*

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする

 内容が内容なので、ずっと書こうか書くまいか迷っていたのだが、いつかは誰かが書くだろうし、先んじて書いておくことにする。


 「ユーザーの音源そのものには一切手を加えない」というのが、当初からRoonの大原則だった。
20151003roonPC08


 Roonはインポートした音源に自身のデータベースから膨大な情報(メタデータ)を付加し、Roonの中で整然とライブラリを構築する。しかしRoonから離れた途端、音源にかかった魔法は解ける。はじめから破綻していたライブラリはその通りの姿を晒し、ユーザーが心を込めて構築したライブラリは歪められることなく手元に残る。

 管理の行き届いていないライブラリでも、Roonの中でならそれなりに美しく生まれ変わって音楽の海となる。そしてこの機能/サービスを提供するからこそ、Roonはユーザーを引き留められるという仕組みである。


 ところがどっこい。


 一カ月ほど前、あることに気付いた。


 以前とは多少デザインが変わっているものの、Roonのアーティストページとアルバムページのオプションメニューには「Export」という項目がある。
20160914roon01
20160914roon02


 で、この「Export」は「Export To Excel(XLS)」――音源に関する諸々の情報をエクセルファイルで出力するという何の意味があるのかよくわからない機能に繋がっていた。
20160914roon03


 しかしふと気付けば、いつの間にか(あるいは単に私が見落としていただけか?)「Export To Folder」という怪しげな項目が増えていた。アップデートの履歴を調べるのが面倒なので、厳密にいつからなのかは把握していないが……
20160914roon04
(※「Export To Folder」が機能するのはあくまで手持ちの音源のみ)


 何だこりゃと思って出力先をデスクトップにし、「Export」を押してみる。

 すると……


 !?
20160914roon05
20160914roon06
20160914roon07


 「久石譲」の「もののけ姫」は、Roonに突っ込むと、「Joe Hisaishi」の「Princess Mononoke」に変貌する素敵な音源である。



 慌てて元の音源フォルダを見てみると、元の音源に変化はない。
20160914roon08


 そして「Export」によって生じた音源の中身――タグを見てみると……


 !?
20160914roon09


 ちなみにこちらが元の音源。
20160914roon10


 なんてこったい、アルバムアートを含むRoon上のメタデータの一部をタグに上書きした音源が新たに出力されているではないか!


 契約の切れ目がデータの切れ目になっているはずのRoonで、こんなことが出来てしまっていいのだろうか。

 それ以前に、ユーザーの音源に手を加えるなんて恐ろしいことを……いや、ユーザー自身が余計な操作をしなければいいだけの話なので、「ユーザーの音源そのものには一切手を加えない」という大原則は一応守られていると言えるが……



 ん?

 待てよ……


20160914roon12

20160914roon13

 Roonの杖を一振り。


20160914roon14

20160914roon15

20160914roon16

20160914roon17

20160914roon18


 ……


 …


 なお、Roonはアーティストページからも「Export」が可能である。

 すると……


 ……


 …


 恐ろしいのでこれ以上は書かないでおく。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

Xbox One SはUHD BD普及の起爆剤となるか?

Xbox Oneの小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定! - Game Spark

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第223回『超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~』

画質:1 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑