*

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

公開日: : 最終更新日:2017/02/06 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

 Roon 1.3!



Roon 1.3 Is Live! – Roon Labs

Roon 1.3のプレビュー

Roon、最新版「1.3」をリリース。アップサンプリングやEQなど大幅な機能追加 – Phile-web


 久々の大規模アップデート。

 追加された機能の一覧は公式フォーラム等を見てもらうとして、この記事では私が気になった機能に絞って紹介・検証する。画像は基本的にクリックして拡大を推奨。

 とにかく内容が盛りだくさんなので、まずはライブラリ機能編。




・フォルダ内の画像やPDFが閲覧可能に

 「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ」というネットワークオーディオの真のメリットの実現のため、ある意味最も期待していた機能。こんなのに期待するのは私くらいだろうが。

 アルバム画面に新たなアイコンと数字が表示されている。
 この場合は「画像が3枚ありますよ」ということ。


 Flook / Rubaiのフォルダにはアルバムアートとして「folder.jpg」と「back.jpg」を置いている。さらにタグのアルバムアートも別枠で扱うことで、画像が3枚ということになっているようだ。


 Roonでアルバムアートをぽちっとやると従来通り拡大表示されるのにくわえて、複数の画像がある旨が画面下部に示され、すべて選択して表示可能。ついでに拡大表示の状態からアルバムアートをぽちっとすると全画面で表示されるようになった。
 ちなみにメインで表示されるアルバムアートはファイルのタグ由来もしくはRoon自身のデータが使われる。




 そして待望の(?)機能である、PDFへの対応。


 喜び勇んでPDFのアイコンをタップし、開く。


 すると……!




 サファリが開いた。(iPadの場合)
 Roonの中で専用のビューアー的な何かが現れるのかと思っていたらこの通り。

 ちなみにWindowsだとAcrobat Readerが開く。確実と言えばそうなのだが、うーむ。




・ソーシャル機能

 個人的には別に……と思っていたが、想像以上に充実していたので紹介。

 まず、曲をシェアする場合。
 アルバム画面の曲のメニュー、あるいは再生画面のメニューから「Share」を選ぶ。


 するとこんな具合でシェアする情報を選択する画面になる。
 曲名、アーティスト、アルバムだけでなく、参加スタッフや歌詞(Roonのデータベースにあれば)まで含めることができる。ところで、最近の情勢を鑑みるに歌詞って大丈夫なのか……?



 で、TwitterかFacebookかを選んで投稿。
 シェアに際してRoonが作ってくれた画像を保存することもできる。


 続いて、アルバムをシェアする場合。
 基本的にやることはおんなじ。







・ダイナミックレンジ解析機能

 間違いなく目玉の一つであろう機能。
 ライブラリ上の音源のダイナミックレンジを自動解析して、EBU R128規格に基づいて数値化し、アルバム/曲ごとに表示するというもの。
 なお、解析の対象になるのは自前の音源のみ。

 詳しくはこの辺を参照。


Dynamic Range – Roon Knowledge Base


 さて、いかにもオーディオファイルらしい発想に基づき、同じアルバムをCDとハイレゾ音源で比べてみる。


 「View File Info…」から各曲のダイナミックレンジが確認できる。


 って、これは……



 …………




 まぁ、音源によって色んな事情があるのだろう。


 ちなみにRoonは総合メニューの「Tracks」から、ライブラリの全音源をダイナミックレンジでソートすることもできる。
 そして我が家で最強のダイナミックレンジを誇る音源は……

 !


 クラシックやサウンドトラックが上位を独占するという結果になった。

 上位三曲の波形はこんな感じ。




 ダイナミックレンジが大きいことと高音質であることは必ずしも直接結び付かないにしても、実際に聴いて「極大のダイナミックレンジだ!」と感激した二曲が含まれていてなんだか嬉しい。私の耳もそれなりにアテになるようだ。
 Reference Recordings強し!

大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 88.2kHz/24bit FLAC
大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 88.2kHz/24bit FLAC


 ダイナミックレンジ解析について一通り面白がった後でアレだが、正直なところユーザーの興味関心を満たす以上の使い道はあるのだろうかと思わなくもない。
 とりあえず、ラウドネスウォーが叫ばれる現代において、自分の聴いている曲のダイナミックレンジはどんなものなのかを把握できるという意味はあるか。




・「Composition」関連の機能強化

 これまた間違いなく目玉の一つであろう機能。
 「Composition」はいわゆる「楽曲」のことで、以前のバージョンでは「Works」と表記されていたもの。

 以前のアルバム画面。


 Roon 1.3のアルバム画面。
 曲の右側にアイコンと数字が表示されている。


 これは「同じ曲がライブラリ/TIDALの中にいくつあるか」を示す。
 あくまでも「同じ曲」という括りであり、別アルバム・別ミックス・ライブバージョン・他のアーティストのカバーといった様々なバリエーションが含まれるというのがミソ。

 一例として「Bold as Love」を選択する。
 「Composed by Jimi Hendrix」。

 ライブラリに含まれるBold as Loveは3曲。


 一方でTIDALでは9曲のBold as Loveが見つかった。


 John Mayer以外のアーティストによるカバーも幾つかある。
 ここで興味を持ってそのアーティストを聴くようになれば、とても素晴らしいことだ。
 やはりRoonはTIDALと連携してナンボ。

 なお、再生画面の曲名からもCompositionの画面に飛べるようになっている。



 総合メニューの「Composition」からは「Performance」(つまり曲のバリエーション)などでソートをかけることもできる。



 こんなのや、


 こんなのまで。



 「Composition」は従来の「Works」からデザインと使い勝手の両面で大幅に改善され、「音楽の海」はさらにその広さと深さを増すことになった。




 と、ここまで四つの機能について紹介してきた。
 まだまだ山のような更新・追加機能があるのだが、とりあえずライブラリ編はここで終わりにする。


 ユーザーからの要望を積極的に吸い上げることで、Roonは際限のない機能強化を行っているようにも見える。この路線は当面変わらないだろう。
 とはいえ、別にすべての機能を使う必要はなく、「機能が多すぎて使いこなせない!」と嘆く必要もない。

 自分にとって必要な機能だけを上手に使えばいいのである。どれだけ機能が増えたところで、Roonの本質は変わらない。


 再生機能編に続く。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

【BDレビュー】第255回『機動戦士ガンダム』

 待っていた人は多いはずだ。  「我々は3年待ったのだ」どころではない。BDの始動から7年半も待っ

記事を読む

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

オーディオ業界が本気でハイレゾを普及させるために必要なこと

 それなりに真面目に考えてみる。  商売云々を度外視した理想論であることは承知している。  あく

記事を読む

続・なぜ、オーディオなのか?

 前回の続き。  大枚を叩いて購入したHD595は、私にある確信をもたらした。  「再生機器

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Sonica DAC」を遊びつくす!

記事を読む

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 OTOTEN 2017 アイ・オ

記事を読む

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑