*

【BDレビュー】第281回『All You Need Is Kill』

公開日: : 最終更新日:2016/04/09 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDall you need is kill


画質:9
音質:10→14
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 最近ではあまり見なくなった硬質な画。
 と言っても、一昔前の粒状感利かせまくりのゴリゴリ路線ではなく、あくまで漲る情報量をベースにしたもの。決してノイジーというわけではない。
 作品の性質上、映るものと言えば殺風景な基地内部と鉄火飛び交う砂浜程度なので、風景の変化には乏しい。見目麗しい光景はまず現れない。
 というわけで必然的に画質的なハイライトはパワードスーツとギタイとなる。
 パワードスーツの情報量については申し分なし。血と汗と油と泥と錆に塗れ炎に焙られる様を見ているだけで楽しい。
 一方でギタイは正直パッとしない。基本的にすべての個体がモブであって印象に残らないのに加え、単純に動きが早すぎることもあってじっくり観察する余地がない。ただ、デザインはなるほどーという感じ。原作を読んだイメージではヒトデのお化けというか、もうちょっとコミカルというか間の抜けた姿を想像していたのだが。

○見どころ
 基地内リタ訓練スキー


○音質
 大暴れ。
 銃声、爆音といった類の音はすべて大き目かつ派手に演出され、7.1chの空間を隙間なく埋め尽くす。使用する火器による音の違いも克明に描き分けられており、ドンパチに更なる魅力を与えている。
 包囲感、移動感、躍動感は申し分なし。
 ダイアローグも変に綺麗になっておらず、渋みが残っていることも作品の空気によく合っている。
 上下方向にも大きく映像が広がっているので、Dolby Atmosで収録されていたら……と思わずにはいられない。

【サブウーファー導入後】
 マルチチャンネル・サラウンドの構築という点では既に完璧だった音響に異質な威力が加わり、常に死を意識させるような凄まじい音に変貌した。銃声の一発一発からしてまるで別物、まるで違う兵器を使っているようだ。
 まさしくLFEとサブウーファーの意義を体現する作品である。

○聴きどころ
 砂浜


○総評
 原作の素晴らしい映画化。
 パイルバンカーが付いてないとか斧じゃないとか、そんなことがどうでもよくなるくらい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.com/watch?v=p97Q

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

画質:7 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【音響の火花】 鴉-KARAS-

 と、いうわけで【音響の火花】を始めようと思う。第1回なので、どう書くべきか、どんなデータが必要かも

記事を読む

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Beat

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall Trio / Beat

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

【BDレビュー】第254回『GATCHAMAN CROWDS』

鴉-KARAS-繋がりで。 画質:7 音質:7 映像:AVC 音声:リニアP

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑