*

【BDレビュー】 第151回『トランスフォーマー リベンジ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:13


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
もはや、BD――解像度1920×1080という土俵で、デジタル撮影実写映画の、かつこの手の画作りにおいて、これ以上の画質は望めないのではないか? そんな思いを起こさせる。
基本的な画作りは前作を継承。強靭にして重厚なコントラスト、ほとばしる情報量、炸裂する色彩。前作における唯一の問題点であった、“画調いじりすぎによる画の破綻”もついに克服され、全編に渡るとてつもなくハイテンションな映像を一点の瑕も無くソフトに落とし込んで見せた。
そこには「フィルムライクがどうしたこうした」だの、「作品としてのルックがどうしたこうした」だの、そんな有象無象にして意味を成さない言葉など必要ない。かつて蜘蛛男3で感じたあの感動が蘇る。鮮明で、艶やかで、力強く、輝きに満ち、闇に煌めきを散りばめ、不要なノイズは無く、階調の破綻も無く、厳然たる世界が在る……
そうッ! これぞ原点ッ!!
最も高画質の喜びに満ち溢れる高画質。これこそまさに、視覚のご馳走。
気品、もしくは威風さえ感じる、到達点たる画質である。
ちなみにIMAX画角は収録せず。(デヴァステーターのカットとか)別にIMAXでなけりゃ表現できないカットでも無いんで別に構わんけれど。

音質について。
前作の視聴記で私はこう言った。「映像のテンションに音響が追いついていない」と。
本作ではついに、その僅かな不満点さえ拭い去り、映像を強烈に駆動する、まさに驚天動地の音響を叩き込む。
いったい爆発音だけで何種類を作ったのかと笑いたくなる。一発一発の効果音の派手さよりも空間の広さを最重要視した音作りであり、その広大な音響空間に数え切れない効果音とメカの独特な駆動音がみなぎる。激烈な緊張感と包囲感、マルチチャンネル・サラウンドの真骨頂たる空間表現は片時も休まるときが無い。
まさに“そこにいる!”感である。どこまでもアンプのボリュームを上げたくなる。でも我慢。
これはもうサブウーファーを導入するしかあるまい。

見た、聴いた、汗びっしょりだ!



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハ

記事を読む

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD - AV Wat

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第119回『羊たちの沈黙』

すげー久々に見たFOXのクソ手抜きやっつけ仕事 たまげたなぁ 画質:5 音質:5

記事を読む

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】第69回『ブレードランナー』

記事を読む

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のPS3に対する感情は、普通のゲー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要はオーディオ機器として作られた単

記事を読む

【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体 Roon 設定

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑