*

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

公開日: : 最終更新日:2017/01/20 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

『ネットワークオーディオ』とは何か

ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

PCオーディオはもっと自由になれる



 ネットワークオーディオの本質は『コントロール』である。

 ネットワークオーディオとは、音源の管理からライブラリの構築までトータルに内包する「音楽再生におけるコントロールの方法論」である。
 音源なくしてネットワークオーディオは成立しない。

 ネットワークオーディオをネットワークオーディオたらしめるものは「ネットワークを活用したコントロールのスタイル」である。

 よって、ネットワークオーディオの実践は「再生機器に何を使うか」に依存しない
 もちろん、使用するソフトやプロトコルといったものにも制限されない。

 「PC・再生ソフト・DACとコントロールアプリの組み合わせ」でもネットワークオーディオは実践可能で、逆に「単体ネットワークオーディオプレーヤーを再生機器に使うこと」は必ずしもネットワークオーディオの実践を意味しない。

 ネットワークオーディオの本懐は「快適な音楽再生」(※)である。
 個々の技術はあくまで技術であって、真に大切なのは結果として実現されるユーザー・エクスペリエンスと、そのクオリティに他ならない。

 そして、ネットワークオーディオがもたらす究極的なメリットとは、「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ」である。



(※)ネットワークオーディオが提供するのは、あくまで「音楽を再生する・聴く」という行為そのものにおける快適さである。実際に音楽を聴く環境が快適が否か、また再生品質がオーディオ的に上質か否かは別問題。この辺りを混同してはいけない。
 仮にある製品で、LANケーブルで音声データを受け取って再生することが相対的に高音質だったとしても、それは単に個々の製品における結果に過ぎない。



 さて、ここでRoonが登場する。



 一昔、いや、二昔前ならいざ知らず、PCの介在や、音源のデータを伝送するのがUSBケーブルかLANケーブルか、という部分にのみ着目してネットワークオーディオか否かを論ずることはもはや無意味だ。
 未だ色濃いその幻想を、RoonとRoon Readyが晴らしつつある。

 Roonは出力先がUSB DACでも、Roon Readyの単体ネットワークオーディオプレーヤーでも、音楽を聴く際のユーザビリティは完全に同一である。内部の動作は違うにせよ、少なくともユーザーがそれを意識する必要はまったくない。
 

 PCにRoonをインストールして、PCのRoonからUSB DACを使って再生する。ちなみにコントロールはタブレットから行っている。
 これは……PCオーディオ?

 PCにRoonをインストールして、PCのRoonからRoon Readyプレーヤーにデータを送って再生する。ちなみにコントロールはタブレットから行っている。
 これは……どっちだ???

 Roon Serverから、Roon Readyプレーヤーにデータを送って再生する。ちなみにコントロールはタブレットから行っている。
 これは……ネットワークオーディオ?????

 Roon内蔵プレーヤーで再生する。ちなみにコントロールはタブレットから行っている。
 これは……???????

 Roon Serverから、USB出力を搭載したRoon Readyプレーヤーにデータを送り、USB DACに繋いで再生する。ちなみにコントロールはタブレットから行っている。
 これは……???????????????

 
 旧い幻想に囚われたままでは、Roonの真価を理解することはできない。

 やっていることは全部同じ。ただ使っている機器が違うだけ。
 これらはすべて、私が言うところの『ネットワークオーディオ』に他ならない。
 私が言い続けてきた「ネットワークオーディオとは音楽再生におけるコントロールの方法論である」という理念を、Roonはこれ以上ないレベルで体現している。

 Roonは極めて強力なライブラリ機能を持つ「総合音楽鑑賞ソフト」である。
 そして極めて強力なライブラリ機能を持っているからこそ、Roonは極めて強力な「ネットワークオーディオのプラットフォーム」にもなり得る。
 「音楽の海」がもたらす未曽有の音楽体験と、USBとLANの垣根を越えた同一のユーザビリティ。さらに、この二つの融合。
 「総合音楽鑑賞ソフト」としてだけでなく、「ネットワークオーディオのプラットフォーム」としても、Roonは新たな地平をユーザーに示しているのである。


 使う側が真剣に考えているかどうかは別として、「PCオーディオ」「USBオーディオ」「ネットワークオーディオ」といった言葉はこれからも使われ続けるだろう。別にそれ自体は問題ではない。これらの単語は既にオーディオ業界の中で慣習・伝統になっているうえ、製品ジャンルや接続スタイルを言い表すのに都合がいいことも確かだからだ。さすがに「ネットワークベースのPCオーディオ」なんて単語はどうかと思うが。


 ただ、せめて当ブログの読者の皆様には、乱立する言葉に惑わされることなく、深層に厳然と横たわる本質を捉えてほしいと、そう願うのみである。



ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

リファレンスBD10選・画質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

今週末は(秋のヘッドホン祭2017の中の)デジ研に行こう!

AUDIOSTATION 第17回試聴会(合同試聴会) 第四回「デジ研」(デジタル研究会)開催 -

記事を読む

【音源管理の精髄】 MediaMonkeyでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、MediaMonkeyを取扱う記事はそれなりに多い。  しかし、Medi

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。 ホームシアターでゲームをしよ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑