*

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint

 元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワークオーディオトランスポートであり、数少ないRoonReadyプレーヤーの一つだった。
 MPDとしても使えるとはいえ、基本はあくまで「プレーヤー」である。

 それがアップデートでサーバーの機能を得て、「ミュージックサーバー」としても使えるようになった。
 ちなみに単体Roon Serverも製品ジャンルとしては「ミュージックサーバー」となる。

exaSound News :: Firmware Update 8 and 9

 要するにUPnP/OpenHome用のサーバーソフトをビルトインして、本体に繋げたUSBストレージの音源をUPnP/OpenHomeのシステムで再生・配信できるようになった。「サーバー」と「プレーヤー」の機能を併せ持つのが「ミュージックサーバー」である。
 このサーバーソフトのナビゲーションツリーといった詳細まではわからないが、発想としてはAURALiC ARIESシリーズにビルトインされている「LightningServer」と共通する。ARIESの中のLightningServerは純粋にサーバーソフトとしても素晴らしい出来。


 加えて、ちょっと凄いのが、Roon Serverにもなるということ。Linuxベースの単体Roon ServerとしてはAntipodes DX Music Serverに続く。RoonReadyプレーヤーであると同時にRoon Serverであるという点でも同じ。PlayPointはストレージ内蔵しないけど。

 なお、Roon ServerはRoonの「Core」が動いているので、これ一台があれば、RoonReadyプレーヤーを別に用意する必要はない。ただUSB DACと繋ぐだけでいい。
 逆に、ある製品がRoon Serverになるのなら、「Output(RoonBridge)」も持っているのでRoonReadyプレーヤーとしても使用可能、ということになる。もちろん、その場合はまた別にCoreが動くRoon Serverが必要になるが。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 それにしても、Antipodes DX Music Serverといい、PlayPointといい、Roon Serverを名乗るからには、よほど強力なCPUを積んでいるのだろうか。あるいは、実際にはそれなりのCPUでも意外に何とかなったりするのだろうか? どこかで限界が来るにしても。
 いずれにせよ、ただ「Coreが動くでのRoon Serverです」というだけで、ガタガタな挙動のものを知らんぷりで提示するようなことはしてほしくない。

 もっとも、私の経験上、少なくともPlayPointについては大丈夫だと思うが。

 とりあえず国内投入は決まっているようなので、早く入ってこないかな。
 楽しみだ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)

 KinskyはLINN純正のコントロールアプリである。  それでいて、なぜかDSのコントロールア

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃Fun  やったぜ!

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

【BDレビュー】第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤

第101回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤 画質:7 音

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 サーバーソフトについて

「いやちょっと待て、そもそもサーバーソフトって何だ?」  となる人は以下の記事を参照のこと。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑