*

【BDレビュー】 第151回『トランスフォーマー リベンジ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:13


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
もはや、BD――解像度1920×1080という土俵で、デジタル撮影実写映画の、かつこの手の画作りにおいて、これ以上の画質は望めないのではないか? そんな思いを起こさせる。
基本的な画作りは前作を継承。強靭にして重厚なコントラスト、ほとばしる情報量、炸裂する色彩。前作における唯一の問題点であった、“画調いじりすぎによる画の破綻”もついに克服され、全編に渡るとてつもなくハイテンションな映像を一点の瑕も無くソフトに落とし込んで見せた。
そこには「フィルムライクがどうしたこうした」だの、「作品としてのルックがどうしたこうした」だの、そんな有象無象にして意味を成さない言葉など必要ない。かつて蜘蛛男3で感じたあの感動が蘇る。鮮明で、艶やかで、力強く、輝きに満ち、闇に煌めきを散りばめ、不要なノイズは無く、階調の破綻も無く、厳然たる世界が在る……
そうッ! これぞ原点ッ!!
最も高画質の喜びに満ち溢れる高画質。これこそまさに、視覚のご馳走。
気品、もしくは威風さえ感じる、到達点たる画質である。
ちなみにIMAX画角は収録せず。(デヴァステーターのカットとか)別にIMAXでなけりゃ表現できないカットでも無いんで別に構わんけれど。

音質について。
前作の視聴記で私はこう言った。「映像のテンションに音響が追いついていない」と。
本作ではついに、その僅かな不満点さえ拭い去り、映像を強烈に駆動する、まさに驚天動地の音響を叩き込む。
いったい爆発音だけで何種類を作ったのかと笑いたくなる。一発一発の効果音の派手さよりも空間の広さを最重要視した音作りであり、その広大な音響空間に数え切れない効果音とメカの独特な駆動音がみなぎる。激烈な緊張感と包囲感、マルチチャンネル・サラウンドの真骨頂たる空間表現は片時も休まるときが無い。
まさに“そこにいる!”感である。どこまでもアンプのボリュームを上げたくなる。でも我慢。
これはもうサブウーファーを導入するしかあるまい。

見た、聴いた、汗びっしょりだ!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第170回『エイリアンVS.プレデター2』

画質:9 音質:11 映像はAVC、音声はDTS-HDMA 画質について。 凄まじ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。  真

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑