころ
 砂浜


○総評
 原作の素晴らしい映画化。
 パイルバンカーが付いてないとか斧じゃないとか、そんなことがどうでもよくなるくらい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【音源管理の精髄】 foobar2000でネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、foobar2000を取扱う記事は枚挙に暇がない。  foobar200

記事を読む

【アプリ紹介】ChorusDS HD

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Chor

記事を読む

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か  UHD BDが先だった。  やはり「既に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

【BDレビュー】 第243回『SHORT PEACE』

 ジーニアスパーティー・ビヨンドのBD化はまだか! まだですか!  (無印は別に……)

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑