*

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint

 元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワークオーディオトランスポートであり、数少ないRoonReadyプレーヤーの一つだった。
 MPDとしても使えるとはいえ、基本はあくまで「プレーヤー」である。

 それがアップデートでサーバーの機能を得て、「ミュージックサーバー」としても使えるようになった。
 ちなみに単体Roon Serverも製品ジャンルとしては「ミュージックサーバー」となる。

exaSound News :: Firmware Update 8 and 9

 要するにUPnP/OpenHome用のサーバーソフトをビルトインして、本体に繋げたUSBストレージの音源をUPnP/OpenHomeのシステムで再生・配信できるようになった。「サーバー」と「プレーヤー」の機能を併せ持つのが「ミュージックサーバー」である。
 このサーバーソフトのナビゲーションツリーといった詳細まではわからないが、発想としてはAURALiC ARIESシリーズにビルトインされている「LightningServer」と共通する。ARIESの中のLightningServerは純粋にサーバーソフトとしても素晴らしい出来。


 加えて、ちょっと凄いのが、Roon Serverにもなるということ。Linuxベースの単体Roon ServerとしてはAntipodes DX Music Serverに続く。RoonReadyプレーヤーであると同時にRoon Serverであるという点でも同じ。PlayPointはストレージ内蔵しないけど。

 なお、Roon ServerはRoonの「Core」が動いているので、これ一台があれば、RoonReadyプレーヤーを別に用意する必要はない。ただUSB DACと繋ぐだけでいい。
 逆に、ある製品がRoon Serverになるのなら、「Output(RoonBridge)」も持っているのでRoonReadyプレーヤーとしても使用可能、ということになる。もちろん、その場合はまた別にCoreが動くRoon Serverが必要になるが。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 それにしても、Antipodes DX Music Serverといい、PlayPointといい、Roon Serverを名乗るからには、よほど強力なCPUを積んでいるのだろうか。あるいは、実際にはそれなりのCPUでも意外に何とかなったりするのだろうか? どこかで限界が来るにしても。
 いずれにせよ、ただ「Coreが動くでのRoon Serverです」というだけで、ガタガタな挙動のものを知らんぷりで提示するようなことはしてほしくない。

 もっとも、私の経験上、少なくともPlayPointについては大丈夫だと思うが。

 とりあえず国内投入は決まっているようなので、早く入ってこないかな。
 楽しみだ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Close To The Edge

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Close To The Edge ・購入

記事を読む

【RoonReady】Musica Pristina A Cappella II

 Roonの1.2へのアップデートに伴い突如として現れた感。 Musica Pristin

記事を読む

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 音質編

外観・運用編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 外観・運用編

 Bricasti Design M1 Special Edition mk2。  以下M1。

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com  待

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVにおける日本語のタグの取り扱い 【ネットワークオーディオTips】

WAVでリッピングするとタグはどうなる? WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタ

記事を読む

JRiver Media Centerのライブラリビュー(ナビゲーションツリー)のカスタマイズ方法

 毎度おなじみJRiver Media CenterのPC画面。  再生ソフトとして何の変

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑