*

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいのだが、まぁ。


画質:13
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC 3.4K/6.5K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 見事。
 きりりとシャープ、情報量豊か、暗いとちょい荒れるシーンもあるけれど、全体的に極めて高水準の画が続く。
 俳優のクローズアップもさることながら、様々な小道具、特に「鎧」の描写が素晴らしく、長城の上を色とりどりの鎧に身を包んだ大軍が行き交う様は情報量の洪水である。地の果てより雲霞の如く襲い掛かるトウテツ(本作においては頭部に饕餮文らしき複雑な意匠を持つ四足歩行の怪物)と激突する最中でも終始画面は清廉さを保ち、スモークが多用されるシーンでも夜闇が多用されるシーンでも解像感は高止まりしている。
 先述の鎧をはじめとして鮮やかな色彩表現が随所に見られ、特に都の煌びやかな様はHDRでさらなる輝きを放つものと思われる。
 UHD BDで見直したくなる画だった。

○見どころ
 鎧


○音質
 気取らず、出し惜しみせず、とにかく映像だけでなく音でも楽しませようという意図をふんだんに感じる音。
 大地を震わせてやってくるトウテツの群れに膨大な数の弓矢・投石が繰り出される合戦シーンは音数・威力ともに期待を裏切らないスペクタクルを提供する。豪快に鳴る音楽も素晴らしい。
 トップスピーカーは効果音と音楽の両方でフル活用されている。終盤の「地下から頭上を見上げるシーン」では、『アメイジング・スパイダーマン2』の空から降り注ぐグリーンゴブリンの狂笑をも越える強烈な威力と存在感が頭上から放たれる。これはいい。
 巨大なスケール感だけでなく細やかな音の積み重ねや移動も精緻に表現されており、オブジェクトオーディオの甲斐もあって戦闘の怒号はぐるんぐるんと切れ目なく空間を駆け巡る。
 血沸き肉踊る素晴らしい音だ。

○聴きどころ
 戦闘シーン全般


○総評
 頭を空にすれば、細かいことは抜きにして大いに目と耳を喜ばせるに足る娯楽映画だと思う。逆にあれこれ言い出すときりがない。
 AV的なクオリティは非常に素晴らしいので、UHD BDにも大いに期待できる。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」なんて狂気の沙汰にまで踏み込ん

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Technics Music App』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Marvin Gaye / The Marvine Gaye Collection

・アーティスト / アルバムタイトル Marvin Gaye / The Marvine Gaye

記事を読む

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、標準仕様になっているSOtMの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑