*

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする

 内容が内容なので、ずっと書こうか書くまいか迷っていたのだが、いつかは誰かが書くだろうし、先んじて書いておくことにする。


 「ユーザーの音源そのものには一切手を加えない」というのが、当初からRoonの大原則だった。
20151003roonPC08


 Roonはインポートした音源に自身のデータベースから膨大な情報(メタデータ)を付加し、Roonの中で整然とライブラリを構築する。しかしRoonから離れた途端、音源にかかった魔法は解ける。はじめから破綻していたライブラリはその通りの姿を晒し、ユーザーが心を込めて構築したライブラリは歪められることなく手元に残る。

 管理の行き届いていないライブラリでも、Roonの中でならそれなりに美しく生まれ変わって音楽の海となる。そしてこの機能/サービスを提供するからこそ、Roonはユーザーを引き留められるという仕組みである。


 ところがどっこい。


 一カ月ほど前、あることに気付いた。


 以前とは多少デザインが変わっているものの、Roonのアーティストページとアルバムページのオプションメニューには「Export」という項目がある。
20160914roon01
20160914roon02


 で、この「Export」は「Export To Excel(XLS)」――音源に関する諸々の情報をエクセルファイルで出力するという何の意味があるのかよくわからない機能に繋がっていた。
20160914roon03


 しかしふと気付けば、いつの間にか(あるいは単に私が見落としていただけか?)「Export To Folder」という怪しげな項目が増えていた。アップデートの履歴を調べるのが面倒なので、厳密にいつからなのかは把握していないが……
20160914roon04
(※「Export To Folder」が機能するのはあくまで手持ちの音源のみ)


 何だこりゃと思って出力先をデスクトップにし、「Export」を押してみる。

 すると……


 !?
20160914roon05
20160914roon06
20160914roon07


 「久石譲」の「もののけ姫」は、Roonに突っ込むと、「Joe Hisaishi」の「Princess Mononoke」に変貌する素敵な音源である。



 慌てて元の音源フォルダを見てみると、元の音源に変化はない。
20160914roon08


 そして「Export」によって生じた音源の中身――タグを見てみると……


 !?
20160914roon09


 ちなみにこちらが元の音源。
20160914roon10


 なんてこったい、アルバムアートを含むRoon上のメタデータの一部をタグに上書きした音源が新たに出力されているではないか!


 契約の切れ目がデータの切れ目になっているはずのRoonで、こんなことが出来てしまっていいのだろうか。

 それ以前に、ユーザーの音源に手を加えるなんて恐ろしいことを……いや、ユーザー自身が余計な操作をしなければいいだけの話なので、「ユーザーの音源そのものには一切手を加えない」という大原則は一応守られていると言えるが……



 ん?

 待てよ……


20160914roon12

20160914roon13

 Roonの杖を一振り。


20160914roon14

20160914roon15

20160914roon16

20160914roon17

20160914roon18


 ……


 …


 なお、Roonはアーティストページからも「Export」が可能である。

 すると……


 ……


 …


 恐ろしいのでこれ以上は書かないでおく。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Natalie Merchant / Tigerlily

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Tigerlily

記事を読む

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【BDレビュー】第254回『GATCHAMAN CROWDS』

鴉-KARAS-繋がりで。 画質:7 音質:7 映像:AVC 音声:リニアP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第152回『ファイトクラブ』

画質:10 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

AKIRAのハイレゾ

「交響組曲 AKIRA」が脳を活性化する“ハイパーハイレゾ”で配信開始。DSD 11.2MHzなど

記事を読む

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi / Precious Mornin

記事を読む

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM ステレオ 24bit

記事を読む

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 特集『"シアター"でゲームをし

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑