*

Roon関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」Roon
 「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、単なる「再生」ではなく、「鑑賞」という言葉を使って私はRoonを表現している。

 Roonは真剣なオーディオ用途に供し得る再生機能に加え、独自の音楽情報データベースを用いた極めて強力なライブラリ機能とシステム構築の高い柔軟性を備えたソフトウェア/サービスであり、ユーザーは課金(119ドル/年)か買い切り(499ドル)の形で利用する。他の再生ソフトに比べて高額ではあるが、投資に見合うだけの価値はある。

 Roon対応機器の紹介も含めてかなり記事が増えたので、まとめ。


Roon Readyになりました

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト(現在進行中)


・概要、使い方、Roonの「魔法」について

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか――初出記事(2015/10/03)
 Roon 導入編
 Roonの「魔法」の正体
【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性 ☆
 続・Roonの「魔法」の正体と、その限界 ☆
 Roon 設定・再生編

Roonの「Core」・「Control」・「Output」 ☆

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?
4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編 ☆

Roon 1.3のプレビュー
Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編
Roon 1.3の諸々 再生機能編
Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters
Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512


・Roonの真価、ライブラリ機能と「音楽の海」について

Roonの「音楽の海」がもたらすもの ☆
Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする
RoonがDropboxと連携できるようになったようだが……?


・Roon Server/Roon Ready、ネットワーク方面の拡張性について

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote ☆
RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る
Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの ☆
Roon 1.2とRoon Bridge ☆
Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢
Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平
ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready
続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready ☆



・Roon対応機器/ブランドの紹介記事こちらも参照)

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向


432 EVO
 AEON、HIGH-END、ESSENSEの3モデル(Roon Server)


Antipodes
 DX Music Server(Roon Server)


Audio Alchemy
 DMP-1(Roon Ready)


Auralic
 ARIES(Roon Ready)
 ALTAIR(Roon Ready)
 POLARIS(Roon Ready)
 ARIES G2 / VEGA G2(Roon Ready)


Ayre
 QX-5 Twenty(Roon Ready)
 QX-8 / AX-8(Roon Ready)


Brinkmann
 Nyquist DAC(Roon Ready)


CHORD
 Poly(Roon Ready)


Clones audio
 THE HOST music server(Roon Server)


Cocktail Audio
 CA-X50(Roon Ready)


constellation audio
 LEO(Roon Ready)


dCS
 Network Bridge(Roon Ready)
 Vivaldi One(Roon Ready)


ELAC
 DS-S101(Roon Server)


exaSound
 PlayPoint(Roon Server)
 日本上陸一番乗り!


Fidelizer
 Nimitra Computer Audio Server(Roon Server)


IQaudIO
 Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+(Roon Ready)


LUMIN
 プレーヤー全機種がRoon Ready
 LUMINがRoon Readyになったような
 LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定


Mark Levinson
 No519(Roon Ready)


Merging
 NADAC(Roon Server、要内部PCボード)


Mivera Audio
 Superstream Transport/Server(Roon Server)


MSB Technology
 The Reference DAC(Roon Ready、要LAN入力モジュール)


Musica Pristina
 A Cappella II(Roon Ready)


Mytec
 Manhattan II(Roon Ready、要拡張ネットワークボード)


Playback Designs
 Dream Transport MPT-8(オプションでJRMC/Roon Serverを搭載)


PS Audio
 DirectStream DAC(Roon Ready、要ネットワークブリッジ)
 DirectStream Junior(Roon Ready)


Roon Labs(Roon公式)
 Nucleus / Nucleus+(Roon Server)


Salk Sound
 StreamPlayer Generation III(Roon Server)


SFORZATO
 DST/DSPシリーズ(Roon Ready)
 実際にRoon Readyのシステムを組んでみる
 SFORZATOに行ってきました


Sonore
 Sonicorbiter SE(Roon Ready)
 microRendu(Roon Ready)


SOtM
 sMS-1000SQ Windows Edition(Roon Server)
 sMS-200(Roon Ready)


Sound Galleries
 SGM 2015(Roon Server)


TotalDAC
 d1 music server(Roon Server)



【Roon】関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

ネットワークオーディオプレーヤーにディスプレイは必要か

 私の持論としては「そんなもん要らん」。  どれだけ立派なディスプレイが付いていたところで、現実的

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

BUFFALOの超高級NAS(価格的な意味で)

バッファロー、70万円超のオーディオ用NAS「N1Z」などハイレゾ新ブランド「DELA」

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第93回『アニマトリックス』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは超変動型、30台後半にも乗る。 音声は

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. […] 言の葉の穴:Roon関連記事まとめ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

→もっと見る

PAGE TOP ↑