*

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint

 元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワークオーディオトランスポートであり、数少ないRoonReadyプレーヤーの一つだった。
 MPDとしても使えるとはいえ、基本はあくまで「プレーヤー」である。

 それがアップデートでサーバーの機能を得て、「ミュージックサーバー」としても使えるようになった。
 ちなみに単体Roon Serverも製品ジャンルとしては「ミュージックサーバー」となる。

exaSound News :: Firmware Update 8 and 9

 要するにUPnP/OpenHome用のサーバーソフトをビルトインして、本体に繋げたUSBストレージの音源をUPnP/OpenHomeのシステムで再生・配信できるようになった。「サーバー」と「プレーヤー」の機能を併せ持つのが「ミュージックサーバー」である。
 このサーバーソフトのナビゲーションツリーといった詳細まではわからないが、発想としてはAURALiC ARIESシリーズにビルトインされている「LightningServer」と共通する。ARIESの中のLightningServerは純粋にサーバーソフトとしても素晴らしい出来。


 加えて、ちょっと凄いのが、Roon Serverにもなるということ。Linuxベースの単体Roon ServerとしてはAntipodes DX Music Serverに続く。RoonReadyプレーヤーであると同時にRoon Serverであるという点でも同じ。PlayPointはストレージ内蔵しないけど。

 なお、Roon ServerはRoonの「Core」が動いているので、これ一台があれば、RoonReadyプレーヤーを別に用意する必要はない。ただUSB DACと繋ぐだけでいい。
 逆に、ある製品がRoon Serverになるのなら、「Output(RoonBridge)」も持っているのでRoonReadyプレーヤーとしても使用可能、ということになる。もちろん、その場合はまた別にCoreが動くRoon Serverが必要になるが。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 それにしても、Antipodes DX Music Serverといい、PlayPointといい、Roon Serverを名乗るからには、よほど強力なCPUを積んでいるのだろうか。あるいは、実際にはそれなりのCPUでも意外に何とかなったりするのだろうか? どこかで限界が来るにしても。
 いずれにせよ、ただ「Coreが動くでのRoon Serverです」というだけで、ガタガタな挙動のものを知らんぷりで提示するようなことはしてほしくない。

 もっとも、私の経験上、少なくともPlayPointについては大丈夫だと思うが。

 とりあえず国内投入は決まっているようなので、早く入ってこないかな。
 楽しみだ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

【祝】ChorusDS復活!!!

 王者の帰還。  相変わらずLINN DSでしか使

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Clones audio THE HOST music server

Clones Audio THE HOST  これまた非常に手頃なRoon Server。

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ③

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第203回『ナインスゲート』

画質:6 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

好きなことを一生懸命やる。 画質:15 音質:10 映像:AVC 音声:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑