*

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint

 元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワークオーディオトランスポートであり、数少ないRoonReadyプレーヤーの一つだった。
 MPDとしても使えるとはいえ、基本はあくまで「プレーヤー」である。

 それがアップデートでサーバーの機能を得て、「ミュージックサーバー」としても使えるようになった。
 ちなみに単体Roon Serverも製品ジャンルとしては「ミュージックサーバー」となる。

exaSound News :: Firmware Update 8 and 9

 要するにUPnP/OpenHome用のサーバーソフトをビルトインして、本体に繋げたUSBストレージの音源をUPnP/OpenHomeのシステムで再生・配信できるようになった。「サーバー」と「プレーヤー」の機能を併せ持つのが「ミュージックサーバー」である。
 このサーバーソフトのナビゲーションツリーといった詳細まではわからないが、発想としてはAURALiC ARIESシリーズにビルトインされている「LightningServer」と共通する。ARIESの中のLightningServerは純粋にサーバーソフトとしても素晴らしい出来。


 加えて、ちょっと凄いのが、Roon Serverにもなるということ。Linuxベースの単体Roon ServerとしてはAntipodes DX Music Serverに続く。RoonReadyプレーヤーであると同時にRoon Serverであるという点でも同じ。PlayPointはストレージ内蔵しないけど。

 なお、Roon ServerはRoonの「Core」が動いているので、これ一台があれば、RoonReadyプレーヤーを別に用意する必要はない。ただUSB DACと繋ぐだけでいい。
 逆に、ある製品がRoon Serverになるのなら、「Output(RoonBridge)」も持っているのでRoonReadyプレーヤーとしても使用可能、ということになる。もちろん、その場合はまた別にCoreが動くRoon Serverが必要になるが。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 それにしても、Antipodes DX Music Serverといい、PlayPointといい、Roon Serverを名乗るからには、よほど強力なCPUを積んでいるのだろうか。あるいは、実際にはそれなりのCPUでも意外に何とかなったりするのだろうか? どこかで限界が来るにしても。
 いずれにせよ、ただ「Coreが動くでのRoon Serverです」というだけで、ガタガタな挙動のものを知らんぷりで提示するようなことはしてほしくない。

 もっとも、私の経験上、少なくともPlayPointについては大丈夫だと思うが。

 とりあえず国内投入は決まっているようなので、早く入ってこないかな。
 楽しみだ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第141回『グラン・トリノ』

浄化、カタルシス 画質:10 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUE

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので、さっそくその2。  決戦編

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Around in Circles

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Around in Circl

記事を読む

【KOKIA】 『Where to go my love?』 ハイレゾ音源配信中!

 96kHz/24bit!  ここでKOKIAのアルバムが売れれば、いずれ『Where t

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014-2015

※評価項目を整理し直したので2014/06/30公開の記事を再掲※ 始まるのがだいぶ遅くなってしま

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第119回『羊たちの沈黙』

すげー久々に見たFOXのクソ手抜きやっつけ仕事 たまげたなぁ 画質:5 音質:5

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑